page_top

TVドラマで注目度急上昇! 診療放射線技師の仕事を知る

診療放射線技師になるためには

診療放射線技師になるには

 診療放射線技師になるには、国家試験に合格して「国家資格」を取得する必要がある。国家試験を受験するには、文部科学大臣・厚生労働大臣・都道府県知事が指定する学校で、診療放射線技師免許の取得可能な学部・学科がある大学・短大、専門学校(養成所)に4年または3年以上在籍し、所定の単位を取得する必要がある。

⇒ 診療放射線技師をめざせる大学

 各養成機関によって教育内容は違うが、自然科学、人文科学、社会科学といった医療従事者にとって必要な一般教養知識や、人体の構造や各臓器や器官の働きなどの医学的知識、そして画像診断・放射線治療に関する専門知識と技術を修得した上で、国家試験受験の資格を得られる。

国家試験の合格率推移

2013~2019年の国家試験合格率をまとめた。
受験者、合格者数ともに少しずつ増えてきてはいるが、まだ国内の需要には追い付いていない。

資格取得後の主な進路

医療機関


・大学病院
・総合病院
・専門病院
・リハビリテーション病院
・整形外科病院
・診療所
・小児医療センター
・総合健診センター
・公務員(国立病院、公立病院など) など


企業


・医療機器メーカー
・放射線機器メーカー
・原子力工業関係企業
・電力会社 など


財団法人


・公益財団法人
・一般財団法人
・特定医療財団法人 など


教育機関


・大学病院職員
・大学教職員
・専門学校教職員
・研究員 など