page_top

志望校の過去問や模試問題の演習に集中し、穴を埋めて得点力アップに力を尽くす(九州大学合格者)

  • 【合格体験記】2次記述問題解法レクチャー
  • [2017/1/31]

九州大学 教育学部 1年 F・Kさん

2016年入学
福岡県立東筑高校 2016年卒 女子
2016年入学大学の入試科目:国語、数学、英語
志望校の過去問演習量:10年分
志望校の2次対策の本格開始時期:8月
センター試験の結果:799点/950点満点


センター試験後の学習戦略!

 センター試験では過去最高点を獲得し、判定も志望校すべてでA判定でした。そのため、迷わず第一志望に出願。後期試験も第一志望校の別の学部に出願しました。2次試験対策としては、過去問や九州大の模試の過去問を解くことに集中しました。間違ったところは小さなノートにまとめて、いつでも見ることができるようにして、同じ間違いを二度と繰り返さないようにしました。とにかく数学が大の苦手だったので、数学でいかに点を落とさないかが大事だと考え、ほとんどの時間を数学にあて、隙間時間に英単語を覚えました。


数学

記述問題:解答のポイントをレクチャー

解答の仕方

 数学はもとから苦手なうえに本当に大失敗した身なのであまり偉そうなことは言えませんが、とにかく大切なのは問題文をきちんと読んで「求めるものは何か」をとらえ、また、変数の条件などを正確に把握することだと思います。
 九州大の2次試験に限らず、センター試験でも言えることですが、最初に求めた値を次の問題以降でも使います。そのため、最初の問題を絶対に間違えないということは、当たり前ではありますが、とても重要なことだと思います。私は序盤のほうで間違えてしまったことに試験の途中で気づき、すごく慌ててしまいました。このミスは私にとってかなり痛手で、時間を大きくロスしてしまい、落ち着いてやればできていたであろう問題に手こずってしまいました。
 また、ひとつの問題に時間をかけすぎて、得点できる問題に手が回らない、ということを避けるためにも、どの問題にどれくらいの時間を割くかは、最初にざっと問題を見て決めておいたほうがよいと思います。

演習方法

 私の場合、数学はチャート式などの問題集を何回も解いて、問題の解法を覚えました。似た問題が出ていたら、見たことのある解法になぞらえて答案を作成するようにしました。

アドバイス

 数学に苦手意識があるなら、対策を始めるのに早すぎることはないと思います。受験生になってから対処すればなんとかなると思っても、実際はどうにもなりませんでした。
 でも逆に言えば、そんな数学が苦手な私でも、地道な参考書暗記作戦と、間違った問題の解き直しをギリギリまで続けたことで、何とか国語と英語で点数をカバーして合格ラインまで達することができました。センター試験が終わったあとも気を抜かず、コツコツ対策を積み重ねることです。私は、追い込みの時期は一問でも多く解けるパターンを増やしていくしかないと思って地道に取り組んでいました。

九州大学 教育学部
数学/試験のポイント

 私が受験した入試は前年に比べて難化したと感じました。前年が簡単過ぎただけなので、2015年入試が完答できたからといって、高をくくってはいけないと思います。しかし、数学が苦手な私でも、センター試験の得点と国語、英語の得点でカバーできるくらいには基礎レベルの問題で点数が取れました。数学が苦手でもあきらめないでほしいです。



受験生へメンタルアドバイス!

燃え尽き感、気の緩みの対処

 私の場合、センター試験の何日か前に身内に不幸があり、センター試験後はあまり勉強が手につかず、呆然としていた時期がありました。燃え尽き感とは違いますが、勉強していなかった時期があるのは事実です。

不安・プレッシャーの対処

 「このままじゃだめだ」と思って、高校の自習室や教室に行きました。頑張っている仲間の姿が目に入り、「あとちょっとだけ頑張ろう」と思えました。移動時間を惜しんで家にこもることは、受験勉強をひとりで戦うということでもあるので、家でひとりで頑張るか、高校へ行って刺激をもらうか、どちらをとるかは自分次第です。頑張っていて辛いのは自分だけじゃないと思うことで、もうひと踏ん張りができるのではないかと思います。



英語

記述問題:解答のポイントをレクチャー

解答の仕方

 私が受験した時の九州大の英語は、前年と見かけ上の問題構成が変わっていたり、長文の分量が過去問では見たことのないくらい多くなっていたりしていて、最初はすごく驚いてしまいました。冷静になって考えてみると、長文3問と和文英訳と英作文という設問があることに変わりはないし、長文も読んでみると文章が難しいわけではなく、量が多いだけだったので、動揺するほどではなかったと思います。
 試験本番では最初に受けた科目ということもあってか、思うように点数が取れませんでした。九州大は英語、数学が1日目に行われ、2日目に国語が行われます。最初の科目である英語の手ごたえがあるかないかで、数学や国語の試験を受ける時の心持ちが少なからず変わってくると思うので、大事な科目だと思います。

演習方法

 試験直前の時期は語彙力を増やすことと、問題の量をこなすことに専念しました。英作文や和文英訳などは、自分ひとりで対策することは不可能に近いことなので、高校の先生に添削してもらっていました。
 そして、間違って使った表現などは二度と使わないようにノートに書いていました。多くの問題に触れていくと、問題は違っても、書き方のパターンがあることがわかってくると思います。その意味で、問題の量をこなすということは長文読解においても英作文においても必要なことだと思います。

記述問題の注意点

 私が試験中に犯したいちばんのミスは、違う大問の解答用紙に解答を記入していたことです。試験当日に限って、ありえないような単純すぎるミスをしてしまったので、受験生の皆さんもこうしたことがないように本当に気をつけるべきです。また、問われていることをしっかり確認してから解答作成に移る、わからない単語や文章があっても読み飛ばすことを恐れないということも大切だと思います。

九州大学 教育学部
英語/試験のポイント

 長文読解、英文和訳、和文英訳、英作文などまんべんなく問われてくるので、バランスよく対策する必要があります。模試などで自分が解きやすい順番を研究し、その通りに本番も解くことがコツです。私は時間に追われすぎると和文英訳や英作文で単語が思い出せなかったり、よい表現を思いつかなかったりしたので、最初に和文英訳と英作文を解くようにしました。



受験生へ応援メッセージ!

 2次試験直前は緊張と不安で押しつぶされそうになると思いますが、「あとちょっと」の頑張りを積み重ねていけば、必ず春はやってきます。センター試験から2次試験まで与えられた時間は受験生皆同じですが、どう過ごすかは個人にゆだねられています。試験なんて終わってしまえばあっけないもので、結果が出るまでの期間はうずうずしながら待つことしかできません。まだできることがあります。悔いのないように頑張ってください。

2次試験までどう過ごすかは自分次第。
悔いのないように!

この記事は「螢雪時代(2017年2月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】2次記述問題解法レクチャー 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“九州大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中