page_top

「就職」の悩みを解決!

  • 《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度

大学入学当初は、学び方や生活スタイルの大きな変化に戸惑うことも多いだろう。内容が理解できず授業についていけなくなったり、人間関係で悩みを抱えてしまったり…。そこでここでは、大学の新入生によくある悩みを挙げ、その解決をサポートしてくれる大学の制度を紹介したい。

学生が希望する仕事に就けるようにと、さまざまな就職サポートプログラムが用意されている。これらを利用して、社会で求められる力を身につけよう。

インターンシップ単位認定制度

ビジネスの現場を経験するために!

 仕事の現場を知る機会として注目されているインターンシップ。学生が企業に職場体験をさせてもらうというもの。インターンシップには、大学が学生と企業を仲介するものと、学生が自ら企業に依頼をするものとがある。いずれかの方法でインターンシップを経験した学生に対し、実社会で得られた経験や見聞を評価して単位を認定してくれる制度がある。社会での経験をその後の大学生活に活かしてほしいという大学の期待の表れでもある。


●インターンシップ単位認定制度実施状況

  全学で実施 一部学部で実施 実施なし
国立大学 46.9% 39.5% 13.6%
公立大学 33.7% 20.9% 45.3%
私立大学 50.7% 24.9% 24.4%

※旺文社刊行『大学の真の実力』の調査に対する国立大学81校、公立大学86校、私立大学550校の有効回答を基に算出。



就職活動のサポート

希望の仕事に就くために!

 大学院進学をしない大学生の多くは3年次から就職活動を始める。就職活動では、自己分析を行って自身の適性を考えたり、企業や各業界を調べたり、エントリーシートなど書類をまとめたり…。学生は企業の採用試験にむけて、さまざまな準備を行う。そうした学生をサポートするため「就職課」「キャリアセンター」といった部署が中心となり、就職活動のサポートプログラムを提供してくれている。その一例と実施状況は以下のとおりだ。


●主な就職活動サポートの実施割合

面接指導(模擬面接等) 10.8%
履歴書、エントリーシートの添削指導 10.8%
インターンシップの仲介・支援 9.4%
社会人による講演や懇談会 8.7%
カウンセリング 8.7%
正課でのキャリア関連教育 8.6%
公務員試験、教員採用試験の指導 8.6%
業界研究とその報告(セミナー) 8.6%
集団討論、プレゼンテーションの指導 8.2%
卒業生による学生との面談 6.8%
メイク講座 6.4%
その他 4.3%
※旺文社刊行『大学の真の実力』の調査に対する国立大学72校、公立大学68校、私立大学439校の有効回答を基に算出。

この記事は「螢雪時代(2017年3月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度 記事一覧

大学トレンド 記事一覧