page_top

【連休中の運営に関して】2017年4月29日(土)~2017年5月7日(日)の期間、サイト更新や問い合わせは対応いたしかねますのでご了承ください。

[理系]知識の強化と弱点の補強、スピードアップに力を入れる(横浜国立大学合格者)

  • 【合格体験記】センター試験までの30日 私たちはこう過ごした

センター試験まであと30日。
この時期は年末年始のイベントもあり何かと慌ただしいが、先輩たちはどのように過ごし、センター試験に向けて最後の追い込みをかけていったのか。
その実態を教えていただいたので、参考にして、センター試験を攻略しよう!

横浜国立大学 理工学部 数物・電子情報系学科 物理工学EP S・Tさん

2016年入学
神奈川県立横浜緑ケ丘高校 2015年卒 男子
得意科目:化学
苦手科目:英語

センター試験結果:
総合点 692点/950点 得点率 73%
国語 147点/現代社会 72点/数学Ⅰ・A 68点/数学Ⅱ・B 60点/物理 80点/化学 84点/英語(筆記)151点/英語(リスニング)30点

冬休み1日のスケジュール

■センター本番までに伸びた科目

1 位 : 化学

2 位 : 物理

3 位 : 数学


残り30日のセンター対策

●国語

 理系は軽視しがちですが、国公立大志望の受験生にとって200点は貴重な得点源です。選択肢を選ぶだけで計算3個分くらいの点数になります。漢文までやると80分では足りないくらい時間がかかるので、戦略がとても大事です。漢文は比較的得点しやすいので先に、古文は比較的難しいので後に回すなど、解く順番を変えるだけでも精神的にかなり違ってくると思います。

●数学

 まずはスピード重視で解きました。数学は時間の割にとにかく問題量が多いため、最初の頃は60分ではとても足りなかったです。その後、わからないところ、見直ししたいところなどを重点的に対策するようにしました。選択形式が多い他の科目とは違い、わからない問題に対して勘が通用しません。実力が試されるので、要点を一つひとつ確実にしておくべきです。

●化学

 理論ひいては化学基礎の部分がすごく大事です。まず化学基礎を完璧にすべきです。答えが選択式ですので、計算の途中で「この答えだな」と確信が持てれば、最後まで計算する必要はないです。その代わり見直しをしましょう。また、有機や無機など、物質の性質を問う問題は、「何が正しいか」だけでなく「何が間違っているか」を見極めて消去できるとよいです。

●英語

 後半に長文が連続して続き、かつ配点も高いため、最初から順番に解いていくと時間配分や集中力の持続が難しいです。そのため、逆の順で大問の最後から解いていきました。順番を変えるだけでも得点は大きく変わってくると思います。選択問題では、正解以外の選択肢が「どうして間違っているか」を考えられるようになれば、確実に正解にたどり着けると思いました。

本番形式の問題を解き
復習して穴を埋める

 まず過去問や対策問題集など、本番形式の問題をひと通り解き、自分ができなかった分野を明確にしました。それを教科書や参考書などで復習して穴を埋めました。1か月前になると、最初から復習するのが難しくなっていきます。新たに知識を入れるというより、今ある知識の強化、弱点の補強、スピードアップなどに力を入れました。

勉強の合間に
しっかりと休憩する

 この時期にガリガリと勉強をするのは皆さん一緒だと思います。ここでいかに休憩する時間、リラックスする時間がとれるかが勉強の成果に関わってくると思います。たまにはクラスメートなどと複数人で勉強をしたり、ご飯を食べに行ったり、時には少し遊んでもよいと思います。この時期だからこそ、休憩が大切です。

センター試験 2日目までをレポート

のこり 22日 :クリスマス
 冬期講習も始まり、普通に塾に行って勉強していました。心の中で「今年は我慢しよう」と割り切れていたので、とくに問題はなかったです。

のこり 16日 :おおみそか
 日中は勉強していました。夜は家族と過ごし、いつも通り家族と年を越しました。ただ、生活リズムの維持だけは意識するようにし、深夜0時半には寝ました。

のこり 15日 :正月
 勉強時間はとても少なかったです。家族と過ごし、初詣にも行き、親戚にも会い、ごく普通のお正月でした。意識したのは生活リズムだけです。

のこり 1日 :センター前日
 特別大きなことを意識するわけでもなく、高校と塾に行き、普段通り勉強していました。ただ、少し早く帰り、当日の準備をしました。

センター1日目朝
 生活リズムは維持していたので、すんなり早く起きられました。ご飯を食べて、荷物の最終確認をしました。そして時間に余裕を持って会場に向かいました。

センター1日目夜
 翌日のメンタルに影響すると思ったので、自己採点はしませんでした。帰ってご飯を食べて、リラックスして過ごすようにしました。2日目は朝早いので早く寝ました。

センター2日目朝
 1日目と同じ心境で朝を迎えました。もう一度荷物の最終確認をして、前日と同じように時間に余裕を持って家を出ました。1日目よりもリラックスできていました。

センター2日目夜
 終了後、クラスメートとご飯を食べに行き、プチ打ち上げをしました。帰宅後すぐに自己採点をし、2次試験に向けて志望校を絞り込みました。

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

合格体験記 記事一覧

“横浜国立大学”の関連記事一覧