page_top

合格先輩のノート公開!【数学】《解法を理解するノート術》K・Tさん:東京大学

  • 記憶するノート術 考えるノート術

記憶、読解、解法。受験に欠かせない3つの力。
これら力を飛躍的に伸ばしたノートの書き方をここに公開しよう!
先輩が受験勉強の中で磨き上げたノート術。
これを知るか知らないかで今後の学習効果は大きく変わるだろう。

記憶するノート術考えるノート術(現在のページ≪黄色≫と全ラインアップ)

  • まとめて覚えるノート術

    世界史

    化学

    多科目

    の先輩ノート

  • 読解力を上げるノート術

    英語

    英語

    古典

    の先輩ノート

  • 解法を理解するノート術

    世界史

    数学

    数学

    物理

    の先輩ノート

東京大学 理科二類 1年 K・Tさん
(福井県立武生高校卒)


このノートの作り方

 このノートは、壊滅的に苦手だった数学を何とかしたいと思い作成した、数学の「解法辞典」です。これを参照すればどんな問題でも解けるようなノートにすることを目標にしました。
 まずは、典型問題を集めた問題集を一通り解き、基本的な解法や方針をこのノートにまとめ直しました。各分野について、頻出度順に解法や定義、公式などを列挙し、重要なことは赤、補足説明は紫、それより重要度の低いものは緑と、色分けをして書きました。
 次に、このノートを参照しながら、大学の過去問や模試の問題を解いていきました。そして、自分の知らない解法に出合う度に、ノートに書き足していきました。ノートに一つ解法が増える度に一つ安心材料が増えていく。私にとってこのノートは、そんな力強い相方でした。数学で効果を実感できたため、物理・化学についても同様のノートを作り、とくに物理は成果が上がりました。

このノートの成果

 解法を徹底的に頭の中にたたき込んでいくうちに、基本が体に染みついて典型問題は落とさないようになり、解けない問題が確実に減っていくのを実感できました。さらに、問題に見通しを持って取り組むことができるようになっていきました。苦手だった数学ですが、才能ではなく努力でなんとかなるということを実感できました。
 受験会場に持っていくつもりで、ノートの冒頭には「問題を視覚的に捉える」などの数学の心構えも書いていました。実際、センター試験にも2次試験にも持参し、本番直前までこのノートを見ていました。

ノートの意義

 何の目的のためにどんなノートが必要かを考えれば、自ずと自分に合ったノートのかたちが見えてくるはずです。例えば私が重視したのは、更新のしやすさです。ノートを作っているうちに編集方針が変わったり情報を追加・削除したくなったりということはよくありますが、ファイルタイプだと順序の入れ替えや追加が自由にできるので便利です。
 また、「紙に書く」という行為には、大きな意義があります。紙に書くことで、自分の頭の中では扱いきれなかったものを対象化できるのです。それがノートの強みです。受験勉強では頭の中に情報をインプットすることを重視しがちですが、それより大事なのは、その情報の使い方を知っているということです。数学で言えば、公式や定理を覚えることではなく、それをどう使うかという解法こそが重要なのです。ノートを活用して自分の頭の中にプログラムを作るようなイメージで、勉強をするといいと思います。

編集部 CHECK!
このノートの良いところ

情報を追加しやすく探しやすい
重要な解法が1冊に集約
重要度が明確



この記事は「螢雪時代(2017年6月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・8月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

記憶するノート術 考えるノート術 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧