page_top

[文系] 過去問を解き、しっかり復習。まとめノートを何度も見直す

  • 【合格体験記】センター試験 「残り60日」追い上げ学習法
  • [2015/12/1]

大阪大学 法学部 法学科 W・Kさん

2015年入学
山口県立下関西高校 2014年卒 男
得意科目:日本史、英語
苦手科目:数学

センター試験結果:
総合点 …838点/950点 得点率…88% 国語 170点/日本史B 94点/倫理、政治・経済 93点/数学I・A 84点/数学Ⅱ・B 56点/化学基礎 50点/生物基礎 43点/英語(筆記)198点/英語(リスニング)50点

入学大学 配点比率:センター試験 50%|個別試験 50%

科目別 学習時間の配分:国語30%|日本史B15%|倫理、政治・経済15%|数学Ⅰ・A15%|化学基礎5%|生物基礎10%|英語10%

●「残り60日」で活躍したアイテム ベスト3:

記事画像

残り60日のセンター対策

過去問演習で弱点や知識が不十分な部分を確認し補強
 基本的には過去問を中心に勉強していました。過去問を解いて解きっぱなしにするのではなく、自分の弱点やまだ知識が十分でない部分を確認。しっかり復習するために、復習の時間を多めにとって、平日は毎日2科目ずつくらいのペースで過去問を解いていました。復習の時には間違えた問題はノートにまとめておき、あとから何度でも見直せるようにしていました。また、過去問を解く際は、マークの練習も兼ねて必ずマークシートに解答するようにしていました。
 模試は本番と同じように緊張感のある中で受験することになるので、本番を想定して時間配分の調整の練習もしていました。受験後の復習にも重点をおき、模試の後に2・3日間かけてじっくりと解答を読んで復習していました。
 センター試験を目前にして焦りもありましたが、夜遅くまで勉強しても体調を崩したり、次の日の授業や自習に集中できなくなる原因になるだけだと思いました。できるだけ早く寝て、その代わり朝早めに起きて勉強するようにしていました。また、センター試験まで残り少ないからといって、悲観的になるのではなく、「残りの日数でまだまだ点数が伸びる」と自分に言い聞かせて、ポジティブな姿勢で日々勉強するようにしていました。

科目別 私のセンター学習法

日本史B

教科書を読み込んで地図や写真、図表などもしっかり確認
 とにかく教科書を読み込んでいくことが重要だと思います。太字の用語などはもちろんのこと、そうでない本文や教科書の欄外、コラムからの出題もあります。また、地図や写真、図表、史料なども教科書に載っているものは出題されることがあるので、しっかり目を通しておくとよいと思います。また、日本史は似ていて混同しやすい用語や人名が多いので、しっかり区別できるようにしておきましょう。

数学ⅠA・ⅡB

問題量をこなして素早く解くことに慣れておく
 時間との勝負なので、少しでも素早く解けるように、過去問などで問題量をこなし、慣れていくことが大切だと思います。演習の際には、自分が間違えた問題だけでなく、正解した問題でも別解がないか確認し、身につけておくことで、行き詰った時に別の方針に切り替えたり、より素早く解答を求めることができるようになります。また、公式は時間短縮にもなるので、積極的に覚えていく必要があると思います。

化学基礎

教科書で知識を固めたうえで、予想問題で演習
 過去問がなかったため、旧課程の化学から範囲が同じ分野を探して解いたり、予想問題を解いたりしていました。しかし、それではやはり演習量が少ないので、何人かの友人で違う出版社の予想問題を購入し交換して使っていました。計算問題の中には化学反応式などを覚えていないと解けない問題もあるので、まだ知識があやふやなうちは、先に教科書などで知識を固めていくべきだと思います。

生物基礎

覚えるべき用語などは表を作って暗記し、知識の定着を図る
 覚えるべき用語や植物名などがたくさんあるので、自分で表を作って毎日少しずつ暗記したりして、知識の定着を図っていました。また、問題集や模試を解いていると、とくにバイオームの分野などで自分の知らなかった植物名などが出てくることがあります。その場合は、自分で作った表や参考書などに書き込んでいって、積極的に知識を増やしていくことが大切だと思います。

英語

発音・アクセントなどを短期間で対策して、長文対策に力を入れる
 過去問を1年分解くとかなりの時間がかかるので、特定の苦手分野がある場合は、その分野だけを何年分も解いていったほうが効率よく苦手を解消できると思います。また、発音とアクセントや文法問題は知っていれば即答できる問題であるうえ、比較的短期間で対策しやすい分野でもあります。そのため、これらの分野を重点的に対策しておき、長文問題などに十分な時間を充てられるようにすればよいと思います。

受験生へのアドバイス

自分を信じて、復習に徹しよう!

新課程になっても、教科書の範囲内から出題されることは変わりませんし、ほかの受験生も同じ条件で受験することになるので、神経質になる必要はないと思います。旧課程の過去問なども範囲が同じ部分は参考になると思うので、しっかり過去問などで対策をしていけば大丈夫だと思います。また、直前期になると不安になりますが、それまでに自分がやってきたことを信じて、復習に徹したほうが、より確かな知識が身について、よりよい結果につながると思います。

センター理科は、A~Dのどのパターンで受験?

文系大学の多くが要求するAパターンに

理科はAパターンで受験しました。その理由は、文系の大学の多くはAパターンでの受験を要求しており、私の志望校の受験にもAパターンでの受験が必要であったのと、範囲の狭い基礎を付した科目のほうが、対策がしやすいと考えたからです。

(注) センター試験の理科は、以下のA~Dの選択方法のいずれか1つで受験しなければならない。
  A=物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目選択。
  B=物理、化学、生物、地学から1科目選択。
  C=物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から2科目選択、かつ物理、化学、生物、地学から1科目選択。
  D=物理、化学、生物、地学から2科目選択。

この記事は「蛍雪時代(2015年12月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】センター試験 「残り60日」追い上げ学習法 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“大阪大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

7月のテーマ
毎月中旬更新

現役合格のために[失敗]を[成功]へつなぐ術!

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中