page_top

暗記分野を固めて得点を安定。 計画表に沿って効率的に着実に

  • [合格体験記]先輩に聞いた! センター高得点の理由
  • [2016/4/20]

東京大学 文科一類 K・Wさん

愛知県・滝高校 2015年卒 男子

センター試験の得点:
合計 887点/950点満点

記事画像

1学期のセンター試験対策

暗記分野に重点を置いて、徹底的に暗記学習を繰り返す
 英単語、古文単語、世界史用語などの暗記分野に重点をおいて勉強をしました。暗記分野はセンター試験および2次試験の基礎であり、早めの時期に固めておくことが必須だからです。それぞれの科目で2次試験にも対応できる参考書を1冊使用しました。もれなく完璧に覚えることが、安定した点の獲得に重要だと考えたからです。覚えられていない部分には付箋を貼るなどして、覚えるまで徹底的に暗記学習を繰り返しました。暗記総量を1日分に分配した計画表を作成し、履行することで、夏休みに入る頃までにはすべてをひと通り終えました。

苦手科目の対策

古文と漢文を得点源にし、国語の安定化を図る
 国語は模試において点数がまったく安定しなかったので、古文と漢文を得点源にすることで全体の安定化を図ることにしました。古文単語や漢文法の暗記はもちろん、古文・漢文の文章を多く読むことで得点アップにつなげました。多読は英語ではかなり重要視されていますが、古文・漢文でもそれは同じです。成果は夏休み頃には表れ、国語の点数は安定しました。
 また地理も点数が安定しない科目でしたが、参考書や模試で間違えたところを抜き出し、関連分野の知識も加えて一冊にまとめることで、秋頃には安定して得点できるようになりました。

「数学」対策をレクチャー

暗算で素早く正確に計算できるようにする
 数学では問題をいかに速く正確に解けるかが試されます。私は速く解こうとすると計算が荒くなってしまい、それが点数を落とす原因となっていました。そのため、因数分解をはじめ微分積分、ベクトルの内積外積に至るまでの簡単な計算を暗算で行う訓練ができる参考書に取り組みました。暗算で素早く正確に計算ができるようになり、徐々に成果が出始めました。計算する際にすべてを書き出さない、できる範囲は暗算をするなど、基本的ではありますが大事なことを、早めの時期から継続的に行っていくことを推奨します。

高得点のためのアドバイス

学習計画表を作成し、きちんと実行することが大切
 志望校に2次試験が課せられる人は、2次試験に必要な分野は着実に、センター試験だけに必要な分野は効率よく学習することが最良の道です。そのためには、それぞれの分野でどの参考書が自分に必要なのか、どの時期にどれだけ学習を行えばよいのかをきちんとまとめた計画表を作成しましょう。今から受験までの間、学習の指針を見失わないために、そして限られた時間を有効に使うために、学習計画表は必須です。そのうえできちんと実行していくことが、センター試験での高得点、加えて志望校への合格につながります。

センター試験 高得点のポイント!

国語(古典)
暗記と文章の多読で得点アップにつなげる

地理
間違えたところを抜き出し、関連分野とともにまとめる

数学
簡単な計算を暗算で行う訓練をし、速く正確な解答を導く

この記事は「螢雪時代(2016年5月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[合格体験記]先輩に聞いた! センター高得点の理由 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中