page_top
  • 私立
  • 青森

クリップする

青森中央短期大学

夢をカタチにできる場所
~地域をフィールドに課外活動で活躍!~

幼児保育学科
鶴ヶ崎 未来さん

img-gakusei
なぜ短大を選んだのですか?

私は中学生の時からの夢である保育士になるために青森中央短期大学を選びました。
また、2年制なので保育の勉強をして資格を取ったあと、すぐに就職することが出来るため、短大に進学することにしました。

この短大に決めたポイントは?

グループレッスン室の他にいつでも使えるピアノの個室がある等、大学の設備が整っていることや、オープンキャンパスで見た先生と学生の距離の近さが決め手になりました。また、私は実家が遠いのですが寮があるため、通学に困らないと思いました。

この短大の好きなところは?

先生と学生の距離が近いため、気になったことや不安に思ったことをすぐに聞ける環境があることです。
また、ボランティアやサークルがたくさんあるため、それらを通して自分の興味の幅を広げることができるところも魅力に感じます。

お気に入りの授業を教えて!

好きな授業は「幼児体育」です。幼児体育では運動するだけでなく、幼児に教える時の注意点や工夫点、展開の仕方などについて学ぶことができ、知識を自分のものに出来るという実感が持てるため、一番やりがいを感じる好きな授業です。

受験生への応援メッセージ!

保育のことだけでなく興味があることについて追求したり学んだり出来ることが青森中央短期大学の魅力です。青森中央短期大学は附属幼稚園もあるため、間近で現場を見ることが出来ます。みなさんも仲間や先生と一緒に夢をふくらませましょう!

CHU-TAN食育プロジェクト活動中!

食物栄養学科と幼児保育学科の学生達が、それぞれの専門性を活かして食育活動を展開しています。この活動では、「人・自然・食・地域」の中で関わり合い、結びつく種となるような食育活動を学生達自身で企画しています。大学で学んだ知識を活かし、学生立案によるオリジナル食育ソング&ダンスや食育紙芝居を使ったプログラムを考案し、学校や保育施設等で「楽しい食育」を実践しています。

活発なフィールドワークで学びを活かす

活動範囲は無限大!大学を飛び出し、地域の施設や自治体とも連携し、様々なアイディアを”カタチ”にしています。食物栄養学科は県産品や郷土料理をアレンジしたお弁当開発や地元イチゴを使ったスイーツレシピ開発にチャレンジ。幼児保育学科では、大学構内にあるビオトープを活用しての園児との自然遊び活動や青森ならではの”冬”を体験するスノーボード実習などで、技術を確かなものにしています。

オープンキャンパス

日程等詳細は大学HPで随時お知らせします。LINEで最新情報も配信中! 友達登録してみてね。

■オープンキャンパス 各回とも13:00~16:00(予定) ※当日参加OK!
 キャンパスツアーや体験授業、先輩にも相談できるチャンス!
 青森県内各地からの送迎バスも運行予定です。

■CHUTAN OPEN WEEK
 大学での実際の授業はどんな感じ?
 イベントでは感じられない、いつもの”大学生活”を体験してみよう!

■進学相談会 9月21日(土)・22日(日)(予定)
 大学が一番賑やかになる2日間。大学祭と同日開催!進路も一緒に考えてみよう。
 参加者には大学祭模擬店で使える食券プレゼント♪