page_top

[理系] 科目別に細かく計画を立て、余裕をもって本番に臨む

  • 【合格体験記】センター本番まで30日の過ごし方
  • [2016/1/1]

北海道大学 総合入試 [理系(総合科学選抜群)] A・Nさん

2015年入学
静岡県立藤枝東高校 2014年卒 女
得意科目:化学、英語
苦手科目:国語

センター試験結果:
総合点 757点/950点 得点率 80%
国語 161点/地理B 75点/数学I・A 78点/数学II・B 54点/化学I 98点/生物I 77点/英語(筆記)166点/英語(リスニング)48点

記事画像

チカラになった言葉:すべての努力に無駄はない
自宅でひとりで勉強していて、いろいろと不安なことが多かったのですが、「今やっていることは必ず力になるんだ」と思うことで頑張れました。

センター対策をひと通り終えた状態で落ち着いて受験

 たとえば何日に何年度の過去問をやるというように、科目別に1日ごとの細かい計画を立てました。体調を崩したり思い通りに進まなかった時のことを考えて、本番1週間前にはすべての対策が終わるように計画を立てました。センター試験対策でできることはひと通り終わった状態で本番に臨めたので、落ち着いて受験できました。

朝から頭が働くように、できるだけ早く寝る

 センター試験は朝から始まるので、なるべく夜は早く寝て、朝から頭が働くようにしました。また、風邪やインフルエンザが流行っている時期なので、なるべく人が多いところには行かないようにしました。どうしても行かなければならない場合はマスクをして、帰ってきたら手洗いやうがいをしっかり行いました。

センター科目別 解法のポイント

国語

 問題数の割に解答時間が短い気がしたので、時間内に解き切れるように、問題の解き方を工夫しました。本文を何度も読みかえして時間をロスしないようにするため、先に問題に目を通しました。本文を読む時には問題と関係ありそうな部分に線を引いておき、あとから解答しやすい状態にしておきました。漢字や古典単語など知識で解ける部分は確実にしておきました。

地理B

 覚えていれば解ける問題と、知識をもとに図やグラフ、地図から答えを出す必要のある問題がありました。私は暗記問題を最初に解き、頭が地理に慣れてきたところくらいから思考を要する問題を解くようにしました。問題用紙に書いてある順番通りに解くのもよいと思いますが、自分にいちばんあった順番を見つけると、意外とスムーズに解答できると思います。

化学I

 出題問題がある程度パターン化されていたため、基本的な問題は、典型問題が載っている問題集を使い、確実にできるようにしておきました。あとはセンター試験本番で変わった問題が出題されても対応できるようにするため、過去問や各予備校が出している予想問題をできるだけ多く解きました。暗記事項も多いので、しっかり覚えるところは覚えるようにしました。

英語

 第5・6問の長文のでき具合によって点数が大幅に変わってしまいます。余裕をもって取り組むため、時間配分を細かく設定。過去問を解く時も常に時間を意識するようにしました。最初のほうの問題を解く時間を短くするため、暗記すべきことは確実に暗記して、瞬時に答えが出せるようにしておきました。リスニングはとにかくたくさんCDの教材を聞くようにしました。

センター試験 2日目までをレポート

クリスマス :のこり 23日
 朝から夕方くらいまではいつもと同じように勉強しました。夜はいったん勉強のことは忘れて、家族と美味しい料理を食べたりするなど、クリスマスパーティーを楽しみました。

おおみそか :のこり 17日
 朝から夕方くらいまではいつもと同じように勉強しました。夜も勉強するつもりでしたが、面白いテレビに気をとられてしまい、ながら勉強となってしまいました。

正月 :のこり 16日
 元旦は初日の出を見に行き、そのあと初詣に行きました。家族と過ごし、勉強は一切しませんでした。2日以降は勉強を再開し、朝から夜までこれまで通り勉強しました。

センター前日 :のこり 1日
 これまで解いた問題や暗記物の確認をしました。また、持ち物や試験会場までの移動時間も確認しました。緊張はしていましたが、家族とゆっくり夕食を食べ、早めに寝ました。

センター1日目朝
 緊張していたためか、食欲はなかったのですが、とりあえず朝食を食べ、時間に余裕をもって試験会場に向かいました。早めに到着したので、地理Bの最終確認をしました。

センター1日目夜
 1日目のできは正直わかりませんでしたが、終わったことを考えても仕方ないので、とにかく体を休めて2日目に備えるようにしました。夕食を食べ、早めに寝ました。

センター2日目朝
 1日目の朝ほどは緊張していませんでした。1日目と同じように早めに試験会場に向かいました。試験開始まで理科の暗記事項の確認をして待っていました。

センター2日目夜
 終わったという安心感から一気に疲れが出てしまったような気がしました。予備校などが出す解答速報を見て、その日のうちに自己採点をし、ある程度今後の予定を考えました。

この記事は「蛍雪時代(2016年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】センター本番まで30日の過ごし方 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“北海道大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中