page_top

私立学内併願型/地元志向 併願校は1校に絞り学内併願をして対策の手間を省く

  • 【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集
  • [2015/11/1]

大分大学 工学部 応用化学科 [2015年入学] Y.Yさん

福岡県・東福岡高校 2015年卒 男
得意科目:国語
不得意科目:物理

センター試験結果:
国語148点/地理B49点/数学Ⅰ・A 58点/数学Ⅱ・B 49 点/物理 55 点/化学 60 点/英語(筆記)120点/英語(リスニング)44点 583/950点 得点率61%

併願のポイント

国立大対策に専念するため併願校を1校に絞る
 私は国立大志望だったため、あまり私立大を受ける気はありませんでした。しかし、親や先生から勧められたので、国立大に専念するために福岡大1校に絞り、センタープラス型入試と一般入試を受けることにしました。福岡大は自宅から近く、社会に出てからも役立つような講義がたくさんあったので、自分にとってプラスになると思いました。

問題傾向をつかみ落ちついて勉強に臨む
 併願の成功点は、受験校を1 校に絞ったことだと思います。なぜなら、そうすることで入試問題の傾向がつかみやすくなり、入試までに勉強するべきところがわかってくるからです。また、たくさんの大学を受験する人よりも、慌てずに落ちついて勉強に臨むことができました。

併願成功へのアドバイス

合格確保校を1校押さえて第一志望校に全力投球!
 確実に受かる大学を1校押さえておいて、後は自分の行きたい大学の勉強に全力を尽くすとよいと思います。今の自分の成績では難しい大学でも、過去問の傾向をつかんで対策をしっかりすれば、十分間に合います。大分大の入試は過去問11年分を3・4回解きました。それによって傾向が把握でき、余裕をもって試験に臨むことができました。最後まで全力を尽くして頑張ってください。

受験費用&労力軽減の工夫は?

ネット出願や学内併願で受験費用を抑える
 併願校を1校だけに絞ったことで、もっとも費用を削減できたと思います。しかし、それ以外にもネット申し込みや学内併願をすると安くなる制度を使うことで、より費用をかけずにすむと思います。

併願スケジュール

記事画像

この記事は「蛍雪時代(2015年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“大分大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中