page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

  • 私立
  • 大阪

クリップする

大阪電気通信大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

特別企画 関西の大学力

情報教育でAI・IoT時代に役立つ人材を!「医療健康科学部」

3コース制で超スマート社会・健康社会に貢献する「医療科学科」

4月にスタートした医療健康科学部は、工学系大学ならではの情報教育を通じて、専門知識やスキルを修得できる3学科から構成される。
「医療科学科」に2021年4月設置予定の「知能情報コース」は、生体情報とAI技術を扱い、人を支援するシステム開発に従事する知能情報技術者を育成。超スマート社会・健康社会への貢献をめざす。「臨床工学コース」は、AI技術・ICTに強い臨床工学技士として、医療現場で活躍できる人材を育成する。「医療機器コース」は医学基礎、医用工学、AI技術を体系的に学び、メディカルエンジニアとして医療機器メーカーなどでの活躍が見込まれる。
各コースとも、医学と工学を1年次に基礎から学び始め、年次につれ専門領域に進むよう工夫されている。「知能情報コース」の誕生で、医療×情報テクノロジーの学びはより強化される。

競技者から高齢者まで 幅広いニーズに応える「理学療法学科」

人の動作機能を回復させ、社会復帰を促すのが「理学療法士」の役割だ。活躍の場は、病院、保健・福祉施設からスポーツ現場まで多様。「理学療法学科」では、医学の基礎知識、人体の仕組み、理学療法の基礎となる骨や筋肉に関する知識を学んでいく。
また、教育へのICT導入にも積極的であり、関節の位置や体の動きを三次元的に測定できる「三次元動作解析装置」ほか高度な機器を運動解析実習室に設置。データの取得から解析までを一貫して体験し、「動作の専門家」である理学療法士としての幅を広げる。
けがをしたスポーツ選手を競技に戻すのも理学療法士の仕事。スポーツ競技者に特化した「スポーツ障害とリハビリテーション」などの授業科目が充実していることも特徴のひとつ。活躍の場はますます広がり、様々な角度から社会貢献できる職業として注目されている。

科学の視点で学び 生涯スポーツと関わる「健康スポーツ科学科」

「経験してきたスポーツを将来に生かしたい」と考えるなら、「健康スポーツ科学科」の4コースから、自分に合った学びを選び取れるだろう。フィットネスクラブでの指導をめざすなら「フィットネスコース」。中学・高校の保健体育教員をめざすなら「スポーツ教育コース」。アスリートの育成を希望するなら「スポーツコーチングコース」。誰もがスポーツを楽しむことを支えたいのなら、マネジメントやスポーツ用具の開発などを学ぶ「生涯スポーツコース」へ。それぞれ関連資格の取得をめざせる。
4コースに共通するのは「指導する立場の人を育成すること」。よって、科学的な根拠を示せる理論を段階的に修得する。選手のパフォーマンスレベルをはじめ、収集データに基づいたよりよい指導を行うため、様々な分析ソフトを用いるなどICT化も進む。

クリップする

大阪電気通信大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する