page_top

高校の授業をベースにしつつ、模試ごとに総復習をする

  • [合格体験記]先輩に聞いた! センター高得点の理由
  • [2016/4/22]

札幌医科大学 医学部 医学科 O・Yさん

北海道札幌北高校 2015年卒 女子

センター試験の得点:
合計 857点/950点満点

記事画像

1学期のセンター試験対策

授業の予習・復習や定期テスト対策をメインに学習
 高校の行事や学校祭の準備にも力を入れなければならなかったので、授業の予習・復習や定期テスト対策を中心に学習していました。その中で行ったセンター試験対策は、マーク模試の過去問を解くことです。模試の1週間くらい前に、高校に保存されていたマーク模試の過去問を解きました。マーク模試を解くことで、全範囲の問題をひと通りさらっと復習できるうえ、その中でとくに正答率の悪かった問題だけを復習することで、効率よく対策することができました。理系のため、重点を置いた科目は、数学、英語、物理、化学でした。

苦手科目の対策

基礎に立ち返って学び直すことで読解力をアップ
 国語がとくに苦手で、本当に自分に必要な勉強ができていませんでした。たとえば古文は助詞や敬語がおろそかなまま、実際の問題を解こうとしていました。文章の内容が理解できないのは読解力が足りないせいだと思って、問題をたくさん解いてみたこともありましたが、なかなか理解できるようになりませんでした。文法力の欠如に原因があるとわかったのは10 月頃です。それから基礎に取り組み、文法を完ぺきにしました。すると、自然と敬意の対象もわかり、物語の内容もわかる、問題も解ける、といった状態になりました。

「世界史」対策をレクチャー

模試の過去問や予想問題を解き、根拠を暗記して解答力を磨く
 模試の過去問や予想問題集などを縮小コピーします。これを解きながら、問題に「自信がある」「微妙」「わからない」のマークをつけます。自信のある問題は、選択肢で間違っているところに線を引いて訂正を書くなどして、答えの根拠をメモしておきます。根拠を書き込めなかった問題には、答え合わせの時に色ペンで根拠を書き込みます。暗記できるまで2日おき程度に何度も見直します。一般的な勉強法は、暗記⇨問題演習ですが、私のオススメは、問題演習⇨暗記です。これを10 年分やれば、ほとんどすべての問題がわかるようになります。

高得点のためのアドバイス

自分の弱点を正確に把握して、徹底的に苦手をつぶす
 センター試験で高得点をとるためには、苦手をつぶすことが必須です! そのためには自分の弱点を正確に把握しなければなりません。英語の長文が苦手な人は、英単語はわかっているのか、センター数学でなかなか最後まで解ききれない人は、学校指定の問題集は解けるのかなど、少し違った目線で自分を見つめ直して、勉強の課題を見つけてください。また、授業はしっかり聞きましょう。極度に緊張している中、実力を発揮できるのは、地道に勉強を積み上げた人です。高校の授業をベースにしつつ、模試ごとに総復習をしていくのがオススメです。

センター試験 高得点のポイント!

国語
基礎に取り組み、文法力を完璧にして読解力をカバー

世界史
問題演習後、答えの根拠を書き出して暗記する

英語
文法、語法、発音問題は時間を決めて素早く解く練習を積む

この記事は「螢雪時代(2016年5月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[合格体験記]先輩に聞いた! センター高得点の理由 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“札幌医科大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中