page_top

【空き時間編】センター試験“困った”対策「空き時間はどうやって過ごした?」

  • [先輩たちに聞く] センター試験“困った”対策 ―Trouble shooting―

いよいよ目前に迫ったセンター試験。
これが本番の皮切りになる人も多いだけに
想定されるマイナス要素は徹底的に排除しておきたいもの。
そこで先輩たちにセンター試験で困ったことやその対処法、
さらに意外な落とし穴などを聞いてみた。
万全の準備を整えるヒントがいっぱいだ。

空き時間は
どうやって過ごした?

深呼吸とストレッチで
長丁場を乗り切る
東北大学 歯学部 Y.Tさん

 深呼吸とストレッチで呼吸を整え、背筋を伸ばし、体の緊張をほぐしました。センター試験は長丁場、体をケアすることで、リラックスした状態をキープしましょう。

トイレまで歩いて
体を動かし緊張をほぐす
名古屋大学 法学部 M.Nさん

 試験中はずっと同じ姿勢で、あちこち体が凝ってしまうので、休憩のたびに友人と話しながらトイレまで歩きました。歩くことで体が軽くラクになるし、何よりトイレをすませておくと緊張が和らぎ、目の前の問題に集中できます

少し眠ると頭がスッキリ
眠くなる心配もなし
津田塾大学 学芸学部 M.Oさん

 昼ごはんを食べた後は、好きなクラシックを聞きながら少し寝ました。頭がスッキリするし、「仮眠をとったから眠くならないぞ!」という自己暗示もかけられます。

おしゃべりでリラックス。
ただし問題の話はNG
岐阜大学 応用生物科学部 T.Oさん

 昼休みなど周りに友だちがいるようであれば、おしゃべりをすることでリフレッシュできます。ただし、問題についての会話はしないこと。内容によっては自信をなくしたり、不安になったりするので、避けた方がベターです。短めの空き時間は、何も考えず、ぼーっと音楽を聞いて気分転換を図りました。

がんばってきた証の画像で
平静を保ち、やる気を再燃
明治大学 商学部 H.Sさん

 普段の勉強から使っていた耳栓で、周囲の音を半分以上遮断し、自分に集中。会場の外で、スマホで撮影しておいた自分の勉強部屋や、予備校のテキストの写真を見て、がんばってきた自分を確認。心を落ち着かせつつ、やる気を再燃させていました。

応援ソングや格言で
自分を励まし奮い立つ
長崎大学 医学部 H.Iさん

 音楽プレーヤーで、受験期にずっと聞いていた応援ソングを聞きながら、次の科目の最終的な見直しをしていました。また、試験当日まで、その時々に記録してきた、自分を励ますメッセージや格言を読み返したりもしました。周囲の声をシャットアウトして集中するのは、とても重要だと思います。

飴をなめて糖分補給。
外の空気を吸うのもいい
九州大学 医学部 K.Mさん

 手を汚さずに簡単に糖分摂取ができる飴をなめていました。センターは休憩時間が長いので、外の空気を吸うのも気分転換におすすめです。


取材・原稿/角田実香、エディキューブ

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★2018年入試の突破をめざす受験生向けの「スタート号(4月号)」は 3月14日発売です。

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

[先輩たちに聞く] センター試験“困った”対策 ―Trouble shooting― 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧