page_top

【慶應義塾大学・合格体験記】模試の問題と解答は必ず保管。難問や重要と感じたものはファイルで整理を!

  • 【医学部合格体験記】志望校選定の理由と『苦手科目の征服法』

慶應義塾大学・医学部に合格・入学した先輩(K・Iさん)の志望校選定の理由と『苦手科目の征服法』


慶應義塾大学 医学部  [入試種別:一般入試]
K・Iさん
女子 (出身高校:神奈川県立横須賀高校 /2015年卒)

他に受験した大学:名古屋大学 農学部 応用生命科学科、早稲田大学 先進理工学部 生命医科学科、東京理科大学 理工学部 応用生物科学科
第一志望:慶應義塾大学
第一志望を選んだ理由:併願で慶応義塾大を受けたかったが、私は生物選択だったので理工学部は受けられず、ダメ元で医学部の出願を決めた。
センター試験の得点(自己採点結果):864点/950点満点
得意科目:英語、化学
苦手科目:数学


【学習内容・学習ポイント】

●受験勉強の本格的スタートは…?
 高3の春。

●その時期、周りのクラスメイトと比べてどうでしたか?
 部活の引退が6月だったので、まだ部活のことに頭がいきがちで、あまり勉強に集中できていなかった。周りの同級生も似たような感じだったと思う。
 受験用の問題集に取り組んだりしていたが、まだ基礎ができていないので、解くのに時間がかかってしまったりして、効率はよくなかった。
 スムーズに「受験態勢」に移行できたとはいえなかったと思う。

●入試の受験科目の中で、苦手科目は?
 数学。

●その「苦手」の克服法は?
 数学は、すべての範囲をカバーするのは無理だと思ったので、志望校の入試傾向を見て、頻出分野を中心にして取り組んだ。
 典型問題が載っている問題集を何周もして、解き方が完全に頭に入るまで勉強した。
 「数III」は計算が重要なので、計算問題をたくさん解いて、ミスをなくすようにした。

●予備校・塾は利用しましたか?
 利用していない。

●利用しなかった理由は?
 行くだけ時間とお金のムダだと思った。
 自分一人でできるなら、それが一番だと思う。

●「模擬試験」の活用法で後輩・受験生にオススメしたいことは?
 解けなかった問題は、すぐに解き直すこと。
 問題と解答は捨てずに保管しておき、時間をおいて再度やること。
 特に難しいと感じたものや、重要なものはファイルに入れてまとめておく。

●受験期の4月~7月(夏休み前まで)は、どんな勉強をしましたか?
 [4月]~[7月]:基礎的な問題集で基礎固め。


◆大学選びのポイントとして後輩・受験生に伝えたいことは?
 自分の「やりたいこと」ができる大学を選ぶこと。

◆高校1・2年生のうちに「やっておけば良かった」というものは?
 「英単語」は地道に覚えておいた方が良い。


この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

合格体験記 記事一覧

“慶應義塾大学”の関連記事一覧