page_top

合格先輩のノート公開!【数学】《解法を理解するノート術》K・Aさん:東京大学

  • 記憶するノート術 考えるノート術
  • [2017/6/23]

記憶、読解、解法。受験に欠かせない3つの力。
これら力を飛躍的に伸ばしたノートの書き方をここに公開しよう!
先輩が受験勉強の中で磨き上げたノート術。
これを知るか知らないかで今後の学習効果は大きく変わるだろう。

記憶するノート術考えるノート術(現在のページ≪黄色≫と全ラインアップ)

  • まとめて覚えるノート術

    世界史

    化学

    多科目

    の先輩ノート

  • 読解力を上げるノート術

    英語

    英語

    古典

    の先輩ノート

  • 解法を理解するノート術

    世界史

    数学

    数学

    物理

    の先輩ノート

東京大学 文科二類 2年 K・Aさん
(東京都・桜蔭高校卒)


このノートの使い方

 これは予備校の授業用ノートです。復習のしやすさを重視し、その問題を通して身につけるべき事項や要点などを色分けして記入し、もう一度解く際の手がかりになるようにしました。さらに、先生が口頭でおっしゃった解法のポイントもピンク色で記入しました。また、図やグラフはなるべく定規を使って丁寧に描き、後から見たときに見やすいノート作りを心がけました。
 復習の方法としては、ノートにまとめた解法を見ながら、すべての問題を解き直しました。このノートは解法を系統立てて覚えるのに大変役立ったと実感しています。ノートを作る前は東大模試で80点中2点しかとれないこともありましたが、入試本番では40点を越えることができました。

ノートの意義

 私は、ある先生に言われた「ノートは自分だけの参考書だ」という言葉が好きです。例えば授業用のノートであれば、後から自分が見やすいようにレイアウトや配色を考え、先生のおっしゃったポイントを記入し、細かい資料はコピーして貼る、というように、手間をかけるほどそのノートへの愛着が湧き、知識も身につくと思います。何よりも、そうやって作ったノートは、思うように学力が伸びず弱気になっているときに、「自分はこれだけがんばって勉強したのだ」という心の支えになります。
 ノートを作るのは面倒だと感じるかもしれません。教科書や参考書を読んでそこに書き込めばいいという人もいると思います。でも、自分が見やすいノートを作ることで、より内容が印象づけられ、自分の力になるはずです。ノート作りをおざなりにすることなく、自分だけの最高の参考書を作ってください。

こんなノートはダメ!

 ノート作りの際に注意すべきことは、「色の使いすぎ・間隔の詰めすぎ・丸写し」の3点です。
 カラフルなノートは作成している最中は華やかで楽しいですが、紙面に統一感がなくなりがちで復習しにくい、という難点があります。使う色は少なめにし、色分けのルールを決めておくといいと思います。
 間隔を詰めすぎているノートは見づらく、内容の区切りがどこにあるのかもわかりづらいもの。後から気づいたことなどを書き込めるように、ある程度のすき間を空けておくといいと思います。
 板書を写しただけのノートも、インパクトが弱いです。大事なことはすべて黒板に書いてくださる先生もいますが、やはり自分の言葉で書かないと印象には残りづらいものです。ノート作りを機械的に写すだけの受動的な作業にしないことが大切です。

編集部 CHECK!
このノートの良いところ

配色とレイアウトが見やすい
解法を系統立てて覚えられる
復習時に要点がわかりやすい



この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・11月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

記憶するノート術 考えるノート術 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中