page_top

難関大合格プランニング【7ステップ/その③】 過去問で傾向を把握する

  • 7ステップで完成!《逆算式》難関大合格プランニング

あこがれの難関大を目指したいけれど、「自分には無理かも…」などと思っていないだろうか。
だが、1年後、難関大の高いハードルを突破できる可能性は、どの受験生にだってある。
そのカギは、合格へと最短距離でアプローチできるムダのない効率的な学習プランだ。
ここで紹介する7ステップを実行し、難関大合格に直結する受験勉強を逆算しよう。

いち早く出題傾向を知り、
プランニングに生かす

 受験勉強の戦略を練るとき、合格最低点と並んで重要なのが入試の“出題傾向”。例年、どのような問題が出て、どういった学力が必要かを知ることで、志望校合格に照準を合わせたより効果的な学習プランを立てられるようになる。そして、出題傾向を知るための必須アイテムが志望校やセンター試験の“過去問”だ。

 過去問の出題内容を確認し、その試験の傾向を分析すると、今後の受験勉強に関する実にさまざまな指針を得られる。例えば、英語や国語で難解な読解問題が出るとわかれば、「高度な読解力を養うために、読解練習と語彙習得が重要になる」といった指針を得られるし、数学で問い方や解答の流れに一定のパターンがみられるなら、「必要な公式・定理を押さえたあと、頻出パターンの問題を重点的に演習すべき」といった指針を得られる。まずは、図に示したような点に留意しながら、各科目の過去問をチェックしてみよう(ただし、2015~2016年度に現行課程の入試に切り替わり、旧課程とは出題範囲が一部変わっていることに注意する)。

 なお、パスナビでは、簡単な会員登録だけでセンター試験および多くの大学の最新の過去問を無料で見ることができる。「大学入試過去問一覧」を見てみよう。

この記事は「螢雪時代(2017年4月号)」より転載いたしました。


蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

7ステップで完成!《逆算式》難関大合格プランニング 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中