page_top

2018年 推薦・AO入試特集:「面接」傾向徹底分析!

  • 推薦・AO入試はこう行われる![2018]

推薦入試とAO入試は、両方合わせて大学入学者の4割以上を占める、受験生にとってひとつ目の“ヤマ場”だ。ここ数年と同様、2018年度も東京医科歯科大・一橋大など、推薦・AO入試の拡大が続く。推薦・AO入試がどう行われるのか、概略を押さえ、早めの対策に役立てよう。


※【推薦・AO入試はこう行われる![2018]】記事は、「推薦・AO入試の形態はこうなっている」「これが2018年『推薦・AO入試』のタイムスケジュールだ」「推薦入試」「AO入試」「書類審査」「小論文」「面接」の7部構成になっています。


志望動機や将来の進路の質問では、「やる気」を示す。
学科・専攻関連質問では適性を、口頭試問では解答へのプロセスを重視!

個人面接とグループ(集団)面接がある

 面接は、推薦入試やAO入試の最終関門だ。
 面接には、個人面接とグループ(集団)面接がある。個人面接は受験者1名に対し、面接者2~3名、または1名で行われる。グループ面接は受験者2~3名、または4~8名に対し、面接者1~2名、または3~4名で行われる。
 個人面接では、面接者から一問一問質問される。グループ面接では、個々に同じ質問が繰り返されたり、あるテーマについてグループ討議させられたりする。最近は、このグループ面接を実施する大学・学部が増えてきている。
 面接時間は、個人面接が5~30分程度、グループ面接が20~60分程度となっている。
 面接はふつう、「面接カード」(図表14)の記入から始まる。質問はこの面接カードや出願時に提出した調査書・志望理由書の内容に基づいて行われる。また、AO入試の面接(面談)では、大学側の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)による「期待する学生像」の視点から審査されることになっている。


志望理由、将来の進路、高校生活の思い出は必ず聞かれる

 面接の質問内容は、一般質問と学科・専攻に関する質問、口頭試問(小論文に関連する質問を含む)のおよそ3つに大別される。最近は、口頭試問や小論文関連の質問が多くなっている。
 一般質問では「志望動機・理由」「将来の進路と希望」「高校生活の思い出について」という3つの質問は必ず聞かれる。これらの具体的な質問例は、以下の通りである。

項目具体的な質問例
志望動機・理由●なぜ本学・学部を選んだか
●なぜ推薦入試を受験したか
将来の進路と希望●本学で何を学びたいか
●将来、どんな仕事をしたいか
高校生活の思い出●高校生活の思い出は何か
●あなたの高校はどんな高校か

 これらの質問・応答を通して、学問・研究に対する意欲や資質、人物・人間性、判断力や表現力などが総合的にチェック・確認される。特に、志望動機・理由に関する質問では、動機の具体性、目的意識の強さ、学部・学科内容の理解度などが最も重視される。
 学科・専攻関連の質問では、各専門分野の基礎知識や一般常識などについて問われる。例えば、経済学部ではグローバリゼーション、円高・円安、TPP、マイナス金利、消費税率引き上げ、所得格差など、医学部では再生医療、遺伝子治療、感染症、放射能汚染対策、地域医療などに関する質問が想定される。
 これらの質問・応答を通して、学習・研究に対する意欲や資質、学科・専攻に対する適性などを見られる。

口頭試問は、解答へのプロセスを重視

 口頭試問は、面接者が学科・専攻に関連する質問を出し、受験者はその場で答えるもの。工学部や理学部など、理系の大学・学部に多い。
 質問は学科・専攻関連の基礎的な知識や常識を問うものや、面接の前に実施した小論文や学力試験に関するものが多い。また、図や写真、グラフを示して質問したり、簡単な計算や実験をさせたりする。計算などの場合、黒板やホワイトボードを使用したりもする。
 これらの問答や作業・態度を通して、受験者の素質、適性や意欲を多角的にとらえようとするのが、大学側のねらいである。ここでは、解答結果よりも、解答に至るまでのプロセスが重視される。

面接者3名中2名が、D判定以下なら不合格

 図表15は、私立B大学国際関係学部の「推薦入学選考(公募制)面接所見」である。「1.高校生活について」「2.大学生活について」「3.国際関係に関する関心・知識について」の3項目で、それぞれ目的、観点、評価(5段階)が設けられていることがわかる。
 さらに、図表16は私立C大学医学部の面接基準である。この場合もやはり5段階評価で、「A=10点、B=7点、C=5点、D=3点、E=1点」と換算し、面接者3名で総合評価(30点満点)を行う。このとき、面接者3名のうち2名がEかDかの評価をした場合、調査書や小論文の成績がよくても不合格となるケースがある。

この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。



蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

推薦・AO入試はこう行われる![2018] 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧