page_top
  • 私立
  • 京都

クリップする

同志社大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

ここだけは知っておきたい!関西の大学の魅力

2020_kv

LEARN TO LIVE AND LIVE TO LEARN

古都京都で創立時から国際性豊かな人物を輩出し、140年を超える伝統を今に受け継ぐ同志社大学。良心を手腕に多様な世界で活躍するグローバルな人物を養成する大学として発展しています。

新教育寮「継志寮」

継志寮

「日本人学生と外国人留学生が区別なく生活を共にし、学びあえる寮」として2021年9月に開寮しました。
様々な違いや背景を持つ学生が混在・交流する環境のもと、多文化共生、地域社会との異世代共生を実践する生活を通して多様な価値観を理解し合い、その違いを新たな創造へ導く力を持つ人物の養成を目指します。留学生2名、日本人学生3名の5名を1ユニットとして、1フロアに16ユニット80人が居住。寮生は全員 Residential Learning Program(寮生が、地域社会との関わり等を通した実践学習に参加し、その成果の発表や振り返りを通して自己の成長を確認する取り組み)に参加します。

世界と向き合うグローバルな学び

2019_02

全ての学部の学生を対象に「グローバル・リベラルアーツ副専攻」を設置しています。少人数で留学生とともに対話型の授業を英語で学ぶ科目やキリスト教についての理解を深める科目など、さまざまな学問分野を学ぶことで、広い視野を持って多元的に物事を思考する力を養います。また、近年ではドイツに開設された同志社大学初の海外キャンパス「同志社大学テュービンゲンEUキャンパス」にて、ドイツ語の運用能力向上を主目的としたプログラムや英語で現地の学びを深めるプログラムを展開。その他、本学独自の海外留学制度も豊富です。

多様な文化が集まる京都に伝統と革新の2つの校地

2018_03

同志社大学は多様な文化が集まる国際都市・京都に2つの校地を有しており、全学部が4年間同一校地で学修を完結できる体系的で一貫性のある教育体制を展開しています。●今出川校地:緑豊かな京都御苑と相国寺に隣接しており、キャンパス内に同志社礼拝堂(チャペル)など重要文化財の建物が並ぶ、文系学部の教育拠点。●京田辺校地:国の定める「関西文化学術研究都市」に位置し、広大な敷地に最新の研究施設・設備を擁する、理系・文理融合系学部の教育拠点。両校地とも関西主要都市からのアクセスに恵まれています。

一人ひとりの人生設計を視野にキャリアサポート

2018_04

同志社大学のキャリアセンターでは、学生一人ひとりが在学中に学んだ知識、抱いた関心の延長線上に将来プランを描き、主体的に進路選択できるよう、入学時から具体的な就職活動までさまざまなプログラムで支援しています。1・2年次の時からトータルな職業観を醸成し、就職活動のバックアップについても綿密な年間スケジュールを組み、「就職ガイダンス」や各種セミナーなどさまざまな催しを行っています。また学生の個別相談にもきめ細やかに対応して一人ひとりの希望・特性にふさわしい就職実現をめざしてサポートを行なっています。

クリップする

同志社大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

同志社大学の注目記事