page_top

入学後の現実~大学生活と人間関係~「Q 大学で新たな友人を見つけられたきっかけは?」

  • [合格⇒大学入学後の過ごし方は?]先輩たちに質問!

大学受験もいよいよ最終段階。長くて辛かった受験生生活の先には憧れのキャンパスライフが待っている。ここでは先輩合格者たちに受験終了から入学後の暮らしが実際どうだったのか質問してみた。合格へ最後の一歩を踏み出す前に、新たに始まる大学生活をひと足早く垣間見てみよう。

Q 入学後に暮らし
どう変わったか?

●行動範囲が広がりました。時間に余裕もできたので学校帰りに美術館や博物館を訪れるなどしています。(お茶の水女子大・女)
●勉強時間、特に図書館で勉強する時間が増えた。(北海道大・男)
●毎日が楽しいです。自分で自由に時間を使えるので、セルフマネジメント能力がついたと思います。(関西学院大・女)
●サークル活動、アルバイト、ボランティア、遊び、勉強…したいことが多く、毎日いろいろな予定を入れていたら睡眠時間が短くなることがよくある。(大阪大・女)
●大学は夜遅くまで開いているのでサークルや勉強などで家に帰る時間がすごく遅くなりました。(横浜国立大・男)
●劇的に変わった。一人暮らしで体調や食生活が自己管理となり、いい意味で自由なので多くの出会いや機会を大切にしている。(東京学芸大・男)
●一人暮らしで自由になる反面、朝は起こしてくれる人がおらず、家事も自分でやらなければならないので自律が重要。(北海道大・男)

●大学生活でお金の余裕はある?


Q 一人暮らしで
注意すべきことは?

●防犯対策はしっかりと。不審な人が訪ねて来ても自分で対応しなければならない。(関西学院大・女)
●あまり頻繁に友人を部屋に呼ばないことです。常態化すると自分の部屋が溜まり場となり、勉強に支障が出ます。(大阪府立大・女)
●うっかりミスに注意。エアコンを点けたまま外出しても誰も停めてくれない…。(富山大・男)
●健康面だと思います。栄養の偏りがちな食事や夜型の生活、運動不足などに気をつけなければなりません。(京都大・男)


Q 大学で新たな友人
見つけられたきっかけは?

●ガイダンスや行事などで周囲の人と積極的にコミュニケーションをとる。(北海道大・男)
●入学式前の懇談会に参加し、同じ学部で同じ寮の子と知り合え仲良くなれた。(山形大・女)
●SNSで同じ大学に進学する人を見つけ、入学前から交流を深めていた。(奈良女子大・女)
●Twitterで同じ県の出身者を見つけ、一緒に帰ることで仲良くなりました。(大阪市立大・男)
●サークルやクラスの親睦会、バイト先や一般教養のクラス、留学生交流パーティなど。(大阪大・女)

●入学後すぐ新しい友人ができた?


Q 大学内で良好な
人間関係を保つ法

●助けられた時にはきちんと感謝し、助けた時にはお互い様という姿勢を見せる。(東京工業大・男)
●道理に外れたことをしない。礼儀正しくふるまう。(熊本大・男)
●大学には全国或いは世界中から様々な背景を持つ人が集まります。不用意な発言が人を傷つけかねないことは気に留めておくべきかもしれません。(一橋大・男)
●高校までとは違いクラスは形式的なもので結びつきが弱い。授業を一緒に受ける友人を大切にした方が良いと思う。(名古屋大・女)
●べたべたし過ぎず、都合が悪い時ははっきり断る。(岩手大・女)
●友だちと過ごす時間、一人の時間、勉強する時間などメリハリある付き合い方をする。(信州大・男)
●大学は一人ぼっちにも優しい環境です。一人でいる学生は多く、それで誰かに何かを言われることはまずありません。(早稲田大・女)
●Twitterにはハマリ過ぎないようにしましょう。私は半年間で同じ学科の1年生3人にブロックされました。(都留文科大・女)


Q 入学後に
彼氏彼女をつくるには?

●部活で出会いました。部活やサークル活動で出会うことが多いと思います。(大阪府立大・女)
●入学後すぐにはできないしまずは友だちづくりから。(東北大・男)
●新入生はモテるので新歓などの集まりに参加して知り合いを増やすといいかも。(京都府立大・女)
●私が知りたいです(笑)。教えてください!(早稲田大・女)

●いま、恋人はいる?

Q 新入生のみなさんへ
先輩からのメッセージ

●大学合格は通過点に過ぎません。合格の喜びを噛みしめつつ、新しい生活への準備をしましょう。地元でやり残したことがないように!(北海道大・男)
●新しいことばかりで不安になったり、他人を見て羨ましくなったり、心落ち着かない日々が始まります。少しずつあなたの世界を作り上げて、素敵な大人になる準備をしてください。(東北大・女)
●大学に入れば高校までとはまったく違う生活が待っています。楽しいことも辛いこともたくさんありますが、今までにない経験を多く得ることができます。頑張ってください。(一橋大・男)
●大学生活は自由が与えられています。その自由を生かすか生かさないかは自分次第です。大学生活を華やかにしたいなら行動をしましょう。行動しないで後悔するよりも行動して後悔する。そんな4年間にしてください。(明治大・男)
●大学は今まで経験することができなかった学問やものの見方、経験をすることができる場所。体調に気を付けながら、努力を積み重ねてください。(信州大・男)
●大学生活は今までないくらい自由な時間が増え、好きなことに没頭できます。後悔のないようにはじめから計画をして積極的に行動してください。(京都大・女)
●人との繫がりや学習、触れられる世界の広さ、恋愛、使える時間など、様々なものの幅が高校生の時と桁違いに広くなります。楽しんでください!(熊本大・男)

この記事は「螢雪時代(2017年3月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[合格⇒大学入学後の過ごし方は?]先輩たちに質問! 記事一覧

大学トレンド 記事一覧