page_top
  • 私立
  • 京都

クリップする

龍谷大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

*以下、定員は2019年予定。

文学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計911 真宗135 , 仏教110 , 哲学138 < 哲学69 , 教育学69 > , 臨床心理92 , 歴史248 < 日本史学75 , 東洋史学69 , 仏教史学60 , 文化遺産学44 > , 日本語日本文94 , 英語英米文94

学部内容

 宗教や哲学、臨床心理、歴史、言語、文学など、人間理解を深める7学科6専攻からなる。学科・専攻の枠を越えた学修メニューから、自分の興味・関心に合わせてカリキュラムをオーダーメードすることができる。

 1年次から演習がはじまる。演習は4年間一貫して開講される。

 真宗学科では、親鸞の教えを中心に、仏教や浄土教の歴史・思想などを学び、「人間とは何か」「生きるとはどういうことか」を深く探究する。

 仏教学科では、2500年の時を超え世界に広まった仏教を、思想面から追求する。仏教への理解をより深めるため、講義や文献で学ぶだけでなく、仏像製作や座禅、修験道などの実習科目を開設している。「アジアの仏教と文化」、「日本の仏教と文化」の2コースを設置している。

 哲学科の哲学専攻では、人は何を求め、考えてきたのかを、過去の哲学者の軌跡から幅広く学び探究する。教育学専攻では、総合的人間学の視点から教育を多角的に追究する。「教育学」と「教育心理学」の2コースを設置。

 臨床心理学科では、3年次から医療・福祉臨床、学校・特別支援臨床、真宗・ビハーラ活動の3領域に分かれ、専門的に学びを深め、対人援助の実践的能力の獲得を目指す。

 歴史学科の日本史学専攻では、さまざまな古文書や先人が遺した研究成果を読み解き、新しい歴史像の構築と人間性の探究を目指す。東洋史学専攻では、東アジアからイスラーム文化圏まで、広大な地域の歴史を研究する。仏教史学専攻では、全国でも数少ない仏教史(仏教と歴史社会の多様なかかわり)を学ぶ。文化遺産学専攻では、文化遺産を将来に守り伝える技術と方法を修得する。

 日本語日本文学科では、奈良時代から現代までの文学作品を中心とする日本の言語文化、それらを生み出した時代や社会的背景、作者などについて幅広く学ぶ。出版・編集・情報関連への道を開く、情報出版学コースを設置。

 英語英米文学科では、ネイティブ教員の授業で英語コミュニケーション能力を育成。英米文学や文化、言語学など、多彩なアプローチで学ぶ。「英文学」「米文学」「英語学」「英米文化」の4コースを設置している。

新入生の男女比率(2018年) 男57%・女43%

文学部の入学者データ

経済学部

歴史

設置 1961

学科・定員

計570 現代経済 , 国際経済

学部内容

 現代経済学科では「計画立案ができる人材の育成」、国際経済学科では「国際舞台で活躍できる人材の育成」を掲げて、「豊かな教養と経済学の専門知識を持ち、グローバル時代の国際地域経済・社会において活躍できる人材」を育成する。各学科に10のプログラム科目群を配置し、多様な学びのニーズに応えている。

 1年次から卒業まで、継続してゼミが開講され、発展的に学修する。教養教育、経済学の専門教育の徹底にあわせて、留学、フィールドワーク、インターンシップ、ボランティアなどの現場型・実践型の教育手法を重視している。

※経済学部で一括募集し、学科選択は、2年次後期に行う。

新入生の男女比率(2018年) 男76%・女24%

経済学部の入学者データ

経営学部

歴史

設置 1966

学科・定員

経営493

学部内容

 卒業後の進路を想定して経営コースか会計コースを選ぶことができる。

 1年次から2年次前期で経営学・会計学の基礎をしっかり身につけた後、2年次後期からは自分の進路に合わせコースを選択する。将来を見据えた、より専門的な学修に取り組む。

◆経営コースは、企業経営で必要となる実践的な知識を身につけることを目標としたコース。カリキュラムには、現場実習から学ぶプログラム科目や、高成長企業が多い京都の企業経営者から直接経営学を学べる講義などが設けられている。

◆会計コースのカリキュラムは、会計科目、ファイナンス科目を網羅的に設置している。卒業に必要な単位数の約3分の2を会計学や経営学の学修にあて、公認会計士や税理士、金融機関や企業の財務担当者などを育成する。

新入生の男女比率(2018年) 男58%・女42%

経営学部の入学者データ

法学部

歴史

設置 1968

学科・定員

法律420

学部内容

 現代社会の諸問題を鋭い人権感覚と正義感のもとに、自ら発見した問題を社会と連携して解決できる能力を備えた市民の育成に力を注ぐ。

 1年次では、前期・後期に少人数ゼミを配置し、大学における学習入門から専門教育への橋渡しの役割を担う。

 2年次後期からは、各自の関心・進路に合わせて5つのコースとゼミを選択。ゼミ単位でインターカレッジ民法討論会などに参加し、プレゼンテーション能力や問題解決能力といった社会で即戦力となる力を身につける。

新入生の男女比率(2018年) 男70%・女30%

法学部の入学者データ

政策学部

歴史

設置 2011

学科・定員

政策292

学部内容

 「社会の持続可能な発展」のために、主体的に行動し、社会と連携して解決でき、公共性を深く理解し、高い市民性を持つ自立的な人材を育成することを目指す。

 政策学は、社会、経済、環境、法律、政治、国際などの学問分野を重ね合わせて未来をデザインする学問であり、さまざまな問題の解決策を考察する。

 困難を突破するための構想力・創造力、他者と協力して課題の達成ができるコミュニケーション能力を養い、現場を重視したカリキュラム編成によって、問題・課題発見力、調査・分析力、企画・立案力を身につける。

新入生の男女比率(2018年) 男55%・女45%

政策学部の入学者データ

国際学部

歴史

設置 1996
改組 2015

学科・定員

計481 国際文化353 , グローバルスタディーズ128

学部内容

 国際文化学科では、世界の多様な言語や文化を学びながら、それぞれの国や地域の社会問題を自分自身と結びつけて理解することを目指す(11か国の外国語の授業を開講)。

 グローバルスタディーズ学科では、英語を用いたコミュニケーション能力を磨き、国際舞台で活躍するために必要な知識を養う。

 1セメスター以上の長期留学を必修とし、きめ細かなサポートのもと、現地学生を対象に開講されている正規専門科目の受講に挑戦する。

新入生の男女比率(2018年) 男35%・女65%

国際学部の入学者データ

社会学部

歴史

設置 1989

学科・定員

計530 社会200 , コミュニティマネジメント145 , 現代福祉185

学部内容

 社会学科では、社会に対する一般的・抽象的な理解を目指す理論研究と、社会現象の実証的な解明を目指す調査研究の双方を重視している。また、社会調査協会認定の「社会調査士」資格課程を設置している。

 コミュニティマネジメント学科では、地域住民にとって暮らしやすいコミュニティをつくるため、住民の多様な人材ネットワークを結びつけ、ともに活動し、運営するコミュニティリーダーの育成を目指す。そのために、通常の講義に加え、4年間を通じて段階的・体系的な実習を重視し、現場での体験から得た問題意識を基に、「学ぶ意欲」をつかむ。

 現代福祉学科では、現代社会の生きづらさを生み出すさまざまな福祉問題の解決に向けて、「人とつながり社会をつなげる学び」を提供する。学びを通して、福祉現場で中核的役割を果たす専門職の養成とともに、企業、行政、学校、地域社会などさまざまな場において、社会福祉の知識と方法を駆使して、困難な状況を変革していく人材の養成を目指す。また、社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格取得を支援する。

新入生の男女比率(2018年) 男55%・女45%

社会学部の入学者データ

農学部

歴史

設置 2015

学科・定員

計416 植物生命科学84 , 資源生物科学126 , 食品栄養80 , 食料農業システム126

学部内容

 植物生命科学科では、農作物の生育や異変について学び、より良い育成方法を模索する。

 資源生物科学科では、農作物の改良・栽培技術を学び、より良い品種改良・栽培技術を追究する。

 食品栄養学科では、人が生きていく上で不可欠な「食のあり方」について、栄養や健康の観点から学ぶ。管理栄養士養成課程を設置。

 食料農業システム学科では、「食」と「農」を支える生産・流通の社会的な仕組みを学び、そこに潜む問題の解決に取り組む。

新入生の男女比率(2018年) 男55%・女45%

農学部の入学者データ

先端理工学部 情報がありません。詳しくはこちら

理工学部

歴史

設置 1989

学科・定員

計580 数理情報95 , 電子情報95 , 機械システム工105 , 物質化学95 , 情報メディア95 , 環境ソリューション工95

学部内容

 数理情報学科では、数学や情報科学(コンピュータ)を学び、自然・社会のさまざまな現象や情報処理の問題などに多角的にアプローチする。

 電子情報学科では、最新設備を活用した実践的な講義でハードからソフトまでを学び、インターネット・コンピュータのスペシャリストを育成する。

 機械システム工学科では、CADを用いた設計やデジタル加工など、一貫したものづくりの技術を学び、次世代を担う機械エンジニアを育成する。

 物質化学科では、グリーンケミストリー(環境にやさしい化学)をテーマに掲げ、理論と実践の両面から、国際レベルの技術者を育成する。

 情報メディア学科では、情報工学の基礎から応用までを幅広く学ぶ。次世代の情報メディアの創造と、人とITが共存できる社会を研究する。

 環境ソリューション工学科では、環境工学と生態学を融合し、フィールドワークを重視したカリキュラムを履修することにより、さまざまな環境問題に積極的に取り組む。

新入生の男女比率(2018年) 男89%・女11%

理工学部の入学者データ

クリップする

龍谷大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    龍谷大学の注目記事

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中