page_top

《国立・第一志望》2校強気型/他県志向 自分の学力や本命校のレベルを考慮したうえで併願校を絞り込む

  • 【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集
  • [2015/11/1]

東京工業大学 工学部 [第5類] [2015年入学] T.Sさん

東京都立八王子東高校 2014年卒 男
得意科目:化学
不得意科目:国語

センター試験結果:
国語134点/倫理 、政治・経済 61 点/数学Ⅰ・A 100 点/数学Ⅱ・B 90点/物理 96 点/化学 87 点/英語(筆記)192点/英語(リスニング)48点 808/950点 得点率85%

併願のポイント

国立大前期試験の練習として受験
 私は東京出身で、東京には私立大学がたくさんあるので地元志向でした。併願校を選ぶ基準としては、自分の学力レベルや第一志望校の国立大学のレベルなどを考慮したうえで、国立大前期試験の練習として受験しました。あくまでも併願校は第一志望ではないので、併願校の対策のために時間を割きすぎないように気をつけました。

第一志望校の対策を最優先にすること
 私の場合、学力的に余裕があったので、併願校の過去問演習をかなり行いました。しかし、絶対に第一志望校以外は行きたくないという現役生や基礎に不安のある人は、まずは第一志望校に向けた問題演習や基礎力の徹底を行うべきだと思います。とくに併願校によって、受験科目数が変わる人は、第一志望校を優先すべきだと思います。

併願成功へのアドバイス

できるだけ併願校数を絞り自分の勉強に集中すること
 必要以上に受験しないことが大切です。現役で合格したいからと言ってむやみに受けるのは体力的にきついですし、落ちた時には精神的にも辛いと思います。また志望順位が低い大学に入学するのも辛いとも思います。なるべく受験校は少なくして、自分の勉強にしっかり集中し、確実に第一志望校に合格することが重要だと思います。

受験費用&労力軽減の工夫は?

工学系の試験日が少なく、余裕が生まれた
 私は理系なので、早稲田大や慶應義塾大に関しては、工学系の試験日は1日しかありませんでした。必然的に受験する回数は減り、体力的にも余裕が生まれ、受験料も多くはとられずにすみました。

併願スケジュール

記事画像

この記事は「蛍雪時代(2015年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京工業大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中