page_top

《国立・第一志望》2校強気型/地元志向 第一志望校対策が最優先!実力に見合った併願校を厳選して受験

  • 【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集
  • [2015/11/1]

京都大学 総合人間学部 総合人間学科 [2015年入学] N.Yさん

滋賀県立守山高校 2015年卒 女
得意科目:世界史、倫理、政治・経済
不得意科目:国語

センター試験結果:
国語 158 点/世界史B 86 点/倫理、政治・経済86点/数学Ⅰ・A 92 点/数学Ⅱ・B 64 点/生物基礎 48 点/地学基礎 32 点/英語(筆記) 184 点/英語(リスニング) 50 点 800/950点 得点率84%

併願のポイント

第一志望校のレベルに近い大学を選択
 地元志向でしたが、県内にあまり大学がないので、近隣の府の大学を受験しました。あくまで第一志望校を中心に考えて、併願校を選びました。レベル的にはなるべく第一志望校に近く、自分の実力に見合った大学を受けるべきだと思います。自分の実力と同等か少し簡単なくらいの大学が、併願校に適していると思います。

受験校を絞ることで第一志望校の対策に集中
 受験校を絞ることで、併願校の対策に時間をあまり割くことなく、第一志望校の対策に集中することができました。ただ、併願校の一般入試があまりうまくいかず、合格できているかどうか不安な状態が続きました。センター試験利用入試は合格できていると確信をもてることもあるので、これも受験すべきだったと思います。

併願成功へのアドバイス

よくばりすぎず慎重に併願スケジュールを組もう
 入試を迎えるにあたって、不安が大きいとは思いますが、むやみに多くの併願校を受けることは体力的にも精神的にもよくありません。第一志望校の対策を最優先に、併願校を考えるべきです。本番を迎える大切な時期に、しっかりとした計画で臨めることがよい結果につながるので、自己分析のうえ、慎重に併願について考えてください。

受験費用&労力軽減の工夫は?

併願校の入試問題を事前にチェック
 第一志望校の勉強の妨げにならないよう、併願校数は最小限に絞りました。また、併願校の入試問題を本番の入試の2か月ほど前に傾向を知る程度にみておくことで、入試直前になって焦らずに済みました。

併願スケジュール

記事画像

この記事は「蛍雪時代(2015年11月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】合格者タイプ別 「併願」実例集 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“京都大学”の関連記事一覧

特別企画

今月の入試対策

supported by螢雪時代

11月のテーマ
毎月中旬更新

[決めよう! 理想の合格パターン]併願&受験校決定

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中