page_top

◎合格先輩に学ぶ!《ああ後悔!夏の失敗エピソード》大ざっぱ計画タイプ

  • ああ後悔!夏の失敗エピソード

誰しも失敗はする。大切なのは、それをどう反省し、その後の勉強に活かしていけるかだ。
ここでは、志望校合格を決めた先輩たちに、夏休みの学習・生活で失敗してしまったエピソードを教えていただいた。
貴重な体験談を参考に、受験の天王山「夏休み」を乗り切ろう。

神戸大学 工学部 市民工学科 Sさん

≪失敗≫
勉強量を把握せず、大まかな計画を立てた

 夏休みの学習計画で失敗した点は、自分ができる勉強量を把握せずに大まかに計画を立ててしまい、やるべきこと全部を終わらせることができなかったということです。夏休みが終わるまでに解き切ってしまう問題集を自分の中で決めていたのですが、問題集のレベルが自分に合っていなかったこと、また、難しい問題を解いていることの満足感から早めに切り上げてしまったことで計画通り進みませんでした。


≪失敗≫
2学期からの授業についていけなくなった

 私は夏休みの学習計画を秋の模試に向けて立てていましたが、計画が思い通りに進まず、ノルマを達成できないまま秋の模試を迎えてしまい、思わしい結果が出ませんでした。夏に立てた計画はすべて終わらせなければ、秋からの勉強にしわ寄せが生じます。私の場合、学校の授業の予習も計画の中に組み込んでいたため、2学期始まってすぐの授業にはついていけず、授業の復習に時間をとられてしまいました。


≪反省≫
理想に走り、自分のレベルや学習到達度を考えなかった

 私が学習計画の立て方で失敗した原因は、決まった期間内に自分ができる勉強量を把握していなかったことだと思います。また、夏休み後にはこのレベルまで到達していたいという理想ばかりが先走ってしまい、自分の学習到達度を超えた計画を立ててしまいました。自分のレベルを超えた問題を解くことに満足感を覚えていたことも失敗してしまった原因の一つだと思っています。


≪活かす≫
普段から1日、1週間の勉強量を把握する

 失敗から学んだことは、計画を立てる際には何の科目のどの問題集を解き終えるかということだけではなく、自分の学習到達度を知ることが重要だということです。ある一定の期間内に自分がどのくらいの勉強をこなせるのかを知るためには、普段から意識して勉強することが必要です。夏休みに入ってからではなく、なるべく早めに勉強を始めて、自分の学習到達度を知っておくとよいと思います。


この記事は「螢雪時代(2017年8月号)」より転載いたしました。

この記事で取り上げた大学

蛍雪時代

螢雪時代・9月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

ああ後悔!夏の失敗エピソード 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧

“神戸大学”の関連記事一覧