page_top

志望理由書・ エントリーシートの書き方

推薦・AO入試を受けるにあたってまず必要になるのが志望理由書やエントリーシート。単に必要事項を書けばいいのではなく、なぜこの大学で学びたいのか、自分はどのような人間か、じっくり考えて書くことが大事だ。

 推薦・AO入試では、志望理由書やエントリーシートの提出が求められる。いずれも志望動機を軸に、自分の熱意やその大学への適性などをアピールする書類だ。
 志望理由書はワンテーマ(志望理由)について記述するのに対し、エントリーシートは設問がいくつか設定されていることが多い。エントリーシートは、出願前に「エントリー」という、いわば事前申し込みを行う私立大のAO入試が中心だ。
 志望理由書は募集要項、エントリーシートは入試ガイド(いずれも推薦・AO入試のもの)などに挟み込まれている。HPからダウンロードできる大学もある。なるべく早めに入手しよう。
 また、いずれも面接の際に面接者の資料となり、志望動機を中心に質問がなされる“超”重要書類だ。必ずコピーをしておいて、ここからより深い質問をされても答えられるようにしておこう。
 ここでは志望理由書の書き方を中心に見ていこう。個々のポイントはエントリーシートを書く上でも参考になるはずだ。

まずは自分と志望校をよく知る

 志望理由書を書くにあたって、その大学についてよく調べることは重要。それと同時に、自己分析をしっかりしよう。学校側は「今まで何をしてきたか」「大学で何をやりたいか」「卒業後どんな人物になりたいか」を知りたがっている。最初は過剰書きからでいい。その一つ一つに自問自答を繰り返しながら、深く掘り下げていき、どうアピールするか構成と内容を考えていこう。


「具体的に」が大原則

 書く内容よりも先に注意したいのが、文章の書き方に関する2点。そのうちの1つ目が「具体的に書くこと」だ。それを意識しながら内容を考えていこう。
 将来の目標や、その大学で勉強したいことなど、あらゆる点で抽象的にならないように注意。たとえば志望理由が「~の分野に興味があるからです」だけでは説得力がない。なぜ興味を持ったのか、さらに今後、どのような勉強をしていきたいのかなど、掘り下げて書くことによって文章に深みが出てくる。自分の経験したことを入れ込んでいくのも大切だ。
 志望理由書はスラスラ書けるものではない。それはこの自問自答を繰り返す作業が必要になるからだ。


POINT

・書こうと思っている内容に対して、「なぜ?」「そのためにはどうしたらいい?」など、さらに自分自身で質問を投げかけて考える。
・自分の経験を交える。
・大学で学びたいことについて書く場合は、志望校の特長と関連づける。


わかりやすい文章を心がける

 文章の書き方でもう1点注意したいのが「わかりやすい文章」だ。
 ありがちなのが、話を広げすぎて結局何をアピールしたいのかわからない文章。そうならないためのコツは、「ワンテーマ」を意識することだ。
 まず、志望理由書全体の大テーマは1つ。これはもちろん「志望理由」だ。各段落はこれをアピールするために展開する。話がそれないように注意しよう。また、各段落の小テーマも1つ。たとえば次項の「POINT」に示したように、「将来の目標→きっかけ→高校時代の経験→大学で学びたいこと→…」など、各段落で伝えたい内容を1つ決め、自然な流れになるように書いていこう。


POINT

・まずは文章全体の流れを考える。
・話の流れを決めたら、ムダなことは書かない。指定された文字数が多くても、あれこれ盛り込んで埋めるのではなく、1つのことを深く、具体的に書いて埋めるようにする。
・1つひとつの文章は短く、内容をコンパクトにまとめる。
・「1つ目は~、2つ目は~」など、項目を整理して書くのもわかりやすい。
・慣れない難しい言葉を並べるよりも、自分の思いを素直に。


「過去・現在・将来」を整理して書く

 「将来」とは、就きたい職業や、学んだことを生かしてどういう人材になりたいか。「現在」とは、今、興味を持っていることや、大学で勉強したいこと。「過去」とは、そのきっかけになった経験などだ。志望理由はこの3つに整理して考えよう。この組み立て方は「実践力トレーニング[その3]面接編」でも解説しているので参照してほしい。


POINT

・最初に将来の目標を掲げるとわかりやすい。
・その後で過去にさかのぼり、「そう思ったきっかけ→そのために高校時代にしたこと→さらに大学で学びたいこと」のように将来へ向かって展開するとスムーズ。


もっと大学を知る

 志望校選びの段階で、ある程度大学パンフやHPは見ているはず。しかし、ここではより深く大学を知ることが必要だ。学びの内容やカリキュラム、先生の研究内容、施設・設備、留学制度、取得可能な資格などについて調べよう。また、よほどの遠方でない限り、オープンキャンパスには当然参加すべきものと思った方がよい。
 志望校のアドミッションポリシー(求める人材)もよく読んでおくこと。大学パンフやHP、募集要項などに記載されている。
 志望理由書やエントリーシートは大学へのラブコール。“相手”のことをよく調べ、「アナタだけなんです!」という想いを熱く語ろう。


POINT

・大学パンフやHPをしっかり見る。
・オープンキャンパスに参加する。
・アドミッションポリシーを熟読する。
・ほかの大学も調べて、志望校の特徴を探る。


自分と大学のマッチングをアピール

 現在の自分と、将来の目標。この2つをつなぐのが大学での学びだ。このプロセスを具体的に書こう。将来の目標を実現するために、どんな勉強が必要で、なぜその大学でなければならないのか。
 ここで織り込むのが前項で紹介した志望校の特徴だ。将来の目標に向けた明確なビジョンを持っていることをアピールしよう。志望理由書やエントリーシートで一番大事なのがここだ。


POINT

・「大学でやりたいこと」×「その大学の特徴」=志望理由
・面接時に「ウチの大学じゃなくてもいいよね」と言われないように。


先生に見てもらおう

 志望理由書が書けたら先生に添削してもらおう。自分でよく書けたと思っていても、他人が読むと説明が足りない部分や、逆にムダな部分、文章としておかしな箇所がたくさん出てくる。しっかり考えて書いたはずの志望理由がまだまだ不完全で、また自問自答を繰り返さなければならないことになるだろう。
 ただし「添削→書き直し」を何度か行うことによって、志望理由はさらに深められる。ここで考え抜いたことは面接の時にも生きてくるはずだ。


POINT

・書けたら一晩原稿を寝かせて、自分で再度読む。こうすることにより、回りくどい表現や、ムダな文章が見えてくる。
・オープンキャンパスで書き方のポイントを指導してくれる大学もある。そのほか進学相談会などで個別に相談してみてもいいだろう。

志望理由書はシンプルなつくりのものが多い。


エントリーシートの設問例

エントリーシートは、設問がいくつか設定されているものが多い。内容を分類しながらその例を紹介しよう。

【志望理由】
・本学科の志望理由を記入してください。
・志望理由を本学科の特色と関連づけて記述してください。

【大学理解】
・本学の魅力を説明してください。
・本学の教育について、どのように理解したうえで志望しましたか。
・本学のアドミッションポリシーとどのような点で合っていると思いますか。

【高校生活】
・高校生活で特に打ち込んだことは何ですか。
・そのことを通じて、自分がどのように変わったと思いますか。
・そのことを通じて得たものは何ですか。
・そこで得たものを今後どのように活かすつもりですか。
・これまでに取得した資格や検定について、理由とともに記入してください。

【入学後】
・入学後に取り組んでみたいことを述べてください。
・大学4年間で特にやってみたいことについて、その目的と計画を記述してください。

【将来】
・将来の目標とその理由を述べてください。
・将来の目標へ向けた計画書を作成してください。

【自己分析・PR】
・自分自身のアピールポイントを記入してください。
・自分の長所と短所を述べてください。
・今後、どのように自分の長所を伸ばし、短所を克服するつもりでいますか。
・趣味や特技を記入してください。
・なぜ大学進学という道を選んだのですか。

【AO入試受験】
・AO入試を希望する理由を記入してください。
・大学に入学するまで、どのように過ごしますか。
・特に学力面に関する合格後の行動計画を具体的に記述してください。

『志望理由書』自己分析チェックシート

次の質問に沿って回答すれば、志望理由書の基本的な骨組みができる!

Question 1:将来就きたい職業、興味のある学問分野は?

アドバイス:まずはこれを明確に打ち出すことが重要。まわりくどく書かずに、コンパクトに行こう。


Question 2:その職業に就いて、その分野を学んで、どんなことがしたい?

アドバイス:Q.1を掘り下げた内容だ。たとえば看護師になりたいのなら、どんな看護師で、社会に対してどう貢献したいのかを具体的に書こう。


Question 3:そう思った理由、きっかけは?

アドバイス:さらに掘り下げて考えよう。きっかけは自分自身の経験を具体的に。そのときにどんなことを感じてQ.1やQ.2を志すようになったのだろう。


Question 4:Q.1やQ.2に関連して、高校時代にどんなことをした?

アドバイス:部活動や資格などがあればわかりやすい。それ以外でも、その分野の本を何冊読んだとか、自分自身をよく振り返って積極的にアピールしよう。


Question 5:Q.2を実現するために、大学でどんなことを勉強したい?

アドバイス:普段からある程度、専門的な知識をたくわえ、将来について考えておくことが必要だ。ここを具体的に書いて、将来の目標に対する真剣さと熱意を伝えよう。付け焼刃で覚えたことを書くと、面接でボロが出るので注意。


Question 6:Q.2を実現するには、この大学が一番いいの?

アドバイス:最後はその大学の“超”具体的な特徴を挙げながら、Q.5と「その大学でなければならない理由」を明確に関連づけてまとめよう。



私は以上の理由から、貴学を志望します。


今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中