page_top

記述の解法を再確認し、時間配分を決めて演習・復習を繰り返す

  • 【合格体験記】合格へラストスパート 私の[個別試験]クリアへの道

[前期試験]合格!九州大学 農学部 生物資源環境学科 A・Sさん

鹿児島県立加世田高校 2013年卒 女

2014年度個別試験科目:数学、生物、化学、英語
志望校個別試験対策の本格開始時期:1月(センター試験後)
志望校の過去問演習量:4年分
センター試験の得点:683点/950点満点

 浪人時代、予備校に通えず、自分ひとりで勉強。周りに頑張り合える仲間もいなければ、ライバルも身近にいないといった状況の中で、モチベーションを維持するのに苦労した。いちばん辛かったのは、浪人したにもかかわらず、センター試験結果がE判定だったこと。志望校に合格できるか本当に不安だっただけに、掲示板に受験番号を見つけた時は、「個別試験で逆転できたんだ!」という喜びでいっぱいになった。

個別試験のpoint

《数学》数学Ⅲ・Cの対策が中心。忘れそうな問題、苦手な問題を再度解いて、解法を確認する
《英語》英文をたくさん読み、使えそうな表現を抜き出して自由英作文対策に役立てる
《生物》解く→解答・解説を読むプロセスを繰り返し、知識を定着させる

受験生時代の反省点

・ 現役時代、学校で出された課題にとらわれすぎて、いつの間にか自分のしたい勉強が後回しになってしまった。
・ 浪人時代、無理をして、風邪をひいてしまい、勉強にうまく打ち込めない期間ができてしまった。

対策のpoint!

 難関大(理系学部)の個別試験では、とくに数学Ⅲ・Cが難しいため、主にその復習をしました。あらかじめ、忘れていそうな問題や苦手な分野の問題に印をつけておいて、センター試験後に、その問題をもう一度解きました。これによって、センター試験対策の間に忘れかけていた数学Ⅲ・Cの解き方を、個別試験までに再確認することができました。
 英語は、参考書や問題集と並行して英字新聞をひたすら読んで、量の多い英文に慣れるようにしました。その際、自分では思いつかなそうな英語の表現は、専用のノートに書き出しておいて、自由英作文などで使える表現を増やしていきました。
 化学は化学Ⅱを徹底的に復習。生物は問題集を解く→解答・解説を読むことによって、知識を定着させました。

解答のpoint!

 数学は、解答用紙にどこまで詳しく書けばよいのかがポイントだと思います。細かい計算は解答用紙には書かず、問題用紙の余白に書いて済ませておくと、採点者にとって見やすい解答になります。
 英語は、あらかじめ大問ごとに時間配分を決めておくことがカギです。九州大の英語は120 分で5つの大問があり、近年では、大問1~3が長文読解、大問4が自由英作文、大問5が英訳という傾向にあります。過去問演習では私は、大問1~3・5は20 分ずつ、大問4は40 分のペースで解くようにしていました。
 九州大の理科は、120 分で2 科目を解かなければならず、入試年度によって大問数の変動があります。試験が開始したら、まず2科目それぞれの大問数を確認し、そこから大問1 つにつき、何分かけられるかを割り出しましょう。

記述式問題が苦手な人へ

 私はマーク式がものすごく苦手で、逆に記述式は比較的得意でした。それは、「何かしら書きさえすれば点がもらえるかもしれない」という安心感があったからです。マーク式では“わからない”問題にあたったとき、適当にマークしても安心感を得ることはできませんが、記述式なら、“部分点をもらえる可能性がある”と思うことで、心に余裕をもって試験に臨めます。
 入試でもっとも大事なことは、“自分が持つ力を本番で100 %出す”ことです。自信がない問題でも、空白を作るのはできるだけ避けてください。理科系の科目では、普段から参考書、資料集に目を通し、重要なキーワードが頭に入っている状態にしておきましょう。完璧な文章にできなくても、カギとなる用語が使われていれば、点数は稼げます。“1点でも多く取る”という意識が大切です。

記事画像

受験生へ応援メッセージ

 「もし、志望校に落ちてしまったら…」という不安は、受験生なら誰の心の中にもあるはずです。現役時代の私がまさにそうでした。受験生の皆さんは、今まさに、センター試験結果を受けて、志望校をどうするか悩んでいる時期だろうと思います。どうか失敗を恐れないで、後悔のない道を選んでください。応援しています。

この記事は「蛍雪時代(2015年2月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

合格体験記 記事一覧

“九州大学”の関連記事一覧