page_top

[理系] 過去問演習などで問題に慣れ、必要な知識を補強する

  • 【合格体験記】センター本番まで30日の過ごし方
  • [2016/1/1]

東京大学 理科一類 H・Aさん

2015年入学
愛知県立一宮高校 2015年卒 男
得意科目:数学
苦手科目:地理

センター試験結果:
総合点 870点/950点 得点率 92%
国語 175点/地理B 77点/数学I・A 100点/数学II・B 86点/物理 96点/化学 100点/英語(筆記)188点/英語(リスニング)48点

記事画像

チカラになった言葉:落ち着いてやればきっと大丈夫
受験本番のために今まで努力してきたのだから、あとは落ち着いて目の前の問題を1問ずつ解けばきっとよい結果になるだろうと思いました。

センター対策の授業を活用し、理解を深める

 この時期の授業は、センター試験の過去問やセンター模試の問題を解いて、先生がその解説をするというものでした。そのため、放課後にわからなかったところを理解し、覚えるべきところをノートにまとめて暗記しました。それによってセンター試験に必要な知識が補強されたうえ、問題に慣れて本番への自信がつきました。

体調を崩さないよう心がけ、早寝早起きの習慣をつける

 体調を崩さないように手洗い・うがいを必ずするように心がけ、インフルエンザの予防接種を家族全員で受けに行きました。また、朝起きてから脳が完全に目覚めるまでには時間がかかるということを知り、本番で実力を十分に発揮するために、本番の数週間前から早寝早起きの習慣をつけるようにしました。

センター科目別 解法のポイント

国語

 問題の量に対して時間が足りないため、時間との戦いになります。各大問(評論・小説・古文・漢文)を解く順番や、大問にだいたいどのくらいの時間をかけて解くのかをあらかじめ決めておくべきだと思います。また、大失敗しないためにも、問題を解くのに時間がたくさんかかりそうだったら、とにかく答えを決めて次の大問に進むという意識が大切です。

地理B

 理系選択者は2次試験で地歴・公民が課されないので、できるだけ効率よく勉強するのがよいと思います。一見して戸惑う問題もあるかもしれませんが、ひとつの問題をいろいろな角度から見て、自分の持っている知識が使えないかどうかを考えるのが正答率を上げるポイントだと思います。必要な知識は過去問から吸収するのがよいと思います。

数学II・B

 国語と同様に時間との戦いになると思います。そのため、計算のスピードを上げることはもちろん、慎重に計算し、計算ミスを防いで同じ問題をまた解き直す羽目にならないようにすべきです。また、時間のかかる各大問の最後の問題を後回しにする、あとの問題で再び使うことになりそうな値は、たとえ直接問われていなくても余白にメモしておくなどの工夫も必要です。

化学

 ほかの科目に比べて時間に余裕があるので、それぞれの問題はひと通り読んでから解くのがよいと思います。とくに計算問題は何を問われているのかを確認して、印をつけてから計算を始めるとケアレスミスが減ると思います。無機分野はほかの分野と比べて深くまで問われることが多いように感じるので、過去問で出てきた知識はできるだけ覚えるべきです。

センター試験 2日目までをレポート

クリスマス :のこり 23日
 幸いにも高校はクリスマスモードではなく受験モードで、緊張感のある雰囲気でした。周りからよい影響を受け、いつも通り高校で勉強をしていました。

おおみそか :のこり 17日
 夕方までは自分の部屋で勉強をして、夜は家族とテレビを観ていました。そして家族で年越しそばを食べました。リラックスして家族との時間を楽しみました。

正月 :のこり 16日
 父親と初詣に行き、志望校合格を祈願しました。父親も私の合格を願っていてくれて嬉しかったと同時に、頑張ろうという気持ちもより強くなりました。

センター前日 :のこり 1日
 朝、家を出てから試験が終わって家に帰るまでの1日目の大まかな流れ、1日目にある試験の解く順番や時間配分、本番で問題を解く際に注意すべきポイントを確認しました。

センター1日目朝
 父に会場まで車で送ってもらいました。会場では先生から激励を受けました。地理の知識や英単語のアクセント・発音の最終確認をして過ごしました。

センター1日目夜
 高校から禁止されていましたが、我慢できなくなって友だちと一緒に今日終わった試験の自己採点をしました。その後、前日と同様に明日の流れの確認をしました。

センター2日目朝
 この日も父に会場まで車で送ってもらいました。会場では1日目と同様に先生から激励を受けました。化学の無機分野の最終確認をしていました。

センター2日目夜
 試験終了後、友だちと食事をし、センター試験の感触や感想について話しました。家に帰ったあと自己採点をし、その後は疲れていたため、すぐに眠りました。

この記事は「蛍雪時代(2016年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】センター本番まで30日の過ごし方 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中