page_top

大学合格者のノウハウを公開!教科別苦手克服法!【理科】

  • 大学合格者のノウハウを公開![教科別]先輩たちの苦手克服法

大学合格をつかみとった先輩たちも、さまざまな苦手を抱え、苦手と格闘しながら実力を合格レベルへと引き上げている。
ここでは、そんな先輩たちが教えてくれた苦手克服のノウハウを教科別に紹介する。

Q 理科で苦手だったことは?※複数選択



Q 深刻な苦手理科嫌いの克服法は?

●教科書を読み込み、単元ごとに全体像をつかむことから始めると、理解を深めやすい。(明治大・女)
●物理は、まず公式をきちんと理解したうえで、確実に覚えることが大切。(信州大・女)
●物理は、力学など基礎中の基礎を固めることが大事。基礎が揺らいでいると、いくら問題をたくさん解いても伸びない。(法政大・男)
●物理は、まず力学を完璧にする。その後、他の分野の学習を進めていくと、関連するところも多く、理解しやすい。(成蹊大・男)
●化学は、狙われやすい出題分野が決まっていて、解き方にパターンのある問題が多いので、頻出例題や解説の解法をまねるところから始めるとよい。(東北大・男)
●化学は、色や匂い、分子の構造など、図や表で視覚的に記憶するのがオススメ。(信州大・女)
●科学雑誌の生物の基礎知識をまとめている号を読んだ。図がわかりやすく、科目への興味を高めることができた。(北海道大・女)
●地学の学習内容がピンとこない人は、図表を利用して、ビジュアルのイメージを関連づけて理解するとよい。(京都大・女)

Q 基本理解知識習得の秘訣は?

●理科の公式は、文字列として暗記するではなく、意味を考えながら頭に入れる。(京都大・女)
●物理は、公式をただ暗記するのではなく、教科書を見ながら自分で公式を導出してみると、理解を深められる。(名古屋大・男)
●化学で教科書の語句の説明がわかりにくい場合は、自分で図や絵を描いてみるとよい。(東京大・女)
●化学は、教科書を3日で2~3周くらい一気に通読すると効果的。それで基本がわからなければ、書き込み式ノートなどで知識を確認・補強する。(東京薬科大・男)
●生物は、教科書ベースで勉強するのが一番。本を読むのが嫌いじゃない人は、現象などの状況をストーリーのようにイメージしながら教科書を読む。読むのが苦手なら、一問一答集などで用語を覚え、用語の周辺知識を調べる辞書的に教科書を利用するとよい。(東北大・男)
●生物は、例えば「今、緊張しているのは交感神経が働いているから」など、自分の体の中での現象を具体的にイメージすると、とっつきやすくなる。(名古屋大・女)
●地学は覚えることが多いので、暗記事項のコピーをよく目につく場所に貼っておく。(鹿児島大・男)

Q 問題の解法のコツをつかむ秘訣は?

●物理の問題は、問題文の状況を図示すると、解答の糸口がつかみやすくなる。(芝浦工業大・男)
●物理は、問題をひと目見て公式が思い浮かぶようになるまで、練習を重ねるとよい。(信州大・女)
●物理で扱うのは自然現象なので、まずは解法パターンよりも物理的現象そのものの理解を深めることを優先する。(明治大・男)
●化学は、無機・有機分野は知識中心だが、理論分野は計算が中心。典型問題のパターンと解き方をひと通り学んで、即座に解法が浮かぶようにするとよい。(名古屋大・男)
●化学は同じような知識が違う視点から問われるので、いろいろな問題に触れ、間違えたら解法などを書きとめておく。(首都大学東京・女)
●生物は、まず各現象の理屈を頭に入れたうえで、典型問題を繰り返し解いて解法をマスターする。(東京農工大・男)
●生物の実験問題は、実験の条件が何を意味しているか、問題演習をした後にしっかり復習しておくべき。(名古屋大・女)
●地学の計算問題は、少し難しめの記述式の問題集で慣れておくと効果的。(鹿児島大・男)

Q 理科の苦手分野を克服できた?※苦手分野があった人のみ



苦手から抜け出せない!
理科NG学習法

●物理は、とりあえず公式に当てはめるという安易な考えは絶対にダメ。問題で取り上げている現象の部分および全体で何が起きているのかを把握できるように、公式の意味を理解するべき。(東京大・女)
●化学は、反応状態などを一つひとつの対応で覚えていると、すぐに混同してしまうので要注意。関連づけて覚えることが大切。(明治大・男)
●生物は覚えることが多いので、最初からすべてを覚えようとすると挫折しかねない。一分野ごとに知識を確実にしていくことを目指すべき。(大阪大・男)
●暗記だけに頼った勉強をして原理を理解していないと、特に記述問題は解けない。正しい理解に基づく知識を増やす努力をすること。(東京農工大・男)
●難しい問題の解法を覚えれば、どんな問題も簡単に解けるようになると思って、いきなり応用問題に着手。時間をムダにしただけだった。(名古屋大・男)

この記事は「螢雪時代(2017年7月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

大学合格者のノウハウを公開![教科別]先輩たちの苦手克服法 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧