page_top
  • 私立
  • 京都

クリップする

京都橘大学

大学トップ 合格と入学 合格と入学

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

新時代のグローバル人材育成

京都橘大学国際英語学部

全員参加の1年間の海外留学と、進路にあわせた専門学習で、世界で活躍できる力を養う

「未来直結型」の留学で、本物のグローバル力を培う

京都橘大学の留学は、語学学習にとどまらない「未来直結型」。留学までの英語集中プログラムと、帰国後の専門学習や充実のキャリア支援で、一人ひとりを「憧れの自分」へと導きます。進路実現にこだわったカリキュラムで、真のグローバル人を育成します。

パワーアップしたカリキュラムで、世界を舞台に活躍する力を身につける

2017年4月に開設した国際英語学部。本格的な留学体験を経た1期生(2021年3月卒業生)が確かなレベルアップの実績を残し、2021年4月には、さらなる英語力の向上と進路実現にこだわり、カリキュラムを強化しました。
留学時期を半年早め、充実した帰国後の専門科目は、海外ビジネスの最前線で活躍した実務家教員を迎え、専門性をいかして指導。また、留学で培った英語力やグローバル感覚をキープしさらに伸長させるため、プレゼンテーションやグループワークを取り入れた実践的な授業を英語で実施します。帰国後の2年間を、進路実現のための専門性の確立や就職活動に充てることができ、早期化する就職活動にもゆとりを持って取り組むことができます。

【留学前】留学までに、集中的な英語学習で4技能とビジネス英語を磨く

英語修得は、留学前に英語の4技能を統合的に学ぶ「EAP(English for Academic Purposes)」と、ビジネス英語を学ぶ「Career English」で集中的に身につけます。
「EAP」は、「読む」「書く」「聞く」「話す」の英語の4技能をオムニバス形式で学ぶ授業です。1週間に600分もの授業時間を設け、習熟度レベルに合わせた少人数クラスで、確実に力を伸ばしていきます。
「Career English」では、国際運用性の高いIELTSでの高スコア取得をめざし、ビジネス実務レベルの英語力を養います。
段階的な学習により、英語力を最大限に引き上げ、本格的な留学を迎えます。

【留学中】全員が1年間の海外留学。世界6カ国から目的にあった留学を

2回生前期から全員が1年間の海外留学を行います。留学先は、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシアと多彩で、トップレベルの英語教育実績をもつ17大学と提携。安全、安心な環境で、専門的な学習ができる留学校を厳選しています。本学より派遣する学生数を制限するなど、学習に専念できる環境を整え、留学先でビジネスやツーリズムなど、自らの進路にあわせた専門科目を履修でき、将来につながる本格的な留学を実現します。
コロナ禍で留学先へ渡航できない際にも、協定校の授業をオンライン受講したり、留学先と同様の質の高い学びを提供。2022年の春には留学も再開しています。

【留学費用サポート】2つの奨学金制度で留学費用を大きくバックアップ

留学における経済的な負担を軽減するために2つの奨学金制度「SAP奨学金」「留学先授業料支援制度」を設けています。
「SAP奨学金」は、留学に参加する学生全員に1年分の本学授業料に相当する金額を支給します。「留学先授業料支援制度」は、成績上位者に、留学先の授業料自己負担分の100~50%を支給します。2つの奨学金制度を組み合わせると、自己負担なしで海外留学することも可能となります。
独自の奨学金制度で、本格的な長期留学をかなえたい学生をサポートします。

【留学後】将来に直結する3コース制で、専門性を確立

留学から帰国後は3つのラーニングコースで、グローバル化が進む社会のさまざまな分野で活躍できる専門性を確立します。国際経済や国際金融も学ぶ「グローバルビジネスコース」、国際観光振興に向け、海外の人との交流に貢献する力を養う「グローバルツーリズムコース」、教育現場や各種官公庁、企業での活躍をめざす「国際教養コース」の3コース。
実務経験と国際色豊かな教員が指導する専門科目の多くは、英語で行われ、留学で培った英語力に磨きをかけます。また、早期化する国内での就職活動にも対応。留学時期を早めたことで準備期間も充実し、きめ細かな就職サポートを通じて、一人ひとりの進路実現をバックアップします。

クリップする

京都橘大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する