page_top

【先輩たちの軌跡】細かく計画を立てて毎日実行。 多科目に触れつつ得意科目の強化に重点(一橋大学 M・Mさん)

  • 《合格体験記》夏休みの学習 先輩たちの軌跡
  • [2016/7/26]

一橋大学 商学部 1年 M・Mさん

神奈川県・横浜共立学園高校 2016年卒業 女子

夏の目標設定

 高校の補習と予備校の夏期講習を中心に、それ以外の時間は国語、数学、地歴・公民、英語をバランスよく学習しました。夏休み前に夏休みの計画表を作成しましたが、その時に心がけたことは、とにかく細かく計画を立てることと、確実に実行可能な計画を立てることです。私はすぐに怠ける性格なので、分単位で計画を立てて、常に今やるべきことが何なのかを目に見える状態にしておく必要があったからです。計画を立てる前にやるべきことをすべて書き出して、食事や休憩、移動の時間も計画の中に組み込みました。

夏の学習 教科別の時間配分

夏の学習の軌跡

国語(古文・漢文)

毎日1時間、基本事項の
確認と定着に努める

 とにかく基本事項の確認と定着を心がけました。しかし、一橋大の2次試験ではあまり出題されない分野なので、時間をかけすぎるのもよくないと思い、古文・漢文合わせて1日あたり1時間ほどにとどめました。少しずつでも毎日必ずやるということが大切だと思います。古文は、単語と文法をしっかりと覚えて、それから確認と定着のために問題集で演習をしました。漢文は、句形と重要漢字をまったく覚えていなかったので、書き込み式の問題集を使って学習しました。どちらも間違えた時、単なる知識不足なのか、知識はあるが実際に問題を解くとなるとできないのかを区別しました。

数学

問題文も解法も覚えるまで復習し、定着させる

 苦手科目だったので、他の科目の足を引っ張らない程度にするつもりで勉強しました。時間をかけた分だけ確実に成績が伸びるという保証がまったくない科目だったので、あまり時間をかけすぎないように気をつけました。夏休みは予備校の夏期講習や高校の補習期間を除いては、1日約3時間を対策にあてていました。具体的には、一橋大で頻出の確率と、比較的できていた微積分を重点的に対策しました。一度解いた問題は、問題文も解法も覚えるくらいになるまで復習して定着させました。また、解けない問題にこだわりすぎて時間を浪費することのないようにも注意しました。

世界史

既習分野の知識定着と
過去問演習に力を入れる

 まず、夏休みまでに習った分野の知識が定着していなかったので、徹底的に覚えました。そして、このままのペースでは入試までに過去問15年分すべてを解き終わることができないと気づいたので、ペースを上げて過去問に取り組みました。知識を定着させるためにしたことは、高校の授業プリントを暗記し、一問一答形式の問題集を解くということをひたすら繰り返すこと。過去問演習では、教科書やプリントなどを見ながら自分なりの答案を作成し、高校の先生に添削していただきました。論述問題は自分で採点するのが難しいので、誰かに添削をお願いすることをオススメします。

英語

パラグラフリーディングの
習得に努める

 課題は、長文を素早く読み、正確に内容をつかめるようにすることと、リスニング対策でした。英語にかけた時間は1日約2時間30分で、そのうち30分はリスニング対策にあてていました。英語は得意科目だったので、得点源になるように長文対策に力を入れました。参考書を活用し、パラグラフリーディングの習得に努めました。接続詞に注目して文章の論理展開をつかみ、筆者の主張は何なのか、そしてそれぞれの文はどのような役割を担っているのかを意識して読むことが大切だと思います。リスニング対策としては、毎日必ず音読をするようにしていました。

夏の学習を振り返って

ここが大事! 夏の学習

・しっかりと計画を立て、時間の浪費を防ぐこと
・苦手科目克服にとらわれすぎず
 得意科目をどれだけ伸ばせるかを考えること
・自分のレベルにあった段階の勉強をすること。
 基礎力不足で演習に入っても意味がない


夏の学習 アドバイス

 夏休みまでに時間を気にしながら勉強するという習慣をつけておくとよいと思います。かけた時間に見合った成果が得られなければ受験勉強においては意味がないので、勉強時間をタイマーではかり、記録をつけるなどしておくと、自分の時間の使い方の傾向も見えてきて、夏休みの計画が立てやすいと思います。自分が今どのような段階にいるのかをしっかり把握し、夏休み終了時には過去問演習に入る前の段階になっているように努力しましょう。注意点は、苦手科目の克服に時間をかけすぎないようにすることです。苦手科目は、なぜ苦手なのかにもよりますが必ず努力が報われるとは限りません。ただ勉強不足でできていないだけなら勉強時間を増やせば伸びるでしょうが、時間をかけて並の力にはなっても入試で点が取れるまでにはならないということもあります。それならば得意科目を伸ばすことに時間をかけるべきです。

夏の目標 達成度・・・90%

夏休みを振り返って

 私立大の過去問を少し解いておけばよかったと思います。また、センター地理の学習時間が少なすぎて、センター直前に何とかしようとしましたがどうにもならず、結局本番で平均点を下回ってしまいました。センター試験のみで使う科目で、独学で勉強しようとしているものは、夏休みくらいから計画的に進めていかないと間に合わなくなります。しかし、センター試験の比率が低い大学を受ける場合、あまりその対策に貴重な時間を使うわけにはいかないので、時間配分に注意しなければなりません。  

2学期へ!

夏から2学期への学習戦略

 夏休み明けからは、10月の一橋大模試に向けて、英語の得点力アップに力を入れつつ、国語、数学、地歴・公民、英語をバランスよく勉強しました。しかし、平日は高校の授業を除いて勉強できる時間は実質1日あたり4~5時間しかないので、平日はおもに数学と英語だけ勉強し、国語と世界史は土日にまとめて勉強していました。学習内容としては、11月から過去問演習を始められるだけの実力をつけるために、各科目に取り組んでいましたが、夏休み前と比べて勉強の仕方や内容が大きく変わったわけではありません。夏休みも、かなりしっかりと計画を立てそれを実行できたので、夏休み後に不安な気持ちになることはありませんでした。

夏の生活スタイル!

1日のスケジュール例

夏休みの過ごし方

 とにかく体調管理には気をつけました。夏バテ対策としてお酢ドリンクを飲みました。食事の時間は気分転換もかねて朝・昼・夜それぞれ1時間ずつ取っていました。また、ストレスをためないように、勉強以外の面ではなるべく我慢をしないように心がけました。具体的には、おやつを食べたくなったらすぐに食べる、ほしいものがあればすぐに買うなどです。夏期講習を4講座取ったのですが、予備校に通うのに体力を消耗した割に、講習自体にはあまり効果を感じられませんでした。

1日の平均学習時間(夏休み)・・・10時間

私の息抜き時間

 ストレス発散と運動不足解消をかねて、DVDを見ながらやるダイエット体操をしていました。15分程度で終わるので、時間的にもちょうどよかったです。1日中座っているのは健康によくないので、毎日軽い運動を継続することは大切です。疲れた状態で勉強しても効率が悪いので、疲れたら小休憩をとりましょう。

夏の思い出

 夏休みは、高校の補習と予備校の夏期講習以外は家に引きこもっていました。友だちと会うこともなく、多少寂しいような気もしましたが、自分の部屋にずっといられるのはそれはそれで快適な夏休みでした。こんなにすべての時間を自分のためだけに使えることもなかなかないと思います。

この記事は「螢雪時代(2016年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

《合格体験記》夏休みの学習 先輩たちの軌跡 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京工業大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中