page_top

[理系]どの科目も、本番より短い時間で正確に解き切る訓練を積んでおく(奈良女子大学合格者)

  • 【合格体験記】センター試験までの30日 私たちはこう過ごした

センター試験まであと30日。
この時期は年末年始のイベントもあり何かと慌ただしいが、先輩たちはどのように過ごし、センター試験に向けて最後の追い込みをかけていったのか。
その実態を教えていただいたので、参考にして、センター試験を攻略しよう!

奈良女子大学 生活環境学部 住環境学科 H・Aさん

2016年入学
茨城県・水城高校 2016年卒 女子
得意科目:生物
苦手科目:化学

センター試験結果:
総合点 738点/950点 得点率 78%
国語 170点/地理B 90点/数学Ⅰ・A 75点/数学Ⅱ・B 60点/化学 61点/生物 75点/英語(筆記)171点/英語(リスニング)36点

冬休み1日のスケジュール

■センター本番までに伸びた科目

1 位 : 国語

2 位 : 地理

3 位 : 英語


残り30日のセンター対策

●数学

 センター数学は穴埋め式で、解法がわからなくても誘導に従って解ける可能性は十分にあります。年度によって出題分野が大きく異なる場合があるので、過去問を解くだけでなく、過去に出されていない分野も勉強する必要があります。問題数が多く時間勝負になるので、できる問題から取りかかり、できない問題は後回しにするというやり方をどれだけスムーズにできるかがカギです。

●化学

 大まかにわけると、暗記と計算になります。暗記は覚えていなければ大きく点数を落としてしまうので、どれだけ覚えているかがカギです。また計算は、計算問題が出る分野が限られているので、そこを重点的に勉強し、計算の手順を覚えておくと、大きく点数を稼ぐことができます。余裕があれば計算の手順を覚えておくとよいと思います。

●生物

 年度によって出題される分野が大きく異なります。日頃からまんべんなく勉強することが大切です。また、大問ひとつに異なる分野が融合されている問題もあるので、参考書や問題集の総合問題を解いておくと、本番に目新しい問題が出ても対応できると思います。計算問題では小数点や桁が大きくなったりするので、計算はスピード第一で、かつていねいさも重要になってきます。

●英語

 リスニング、発音・アクセント、文法、グラフ、長文に大きくわかれます。発音・アクセントと文法はグラフや長文に比べて短時間で解ける問題なので、どれだけ速く解けるかが重要です。また人によって解く順番が異なると思うので、自分がいちばん時間に余裕ができる順番を探しておくとよいです。グラフや長文では設問を先に読んでおくと、どの部分が問われるのかの目星がつきます。

休日は1日で全科目
時間を計って解く

 センター試験では5教科7科目を受けたので、平日は2、3日で、休日は1日で全科目勉強するようにしていました。また、どの科目も試験時間の約8~9割の時間で解き切れるように時間を計ったり、できる問題から解くことを第一に勉強していました。その結果、本番ではあまり焦ることなく、解くことができました。

クリスマス前日に
体調を崩し痛手に

 この時期は体調を崩さないよう、規則正しい生活と風邪などの対策を徹底して行っていましたが、クリスマス前日に体調を崩し、ほとんど勉強できなかったので、かなり痛かったです。また、志望校のパンフレットやホームページなどを見て、入学後の自分を想像し、モチベーションを高めるようにしていました。

センター試験 2日目までをレポート

のこり 22日 :クリスマス
 前日から体調を崩していました。そのため、勉強はほとんどできず体を休めていました。追い込み時期だったので、勉強ができなくてかなり焦りました。

のこり 16日 :おおみそか
 午前中いっぱいと午後夕方まではいつも通り勉強して、夕方以降は家族と一緒に過ごしました。

のこり 15日 :正月
 この日は1日勉強から離れ、親戚の家に挨拶に行ったりお参りに行ったりしてリフレッシュしました。明日からはまたしっかり気持ちを切り替えていこうと思いました。

のこり 1日 :センター前日
  授業が終わってからいつも通り高校で数時間自主学習をしてから帰宅し、23時頃には寝ました。「明日からセンター試験だ」と思うと緊張しました。

センター1日目朝
 センター試験会場まで遠かったので、いつもより早く起床し、準備をしました。昨日に引き続き緊張していましたが、高校の先生が応援に駆けつけてくれたので、少しほっとしました。

センター1日目夜
 明日もセンター試験があるので、家に帰り次第、夕飯や明日の準備などをすぐに済ませて就寝しました。試験も長かったので、かなりドタバタしていました。

センター2日目朝
 1日目の朝と同じような感じでした。試験会場までの行き方も覚えたので、昨日よりかはリラックスすることができました。

センター2日目夜

 センター試験の全科目を終え、ひと安心できました。すぐに2次試験の対策をすべきかと思いましたが、この日の夜はゆっくりと過ごしました。

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★2018年入試の突破をめざす受験生向けの「スタート号(4月号)」は 3月14日発売です。

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

合格体験記 記事一覧

“奈良女子大学”の関連記事一覧