page_top

[文系] 強化すべき科目を見極め、時間を有効活用して演習に専念

  • 【合格体験記】センター試験直前の年末・年始 私たちはこう過ごした!
  • [2015/1/1]

一橋大学 社会学部 社会学科 O・Tさん

2014年入学
東京都立武蔵高校 2014年卒 男
得意科目:英語
苦手科目:数学

センター試験結果:
総合点 775点/950点 得点率 82%
国語 119点/日本史B 100点/倫理、政・経 90点/数学I・A 76点/数学II・B 62点/生物I 92点/英語(筆記)186点/英語(リスニング)50点

記事画像

チカラになった言葉:「現役生は最後まで伸びる」
高校の先生方にかけていただいた言葉。入試までに十分な実力がつくか不安でしたが、この言葉を信じて頑張りました。

志望学部の得点傾斜を考え、年明けからは生物に集中

 苦手な数学は、この時期から毎日数学I・A、数学II・Bともに1年分ずつ過去問を解き始めました。また、志望学部の得点傾斜の関係上、生物で満点を狙いたかったので、年明けに生物Iの過去問を集中的に解くと決め、それまでに生物の基礎を復習。ほかの科目はひと通り仕上げることにしました。予想問題を使い、すべて本番よりも時間を短く設定して解いていました。

励ましあえる友人は心強い存在に

 12月上旬に受けたセンター模試の成績があまりよくなかったので、それを挽回することだけを考えていました。基本的に自宅で勉強していましたが、友人とは定期的に連絡を取っていました。励ましあえる仲間がいたのは心強かったです。人は睡眠中に記憶を整理すると聞いたので、就寝前の30分程を英単語やそのほかの暗記にあてていました。

センター科目別 解法のポイント

倫理、政治・経済

 暗記にかかっている部分が大きいので、根気よく覚えるのがいちばんの対策だと思います。参考書や問題集に出てきた用語をひたすら書いて覚え、過去問など本番と同レベルの正誤問題を解くことで、内容が理解できているかを確認しました。時事問題や一般常識、教養に近い問題もあるので、普段から時事問題に関心を寄せていれば、新聞などから得た知識に助けられることがあるかもしれません。

生物

 過去問を大問ごとに分けて解いていました。まず第1問のみ20回分をさかのぼって解き、それが終わったら第2、3問…という順番です。その際、毎回問題を解き、解説を読んだ後に、教科書の該当範囲を必ず見直すようにしていました。過去問を解いていけば出題傾向が大体わかりますが、そこから外れた問題が出ないとは限らないので、過去問だけに偏らないよう気をつけました。

英語(筆記)

 発音・アクセント問題や文法問題の対策を、それぞれ専用の参考書を利用して行いました。第1、2問は発音や語法を知っているかを問う単純な知識の問題なので、ここで時間をかけずに解答できれば、読解問題に多くの時間を費やせます。読解は個別試験向けの勉強で十分です。試験時間より10~20分ほど短い時間ですべての問題を解く練習を定期的に行っていました。

英語(リスニング)

 普段からラジオの語学番組を聴くなど、英語の発音に触れる機会を設けていました。リスニングの試験では、設問の説明をしているときや、1回目に答えがわかった場合の2回目の放送などの空いた時間に次の問題の選択肢を読み、理解するのと同時に問題を予想しておくと、余裕をもって解答できます。これを確実にできるようにするために、予想問題を数回分解きました。

センター試験 当日までをレポート

クリスマス :のこり 24日
 予備校で数学の講習を受ける予定でしたが、自分の学力がそのレベルに達していないと思い、事前にキャンセル。終日自宅で過ごし、普段通りに勉強していました。

おおみそか :のこり 18日
 午前中は自宅で学習し、午後は予備校で日本史の講習を受け、夜10時頃に帰宅。夕食をすませてからは、家族とテレビ番組を観るなどしてくつろいでいました。

正月 :のこり 17日
 おせちを食べたほかに正月らしいことはとくになし。正月から生物Iの過去問を解いていくと決めていたので、最初の5日間の大半は生物の勉強に費やしました。

センター前日 :のこり 1日
 やるべきことはやっていると思っていたので、とくに焦ったり緊張することはありませんでした。午前中は数学の勉強を進め、午後に試験1日目の科目の予想問題をひと通り解きました。おおむねよい成績でしたが、冬休みの間あまり触れていなかった国語の点数が振るわず、少し嫌な予感がしました。

センター当日朝 :のこり 0日
 同じ教室に同級生がたくさんいたので、あまり緊張せずに試験に臨めました。最初に受けた日本史Bでよい点数が取れたと確信できたので、次の科目からは気持ちがいくらか楽になりました。うまくいかなかった科目のことは気にせず、目の前の科目にだけ集中するようにしていました。

この記事は「蛍雪時代(2015年1月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【合格体験記】センター試験直前の年末・年始 私たちはこう過ごした! 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“一橋大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中