page_top
  • 私立
  • 大阪

クリップする

大阪物療大学

大学トップ 合格と入学 合格と入学

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

ここだけは知っておきたい!関西の大学の魅力

kv

診療放射線技師を養成して、89年の伝統と最新の学び。

『之科學為報國修』という建学の精神に則り、人の心と温かさがわかり、ひとりの社会人・医療人としての自覚と誇りを持って、新しい社会の要請に応える医療職の人材を育成します。

学びのサポート~少人数担任制~

01

本学では、入学してすぐ学生約10人に2人の担任をおき、学生と教員との距離が近いアットホームな環境の中、個別面談などを通して、学生一人ひとりと密にコミュニケーションを図っています。普段から何でも相談しやすい雰囲気づくりに努め、授業や勉強についてはもちろん、通学、クラブ、人間関係などの悩みごとについての相談にも応じます。

「真の医療人」になる4年間の学びとは?

02

・1年次:診療放射線技師に求められる基礎的な学力(数学、物理学など)と土台となる人間性を築きます。
・2年次:基礎学習から一歩進んだ知識と技能を身につけます。また、実際に装置や機器を扱い、課題に取り組む学内実習が始まります。
・3年次:実際の医療現場で必要とされる知識と技能を系統的に学びます。臨床実習では医療従事者との連携を経験することができます。
・4年次:これまでに積み上げた知識と経験の集大成である卒業研究に取り組み、国家試験突破を目指した総合的な学習を行います。

市民公開講座~社会貢献の一環として~

03

本学は堺市唯一の医療系大学である事から、堺市と連携し、「地域住民の皆様の健康増進」をテーマとした『市民公開講座』を毎年2回開催しています。本学の専門性を活かし、さまざまな病気の予防、発見から治療に至るまでの流れをできるだけ「わかりやすく」をモットーに講座を行い、社会貢献の一環として、地域住民の皆様の健康保持と保健・医療に対するさらなる知識の向上に寄与しています。

活躍の幅を広げる、診療放射線技師の未来とは?

04

画像診断や放射線治療の拡大に伴い、病院・クリニックを中心に診療放射線技師の活躍フィールドは広がっています。近年はマンモグラフィー(乳房のX線検査)をはじめとする乳がんの検診や治療が普及したことで、女性技師へのニーズも高まっております。また、活躍の場は病院だけでなく、医療機器メーカーや企業の研究部門など、放射線の専門知識を身につけた診療放射線技師の進路は、豊かに広がっています。

クリップする

大阪物療大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する