page_top

【部活引退からの合格体験記】人生に一度の高校野球にすべてを燃やし尽くす(早稲田大学 合格先輩)

  • 【合格体験記】部活をやりきった人は強い!引退からの逆転サクセスストーリー

部活をしていると勉強時間が減り、また、疲れて思うように勉強ができないことがあるかもしれない。
だが、部活動を最後までやりきった先輩たちの多くは、鍛えぬいた体力、集中力、精神力をもって、苦労しながらも勉強を進め、志望校に合格を決めている。
先輩たちは限られた時間でどのように最大の学習効果を発揮し、部活引退後から逆転していったのか、その秘訣を紹介しよう。

早稲田大学 社会科学部 社会科学科 I・Yさん

北海道札幌南高校 2017年卒業 男子

【部活動引退時期:高3の7月】
所属部:硬式野球部
平日の平均活動時間:5時間


部活現役時

部活中心の生活で成績は低迷、やり遂げるという強い思いが支え

 硬式野球部のキャプテンを務め部活中心の生活を送っていたため、勉強はほとんどしていませんでした。テストの成績もクラス最下位と底辺にいました。自分の周りの部活をしている友だちには、私のように部活中心で勉強していない人、部活後に塾に通い勉強している人などさまざまでした。当時は勉強している人を見ても焦りは全くなく、「塾に行く人は大変だなぁ!」と思うくらいでした。
 当時の私は「今は野球しかない!」という強い思いがあったのですが、そのような状態でも、「 部活が終わったら、まず数学と英語を何とかしよう」と考えてはいました。



受験は何度でもできるが、部活をするチャンスは一度しかない

 私が3年の夏までひたすら部活ばかりの生活を送ったのは、「今はとりあえず部活だけやろう。受験のチャンスは何回かあるが、高校野球は人生で一度だけ!」と、けじめをつけた生き方をしようと考えたからです。
 夏の高校野球が終わり、引退した後、受験勉強にすんなり入っていけたのは、ある意味適当で楽観的な私の性格と、けじめをつけたい思いがあったからだと思います。そのように私は、受験勉強と部活を両立できたとは言えませんが、一つ言えるのは、いくら忙しくて時間がなくても、少しの時間でもできる単語の暗記くらいはやるべきだということです。


部活▶受験勉強への気持ち切り替えの秘訣は?

最初から想定していたので切り替えられた

 始めから、部活に打ち込んだあとは勉強に集中しようと決めていたので、すんなり切り替えができました。モチベーションがあればコツなどは要らないと思うので、まずそれを探すとよいと思います。モチベーションがあると、勉強の仕方も効率も全然違うと思います。私の場合は、英・数・国の基礎から、やるべき問題集と、終わらせる時間を決めて、毎日コツコツ進めるとよい、という先輩や仲間のアドバイスがモチベーションとなり、支えとなりました。


部活引退後

問題集・参考書で時間を決めて、英数国の基礎固め

 引退直後は学力もなく志望校もなく、とりあえず英・数・国だけやっておこうというだけで、計画も立てず、ただ時間だけ決めて勉強しました。
 とくに数学ができなかったので問題集シリーズ版の基礎固めをしました。問題量もそれほど多くなく、網羅性もあったので何回もしました。英語も単語がわからず、過去問を見てもさっぱり意味がわからなかったので、単語と英文解釈の参考書をやりました。


休むときは休む、やるときはやるとメリハリをつけた

 気をつけたことは、休みたいときは休み、やるときはやるというメリハリです。適度に休まないと効率も落ち無駄な勉強になります。また、ストレスもたまり、体力的にも持たなくなります。部活でも筋トレをしましたが、やり続けるだけではだめで適度な休養が必要な点では受験勉強も同じです。なかなか勉強に集中できないときは、好きな曲のピアノバージョンを聞いたり、友だちに声をかけて一緒に勉強したりしました。


生活リズムを一定にし、不安に駆られたとき嬉しいことを想像した

 部活の時間をそのまま勉強の時間にあてた感じなので、生活リズムは部活をしているときとほとんど変わりませんでした。
 不安ばかりの受験生活でしたが、そのようなときに役に立ったのは「予祝」でした。「予祝」とは予め祝うこと、すなわち合格後の姿を思い浮かべて喜ぶことです。人間の脳は現在発揮している力の最低でも3万倍の潜在能力を持っていて、その脳の力を引き出す秘訣はワクワクすること、すなわち予祝だそうです。


主な模試結果の推移(部活引退後)

8月:E
10月:E
11月:B

部活を頑張る(頑張った)受験生へのメッセージ

 ゲームで点をとると嬉しくなるように、模試で点数が伸びたり、問題集を1冊終えたりとどんな些細なことでも嬉しいことをモチベーションにつなげることが大切です。楽しめれば成績は自然とついてきます。それは勉強の中だけではありません。私は資料請求で図書カードをゲットし、参考書や雑誌の購入にあてたりしました。


部活現役時と部活引退後のスケジュール例

この記事は「螢雪時代(2017年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

合格体験記 記事一覧

“早稲田大学”の関連記事一覧