page_top

「勉強」の悩みを解決!

  • 《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度
  • [2017/3/8]

大学入学当初は、学び方や生活スタイルの大きな変化に戸惑うことも多いだろう。内容が理解できず授業についていけなくなったり、人間関係で悩みを抱えてしまったり…。そこでここでは、大学の新入生によくある悩みを挙げ、その解決をサポートしてくれる大学の制度を紹介したい。

内容が専門的で、提出課題も多い大学での学び。学生が勉学でつまずくことにないように、勉強面でのサポート制度を設ける大学もある。その主なもの3つを紹介しよう。

語学講習(正課外)

会話がうまくできない時に!

 大学では語学が必修科目としてあり、「使うこと」が重視される。ライティングのほか会話の機会が増える。当初は話すこと自体に抵抗を感じる人もいるし、うまく話せないことに落ち込む人もいる。また、語学は得意で、留学を希望して語学力をもっと磨きたいという人もいる。そうした学生をサポートするために、正課外で(カリキュラムとは別に)語学講習を設けている大学がある。
 こうした講習を活用して、語学で単位を落とさないように、しっかり語学力を向上させよう。


●語学講習(正課外)実施状況

  全学で実施 一部学部で実施 実施なし
国立大学 26.3% 23.8% 50.0%
公立大学 9.3% 9.3% 81.4%
私立大学 23.7% 11.0% 65.3%

※旺文社刊行『大学の真の実力』の調査に対する国立大学80校、公立大学86校、私立大学545校の有効回答を基に算出。



授業の補習(正課外)

授業内容を理解できない時に!

 大学の授業には、受講者の「到達目標」が設定されている。その授業を通じて学生が得られる能力や知識、理解などが予め目標として設定されているのだ。課題やテストなどで、その到達度がはかられるわけだが、そこに至らない学生は単位を取得できない。そうした学生をそのままにしないために、授業内容を理解する土台となる部分についての補習を行う大学もある。補習は単位が出ない正課外で実施されるが、正課の授業の理解のために活用してもらいたい。


●授業の補習(正課外)実施状況

  全学で実施 一部学部で実施 実施なし
国立大学 15.0% 37.5% 47.5%
公立大学 4.7% 22.1% 73.3%
私立大学 26.3% 25.4% 48.3%
※旺文社刊行『大学の真の実力』の調査に対する国立大学80校、公立大学86校、私立大学544校の有効回答を基に算出。

オフィス・アワー

先生に質問したい時に!

 授業内容の不明点、課題、専門分野などについての質問や相談があれば先生の研究室を訪ねよう。しかし、そうはいっても、大学の先生に質問に行くのは、なかなかハードルが高く感じられる。そこで、教員が学生からの質問や相談に対応するためだけに時間をあけておく制度がある。これをオフィス・アワーと呼び、たとえば「毎週火曜日の13:00~13:30」というように学生に公表される。やる気のある学生には、先生も親身に対応してくれるはずだ。

●オフィス・アワー実施状況

  全学で実施 一部学部で実施 実施なし
国立大学 75.0% 22.5% 2.5%
公立大学 65.1% 11.6% 23.3%
私立大学 89.8% 4.2% 6.0%

※旺文社刊行『大学の真の実力』の調査に対する国立大学80校、公立大学86校、私立大学549校の有効回答を基に算出。



この記事は「螢雪時代(2017年3月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中