ページのトップへ

危機管理学部

災害、犯罪、テロ、情報流出…、あらゆる危機から社会を守る危機管理のエキスパートを養成

学部のカタチ(概要)

自然災害、大規模事故、犯罪やテロリズム、戦争、感染症、情報流出など、社会にはさまざまな危機が存在し、それに対応する政府や自治体、企業には以前にも増して高い危機管理能力が求められています。日本大学危機管理学部は、あらゆる危機から社会を守る方法や制度を研究し、危機管理のエキスパートを養成していきます。

危機管理学科

4つの研究領域を柱に知識を深め、実践能力を養っていきます。1つ目は「災害マネジメント」。さまざまな災害対策について学ぶとともに、災害時の避難、救急、救出活動、復旧・復興などを学びます。2つ目は「パブリックセキュリティ」。犯罪やテロリズムから公共の安全を確保するために必要な犯罪捜査、刑事政策など、司法制度と行政組織について学びます。3つ目が「グローバルセキュリティ」。世界で発生する紛争や、国際テロリズムなどの政治的危機から、環境や難民、人権問題に至るまでグローバルな問題について学びます。そして4つ目が「情報セキュリティ」。インターネットやパソコン、スマートフォンなどの情報機器やネットワークにおける情報流出の問題や、情報の安全、情報管理について学びます。

危機管理学科

学びの目的

危機管理のエキスパートになる

リーガルマインド(法的な思考により問題や紛争を合理的に解決する能力)と、リスクリテラシー(自然災害や事件・事故、感染症やテロ、紛争等の非常事態に有効に対応する危機管理能力)とをもって、あらゆる危機から社会を守る危機管理のエキスパートになります。

グローバル社会の安全に貢献できる人になる

グローバル社会を取り巻く危機と向き合い、人々の生命や安全を守る強い信念と高い志を持ち、国際社会の安全と平和に貢献できる人材になります。

危機が発生する前に方策を立てられる人になる

危機(リスク)が発生する前に、潜在化している状態の危機について検討し、事前方策を立て、社会教育を行うことができる人材になります。

学部TOPICS

人気のまち「三軒茶屋」にあるキャンパス

住んでみたい街として常に上位にランクされる東京都世田谷区「三軒茶屋」。東急田園都市線の渋谷駅から急行で一駅、三軒茶屋駅から歩いて10分の都心型キャンパスから、日本の未来に貢献する学びを発信していきます。

  • 人気のまち「三軒茶屋」にあるキャンパス
  • 人気のまち「三軒茶屋」にあるキャンパス

取得可能な資格&卒業後の進路

卒業後の進路

国家公務員として生活の安全に関わる国土交通省や気象庁などの省庁、国民の生命や財産を守る警察庁や法務省などの省庁職員。地方公務員として警察官や消防吏員、地方自治体で防災や危機管理に関わる部署の担当者等が想定されます。 一般企業では、金融会社、商社、メーカー、メディアなどの企業における情報管理や、食の品質・安全管理、コンプライアンス(法令を守り企業としての信頼を失わないこと)、CSR(企業の社会貢献や社会的責任に関する活動)に携わる担当者。そして、鉄道、航空などの交通機関や、電気、ガス、水道などライフラインに関わる企業のほか、保険業、旅行代理店などのサービス業、学校や病院など公益性の高い組織、警備会社や航空保安職員など、幅広い分野で活躍することが期待されています。

FACE INFORMATION

最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生!

キャンパスは、「地域開放」、「共存」、「人にやさしい」をイメージし、開かれたキャンパスを計画しています。建物は2棟あり、1号館(仮称)は教室、事務室、食堂のほか、体育館に相当するアリーナ、プール、体操場、柔道場、剣道場、相撲場、トレーニングルームなどの体育施設を配置しています。道を挟んだ2号館(仮称)は、図書館の機能を有するほか、ラーニングコモンズを配置しています。さまざまな防災機能を有したキャンパスで、災害時でも学生の安全を守ります。

  • 最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生!
  • 最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生!
  • 最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生!
  • 最新の設備を備えた、開かれた新キャンパスが誕生!

学部紹介映像

日本大学 危機管理学部 紹介動画

日本大学 危機管理学部について紹介しています。