page_top
  • 私立
  • 大阪

クリップする

森ノ宮医療大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

TVドラマで注目度急上昇!
診療放射線技師の仕事を知る

関西最大級の「医療系総合大学」で、診療放射線技師をめざす

メイン画像

2020年4月、「診療放射線学科」誕生!関西最大級の「医療系総合大学」で、”チーム医療”を実践する放射線診療のスペシャリスト『診療放射線技師』を育成

7つの学科が連携し、”チーム医療”の学びがさらに拡充

森ノ宮医療大学は、看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工・鍼灸学科の6つにわたる分野がひとつのキャンパスに集う医療系総合大学です。そのメリットを活かし、多学科の学生とともに「チーム医療」を学び合う環境が整っています。2020年4月には7つ目の学科として「診療放射線学科」が誕生し、さらに充実したチーム医療の学びを実現します。本学の専門職間連携教育「IPE」のひとつ「ケースカンファレンス(症例検討会)」では、実際の症例をテーマにより良いケアを検討する過程を学習。学科を超えたチームで他者の意見を聞き、自らの考えを明確に伝える力を身につけながら、チームアプローチの方法について考えていきます。

カリキュラム

2020年春、診療放射線学科の学舎となる新棟が完成予定

診療放射線学科の開設に伴い、新校舎を建設中です。放射線を扱うため医療機関と同じ基準で設計された各実習室を設置し、最新機器から伝統的な機器まで幅広く導入する予定です。特に放射線医療の原理・原則を学ぶためには、自動化・プログラム化が進んでいる最新機器ばかりでは十分でないことから、実際にさまざまなタイプの機器に触れることができる環境を整えます。また日本で初めてバーチャル放射線治療教育システム「VERT」最新版を導入し、がんの放射線治療の臨床現場を講義室内にVR技術で再現し、3Dメガネを通して体験・学習することができます。他にはカフェやウッドデッキなど、キャンパスライフを彩るスペースも設ける予定です。

施設と設備

ここに注目!

特色あるカリキュラム「主体的臨床実習」を導入

本学科では自らテーマを決めて取り組む「主体的臨床実習」を導入しています。通常定められている10単位分の臨床実習に加えて、さらに4年次で2単位分、総合的に主体的な臨床実習を行います。例えば「小児病院での子どもに対する放射線診療」「がんの高度放射線治療について」など、より深く学びたい領域(テーマ)を自分で決めたうえで臨床実習に臨める環境を整えていく予定です。

アピールポイント1

幅広い放射線診療に対応できる実習施設を確保

実習先として、幅広い放射線診療に対応するために必須となる3部門「診断部門」「核医学部門」「放射線治療部門」がそろった医療機関を確保。関西の主要なエリアを中心に、設備や指導者に恵まれた環境を整えています。
また日本で6番目の「重粒子線」を用いたがん治療を提供する「大阪重粒子線センター」と相互連携協定を締結。先進放射線治療を見る機会を用意しているだけでなく、今後、さまざまな取り組みを検討していく予定です。

アピールポイント2

入試は得意科目で受験可能!併願しやすい入学手続き制度もあり

本学では全入試、得意科目で受験できる「科目選択制」を採用しています。そのため併願大学、第1志望大学と同じ科目で受験ができ、受験勉強の負担も軽減されます。診療放射線学科は「数学」が必須ですが、範囲は「数学Ⅰ・A」です。詳細は入試要項でチェックしてください!
また入学金納入締切日・前期学納金納入締切日を大幅に延長したため、第1志望大学の合否発表を待って手続きが可能です。これによって、より他大学と併願しやすい入試スケジュールとなりました。

アピールポイント3

クリップする

森ノ宮医療大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する