page_top

グローバル系大学特集

テンプル大学 ジャパンキャンパス(TUJ)

ペンシルベニア州立テンプル大学の日本校
本物のアメリカの大学教育が日本にあります。

1982年開校、日本初の海外大学の日本校。アメリカと日本のメリットを合わせ持つ大学

テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)はアメリカ有数の規模と歴史を誇る、ペンシルベニア州立テンプル大学の日本校です。海外大学として最も長い歴史と最大規模の学生数、およびプログラム数を誇っており、アメリカの大学教育と、日本の社会に提供することを使命としています。

TUJ新キャンパス誕生! 2019年秋、新しいステージへ

テンプル⼤学ジャパンキャンパス(TUJ)は、2019年秋学期から全学部、プログラムを6階建ての新校舎で開講しています。国内有数の英文蔵書コレクションを持つ図書館、海外の学術データベースへのアクセス、最新設備のコンピューターラボなど、アメリカの大学の学習施設や設備を活用して学ぶことができます。

新校舎所在地:東京都世田谷区太子堂1-14-29
       (最寄り駅:三軒茶屋)

日本で入学、卒業できる唯一の「アメリカの総合大学」。留学も自由自在

TUJ は、日本でアメリカの大学の準学士号、学士号、修士号、博士号を取得できる唯一の大学です。授業の内容および取得する単位・学位も米国本校と同等です。TUJ からアメリカ本校やローマ校への留学を希望する場合も、同じ大学内での移動となるため、難しい手続きは必要ありません。本校やローマ校で数学期間勉強してTUJ に帰ってくる、そのまま本校で卒業する、また何度も行き来を繰り返すなど、選択肢は様々で、目的に合った留学が可能です。

学生の過半数が約60カ国から集まる国際的なキャンパス

授業では外国人学生と肩を並べて意見を戦わせ、クラブやイベントで国際交流を深める、まさにインターナショナルなキャンパスです。教員やスタッフも国際色豊かですから、日本にいながら様々な国の人々の考え方を知り、視野を広げることができます。

少人数制の「参加型」教育で、創造的・分析的思考力とコミュニケーション力を育てる

どの科目にも共通した方針として、創造性に富んだ思考力を働かせて自分の考えをまとめるCreativeThinking、論理的に考えるCritical Thinking、その考えを伝えるためのコミュニケーション力を養う、リベラルアーツ教育を実践しています。授業はもちろん、掲示物や大学からのお知らせも、すべて英語です。アメリカ本校から承認された経験豊かな教員陣の指導により、本物の国際力を養える学習環境です。

グローバルな思考力とコミュニケーション力で企業からも高い評価

優れた英語力に加え、大学卒業後いかなる状況においても必要とされる思考力とコミュニケーション力を、アメリカの大学ならではの教育システムによって養うことで、毎年、高い就職率を誇っています。