page_top

大学入学後によくある悩み

  • 《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度

大学入学当初は、学び方や生活スタイルの大きな変化に戸惑うことも多いだろう。内容が理解できず授業についていけなくなったり、人間関係で悩みを抱えてしまったり…。そこでここでは、大学の新入生によくある悩みを挙げ、その解決をサポートしてくれる大学の制度を紹介したい。

一人で解決できない悩みは先輩・教職員に相談しよう

 大学では“自律”が求められる。勉強の面でも、生活の面でも。
 今までは高校の先生が寄り添ってイチから教えてくれたが、大学ではそうはいかない。学生自らが学ぶ意義を見出し、課題を発見し、それを主体的に探究していく姿勢が求められる。大学では答えがない問いがほとんどだ。課題も多い。そうした学ぶ環境の大きな変化に、最初は戸惑うかもしれない。独自の意見や考えをまとめられず落ち込むこともあるだろう。
 また一方、生活の面では、新しい人間関係によって心配事を抱えることもあるかもしれない。実家を離れることになれば、心細さを感じることもあるだろう。
 “自律”が求められる大学生活の中で、ひとり悩んでしまうこともある。しかし、覚えておいてほしいのは、大学には学生を助けてくれる制度がある、ということ。勉強や生活のこと、また将来の就職のことも、親身に学生をサポートしてくれる制度がある。大学入学後、よりよい大学生活をおくれるように、こうした制度の内容を知っておいてほしい。
 それではここで、大学で抱える主な悩みと、それに対応する主な学生サポート制度について見ていきたい。



大学での主な悩み

 大学で直面する問題には大きく3つ「勉強のこと」「大学生活のこと」「就職のこと」がある。それぞれの場面で学生をサポートしてくれる制度について見ていこう。

勉強の悩み

・授業の内容が難しくて、ついていけない…
・語学の授業で外国語をうまく話せない…
・課題のまとめ方がわからない…


大学生活の悩み

・友だちができるかな…
・先輩とうまく付き合えるだろうか…
・知人とのトラブルで精神的に辛い…


将来の悩み

・自分に合った仕事ってなんだろう?
・就職活動、うまくできるかな?


この記事は「螢雪時代(2017年3月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《備えよう!大学生活》大学で困ったときの強い味方!学生サポート制度 記事一覧

大学トレンド 記事一覧