page_top

(大学合格者の実態)併願校の選択基準

  • 先輩たちはどうした? 徹底調査 これが「併願」の実態だ!

大学合格を手にした先輩たちは、どのような併願作戦で受験に挑んだのだろうか?
『螢雪時代』編集部では、大学合格者にアンケートを実施。併願の実態を徹底調査した。
さまざまなデータや実体験に基づくアドバイスから、必勝法を見いだしてほしい。


Q 併願校選びで重視したポイントは?
(複数選択/併願受験者のみ)


    先輩の傾向!
   入試条件中身も吟味して、
   後悔しない大学を併願する

Q 併願戦略や大学選びでこだわったことは?

自分のやりたい勉強ができるという点に一番こだわって希望に合う大学を探し、そのうえで過去問を解いて、学力的な相性がよい大学を選んだ。(早稲田大・男)
併願校も見学に行って、入学したいと思える大学を選んだ。知名度が高く、就職に有利であることも考慮した。(京都府立大・女)
●知名度、難易度ともに、その大学に入学することになっても悔いが残らないと思える併願校を選ぶことを重視した。(神戸外国語大・男)
●各大学の過去の入試の難易度や倍率、出題傾向、各科目の配点などを調べ、得意科目の配点が高いなど、自分に有利な条件で受験できるところを併願した。(青山学院大・女)
●センター試験後、緊張感を維持できるよう、センター試験と2次試験のどちらにも近すぎず、遠すぎずの日程で、希望する学部のある大学を受験した。(大阪市立大・女)
●併願校は、第一志望の試験日と近すぎず、同じ科目で受験できて、本当の力試しができる難易度の大学・学部を選択した。 (京都大・男)


Q 併願校に入学する意思は?
(併願受験者のみ)


    先輩の傾向!
   入学意思のある大学を選び、
   無駄な併願はしない


Q 受験にかかる費用の軽減を考えた?
(併願受験者のみ)


    先輩の傾向!
   受験のコスト軽減にも配慮し、
   経済的に無理のない併願を実現

最善の併願を実現するために
多角的な視点でプランニング

 前でも述べたが、併願の目的をひとことで言えば、多くの受験生にとっては、“一発勝負のリスク回避”ということになるだろう。だが、大学合格者のデータから彼らの併願を紐解くと、そうした単純なひとことでは言い表せない、さまざまな目的や狙いが見えてくる。併願の目的を単純に万が一の“滑り止め”と思っている人は、考えを改めたほうがいいだろう。
 先輩たちの多くは、適切な受験スケジュールや難易レベル、受験対策のことなどを幅広く考慮して、各自の目的に合った併願を模索している。それとともに、実際に入学しても後悔しないよう、学べる内容など各大学の中身もきちんと確認している。先輩たちのように、多角的な視点で最善の併願をプランニングしよう。


編集協力◎エディキューブ   

この記事は「螢雪時代(2016年11月号)」より転載いたしました。


螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

年間10か月以上(2018年3月号までの範囲で継続)定期購読される方が対象です。 「5月号(発売中)から2月号まで」あるいは「6月号(5/13発売)から3月号まで」のどち らでも、お申込みいただけます。 ぜひ、ご利用を!

先輩たちはどうした? 徹底調査 これが「併願」の実態だ! 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧