page_top

【準備編】センター試験“困った”対策「『センター当日』鉛筆&消しゴム、いくつ持っていく?」

  • [先輩たちに聞く] センター試験“困った”対策 ―Trouble shooting―

いよいよ目前に迫ったセンター試験。
これが本番の皮切りになる人も多いだけに
想定されるマイナス要素は徹底的に排除しておきたいもの。
そこで先輩たちにセンター試験で困ったことやその対処法、
さらに意外な落とし穴などを聞いてみた。
万全の準備を整えるヒントがいっぱいだ。

【センター当日】鉛筆&消しゴム、いくつ持っていく?

[適当] 鉛筆:3本、消しゴム:2個
東京大学 理科一類 M.Hさん

 鉛筆、消しゴムともに多すぎると机の上でじゃまになり、少なすぎると落とした時に困るので、鉛筆3本、消しゴム2個くらいが適当。鉛筆は、思ったより先が丸くなるスピードが速いので、鉛筆削りを用意するか、5~6本でもよいかも。

[不適当] 鉛筆:10本、消しゴム:2個
学習院大学 法学部 A.Kさん

 3教科受験だったので、鉛筆は1教科あたり3本、折れた時の予備1本の計10本持参しました。本数的には安心できましたが、ちょっと多すぎたようで、筆箱から取り出す時に鉛筆が詰まって、芯が何本か折れてしまいました。

[不適当] 鉛筆:4本、消しゴム:1個
大阪大学 基礎工学部 K.Nさん

 鉛筆は1科目につき1~2本用意することで、鉛筆削りを持って行かずにすみました。困ったのは消しゴム。1つしか用意していなかった消しゴムが試験中に割れてしまい、小さすぎて使いづらいし動揺を誘った。少なくとも2個は用意したい。

[適当] 鉛筆:2本、消しゴム:1個
北海道大学 工学部 Y.Yさん

 鉛筆は2本、消しゴムは1個持参しました。鉛筆削りも壊れた場合のことを考慮して2つ用意。計算用のシャーペンを持って行くか考えましたが、持ち替える時間がムダと思い、用意しませんでしたが、特別困ることはありませんでした。

[適当] 鉛筆:5本、消しゴム:2個
福井大学 医学部 M.Mさん

 5科目受験しましたが、鉛筆はあまり多すぎてもじゃまになり、落とす可能性もあるので、5本くらいでよいと思います。鉛筆も消しゴムも、会場で広告などと一緒にもらえることが多いので、あまり心配し過ぎなくても大丈夫。

one point

平均的な数は鉛筆 5.2本、消しゴム 2.4

 鉛筆は、受験する科目数にもよりますが、必要と感じる本数は人それぞれ。多く持参する場合は、キャップをしたり筆箱を分けるなど、芯が折れない工夫をした方がベター。消しゴムは予備を含め2~3個あれば十分のようです。


使いやすかった鉛筆、便利だった消しゴムは?

室温に左右されず
手にフィットする鉛筆を
明治大学 商学部 H.Sさん

 使いやすい鉛筆の条件は、会場内が暑すぎる時などでも滑ったりしない、自分の手に快適になじむもの。文具店で実際に握ってみて、感触を確かめて購入するのも方法です。消しゴムは、大きなものを切って小さくしておくと細部を消しやすいです。

鉛筆&シャーペンを
マークと計算で使い分け
九州大学 医学部 K.Mさん

 新品の長い鉛筆よりは、短い鉛筆の方が動かしやすくおすすめ。鉛筆は必ずしもマーク用である必要はありませんが、芯の先に丸みを持たせておくと塗りやすい。シャーペンは、主に数学などの計算に使用。マーク時と計算時で使い分けることで、気持ちの切り換えになった気がします。

シャーペンタイプの
鉛筆がお気に入り
早稲田大学文化構想学部 K.Kさん

 普段から、鉛筆のような木製の軸に鉛筆の芯を入れ、シャーペンのように使う筆記具が好きだったので、センターでも使用。芯が太くマークしやすいうえ、削る必要もなし。HBあたりがマークしやすく、消しゴムでも消しやすくておすすめ。

芯をとがらせすぎない
色鉛筆用の鉛筆削りが便利
新潟大学 医学部 H.Sさん

 マークシート用の鉛筆は、芯がとがりすぎていると使いづらいので、削れる角度が緩やかな色鉛筆用の鉛筆削りを使うといいですよ。消しゴムは、角が丸まっていないものが1つあると細かい修正が効くので便利。

細く消せるマーク用の
消しゴムで時短
岐阜大学 応用生物科学部 T.Oさん

 マークシート用の消しゴムは、幅が細いので、消す部分と関係のない部分まで消してしまうことがなく、その分、他のマークや問題を解く時間を増やせて時短になります。

すべり止めキャップと
2種の消しゴムが役立つ
鹿児島大学 教育学部 S.Tさん

 鉛筆は、転がり防止のストッパーが付いたキャップを付けて使っていました。形状も、転がりやすい丸いものよりは角ばったものを。消しゴムは、面で消せる大きいものと、細くて薄くて堅いもの、2種類あると超便利。新品だと、角が微妙に気になって気が散る可能性があるので、無難に使い慣れたものがいいかも。

適度な削り具合を見つけ
消しゴムは転がりに注意
九州大学 法学部 M.Oさん

 鉛筆は、芯の削り具合がとても重要。とがり過ぎているとマークのスピードが遅くなり、焦ると折れたりして大変。適度な削り具合を研究すべし。消しゴムは、使いすぎて、あまりにも小さく丸くなりすぎていると、机上から転げ落ちて焦る原因に。大きさと形にも注意を。

one point

鉛筆も消しゴムも
使い慣れたものが一番

 使いやすいかどうかの感じ方は、個々で異なります。普段から、鉛筆の濃さや握り心地、消しゴムの種類や消しやすさなど、自分好みのものを見つけておくといいでしょう。それらで本番に臨めば、気持ちも落ち着くはずです。

センター試験に
持って行って良かったモノは?

使い慣れたひざかけと
常備薬がお守り代わり
京都府立大学 公共政策学部 N.Tさん

 寒さ対策に、学校で使っていたひざかけを使い、精神的に落ち着くことができました。また、緊張すると腹痛を起こすタイプなので、常備薬を持参し、試験官の許可を得て机の上に。幸い腹痛は起きませんでしたが、安心できました。

ホットコーヒーの水筒で
緊張をほぐし眠気も撃退
東北大学 歯学部 Y.Tさん

 水筒に入れた温かいコーヒーを飲むことで眠気対策。香りをかぐことでリラックスもできました。コーヒーが苦手な人は、好きな香りの紅茶や玄米茶など、緊張がほぐれるような飲み物を持参するとよいかも。

髪が気になる時や暖房が
暑い時はヘアゴムが便利
筑波大学 理工学群 Y.Oさん

 問題を解いていると髪の毛がじゃまになるので、髪が長い人はヘアゴムがあると便利。暖房が効きすぎて暑い時にも髪を結べば集中できます。

万一に備え腕時計は
2個あるとベター
東京理科大学 理工学部 R.Sさん

 試験会場に時計がない場合があるので腕時計は必須。1つが止まった時に備え予備があるとより安心です。


取材・原稿/角田実香、エディキューブ

この記事は「螢雪時代(2017年1月号)」より転載いたしました。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★2018年入試の突破をめざす受験生向けの「スタート号(4月号)」は 3月14日発売です。

大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
現在、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中!!

[先輩たちに聞く] センター試験“困った”対策 ―Trouble shooting― 記事一覧

入試・勉強法 記事一覧