page_top

苦手科目を中心に過去問演習で傾向をつかみ、予想問題で得点力をアップ!

  • 【合格体験記】センター高得点者に聞いた! セ試で勝つ!ための対策
  • [2015/12/2]

千葉大学 医学部 医学科 R・Sさん

東京都・攻玉社高校 2015年卒 男
得意科目:数学、物理、化学
苦手科目:国語(現代文)、英語

センター試験結果:
総合点 …809点/950点
国語 152点/地理B 73点/数学Ⅰ・A 100点/数学Ⅱ・B 97点/物理 97点/化学 95点/英語(筆記)153点/英語(リスニング)42点

センター試験 本格対策時期:12月

「センター/個別試験」学習時間の割合:
セ試 2か月前: センター試験 15%/個別試験 85%
セ試 1か月前: センター試験 95%/個別試験 5%

センター試験演習量(単位:年分):国語 25年|地理B 25年|数Ⅰ・A 10年|数Ⅱ・B 10年|物理 10年|化学 10年|英語 20年

対策スタート時の戦略

12月中は過去問演習を、1月からは予想問題を解く
 国立大の医学部志望だったので、センター試験は非常に重要だと考えました。国語(古文・漢文)や地理は9月頃から少しずつ始め、ほかの科目は 12月初めくらいから本格的に対策を開始しました。12月中はセンター試験の過去問を中心に演習し、出題傾向をつかむようにしました。1月頃からは各予備校が出している予想問題集を解いて、自分の成績のレベルを上げていきました。数学と理科は得意だったので、解いていくうちにほぼ満点を取れるようになりました。そこで、数学と理科の勉強時間を減らして、あまり点数が伸びなかった国語と地理の勉強時間を増やしていきました。

この学習が効果的!

《古文・漢文》基本的な文法や単語をきちんと頭に入れておく

《数学》本番は緊張するので、50分以内で解く練習を積む

《理科》見直しの時間をしっかりとり、できるだけミスを減らす

セ試 高得点への学習法

苦手科目

国語

 12月中の得点は6割から7割を上下していました。1月になり、古文・漢文は満点近くとれるようになっていきました。古文、漢文は、苦手というより、今まで勉強してこなかったためによい点数が取れず、苦手意識がありました。そこで、基本的な知識を頭に入れつつ、センター試験の過去問を解いていったところ、出題傾向がわかり、点数も一気に伸びていきました。また、覚えていない問題が出てきたら、自分が使っている参考書を見て、その範囲をもう一度復習し、インプットすることを心がけました。
 現代文は最後まで得点が安定しませんでしたが、評論の漢字や小説の語句の意味を答える問題では、参考書を使って満点が取れるように努力しました。

得意科目

理科

 化学は知識が抜けていた部分もあったので、その分野を、参考書などを見ながら復習しました。
 物理は、間違えた問題があった場合は、その間違いが計算ミスなのか、自分の知識が足りなかったのを考えるようにしました。計算ミスの場合は、次から気をつけるようにし、知識が足りない場合は、参考書を見て復習しました。

数学

 なるべく公式を丸暗記して、問題を解いている時にすらすら公式が出てくるようにしました。そうすることで、問題を解く時間の短縮になり、見直す時間ができました。苦手科目の点数が伸びず、得意科目より苦手科目の対策が急務だったため、理科も含め1月にかけて徐々に解く量を減らしていきました。

この記事は「蛍雪時代(2015年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2020年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、 素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月7日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

【合格体験記】センター高得点者に聞いた! セ試で勝つ!ための対策 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“千葉大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中