page_top
  • 私立|女子
  • 京都

クリップする

同志社女子大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

医療のお仕事〈関西編〉

同志社女子大学

チーム医療の中核となる看護師、管理栄養士、薬剤師を育成

卒業後に目指せるお仕事

  • 看護師
  • 薬剤師
  • 管理栄養士
  • 保健師
  • 養護教諭

info.12019年3月に看護学部1期生が卒業を迎え、全国で活躍しています。

キリスト教の精神を通して他者への思いやりや寄り添う気持ちを養います。専門的な知識・技術・態度を積み上げる学び、学外実習やシミュレーション学習、看護OSCE、e-learningなどを通して看護実践力を育てます。また、プラクティカル・サポート・センター(PSC)には国家試験対策の担当スタッフが常駐し、個々の学生に応じた個別学修支援を行うなど国家試験に向けてきめ細かなサポートを行っています。第108回看護師国家試験では、第1期生77名が受験し76名が合格、合格率は98.7%でした。また、1期生の就職状況は約4割が大学病院へ。その他国立病院や企業立病院に就職しています。

info.2食物栄養科学科の卒業生はいのちを育む「食」の最前線で活躍

生活科学部食物栄養科学科には2つの専攻を設けています。食物科学専攻は、食品学・調理学・栄養学の3分野をバランスよく修得します。食品衛生管理者・監視員、家庭科教諭、フードスペシャリストなどの資格取得が可能です。そして、京の和菓子や食材など、地の利を生かした学びができます。管理栄養士専攻は、臨床栄養学に重点を置きつつ、病気の予防と健康維持・増進の栄養学を学びます。国家試験合格に向けた充実のサポート体制により高い合格率を誇っています。卒業後は、伝統校ならではの管理栄養士としての幅広い活躍のフィールドが広がっています。

info.3医療薬学科は医療や創薬、医療行政などの幅広い分野で活躍する人材を育成

キリスト教主義、国際主義、リベラル・アーツという教育理念に基づく「医療人としての薬剤師の養成」が教育目標です。医療や創薬、医療行政などの幅広い分野で活躍できる実践力、さらに高度な倫理観と豊かな人間性、国際的視点、幅広い教養も持ち合わせた薬剤師・研究者を養成します。基礎薬学分野と医療薬学分野の科目をバランスよく履修する一方、模擬薬局や模擬病室など医療現場に近い環境での実践的な授業も重視。薬学に関する英語能力の向上や、希望者対象の海外研修などを通じて国際性豊かな医療人を育成します。薬剤師国家試験対策やアドバイザー制度など、学生へのサポートも万全です。

クリップする

同志社女子大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

同志社女子大学の注目記事