page_top
  • 私立
  • 三重

クリップする

鈴鹿医療科学大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

TVドラマで注目度急上昇!
診療放射線技師の仕事を知る

医療・福祉の総合大学でスペシャリストをめざす。

メイン画像

最新鋭の実習機器、病院の放射線科を模した設備での学内実習が充実。
医療現場で求められる最新の画像診断・技術を習得し、即戦力として活躍できる人材を育成。

基礎から専門へ段階的に学ぶ。実践的な授業や実習も豊富。

保健衛生学部放射線技術科学科では、まず「医科学系」「理工学系」「放射線科学系」という専門教育への橋渡しとなる3つの学問系統を修得。その後、それらの知識・技術をベースに、検査・診断・治療に直結する「放射線技術科学」、放射線を取り扱う専門家として不可欠な「放射線安全管理学」の専門的な2つの学問系統を段階的に学びます。同時に、医療・福祉の総合大学として、複数の医療専門職が連携して治療にあたる「チーム医療」の意識を高めるべく、学科の垣根を越えたカリキュラムも設定しています。
国家試験合格に向けて、1年次から継続的に補習や模擬試験を実施。また、学内外の豊富な実習により実践的な知識・技術を修得します。

カリキュラム

学内には各種機器が充実。最新機器を使って実習に励む。

学内には多様な高性能機器を学生の教育・実習専用として設置しています。各種X線装置、MRI・CT・CRなど多数の画像診断機器が揃い、実際の病院の放射線科と同じレイアウトで配置しています。瞬時にデジタル画像を作成できるフラットパネル装置や短時間で精密な検査ができるマルチスライスX線CT装置、1.5テスラMRI装置、マンモグラフィや超音波画像診断装置を完備。これらの機器をフル活用し、教員が全学生に目が行き届く少人数での実習を実施しています。

施設と設備

全国の医療機関で活躍。放射線関連企業への就職や大学院進学も。

卒業後は、診療放射線技師として総合病院を中心に高度医療を提供する大規模病院や地域の基幹病院への就職者が目立ちます。また、全国からの入学者はUターン就職を希望する学生も多く、東海地方以外への就職が多いのも本学科の特徴です。
【主な就職実績】
伊勢赤十字病院、三重県立総合医療センター、三重大学医学部附属病院、JA愛知厚生連海南病院、刈谷豊田総合病院、国立病院機構東海北陸グループ、大垣市民病院、岐阜県立総合医療センター、静岡県立がんセンター、聖隷福祉事業団、浜松医療センター、横浜市立みなと赤十字病院、福井赤十字病院、国立循環器病研究センター、国立病院機構近畿グループ、沖縄県病院事務局

ここに注目!

医療・福祉の総合大学でチーム医療のスペシャリストを養成

鈴鹿医療科学大学は、4学部9学科13専攻を擁する医療・福祉の総合大学です。診療放射線技師以外にも「チーム医療のスペシャリスト」を養成しています。
【鈴鹿医療科学大学でめざせる資格】
診療放射線技師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・精神保健福祉士・公認心理師*・臨床心理士*・はり師・きゅう師・臨床工学技士・診療情報管理士・薬剤師・看護師・保健師(*大学院への進学が必要)
様々な医療専門職をめざす学生たちの学科を越えた交流が本学の魅力。医療・保健・福祉分野における連携や協調を重要視し、チーム医療を担う各領域のスペシャリストを養成しています。

診療放射線技師を養成して28年の歴史

鈴鹿医療科学大学は、「科学技術の進歩を真に人類の福祉と健康の向上に役立たせる」という建学の精神のもと、日本で最初のコ・メディカル養成の4年制大学として1991年に開学しました。開学にあたっては、日本放射線技師会(現・日本診療放射線技師会)を中心に、三重県、鈴鹿市、日本放射線機器工業会(現・日本画像医療システム工業会)などからの支援を得ており、診療放射線技師養成のための万全の体制を整えています。開学から28年、鈴鹿医療科学大学の卒業生は全国各地の医療機関で活躍しており、全国のOB・OGで結ばれたネットワークは就職活動の際に大きな味方となってくれます。

アピールポイント2

特待生(授業料減免)制度

一般入試A日程及びセンター利用方式・前期の受験者で、入試成績優秀者を対象に最長4年間(薬学部は最長6年間)前期授業料を免除します。入学年次以降は、毎年の成績が在籍学科の上位であれば、継続して翌年度以降の前期授業料が免除されます。
2019年度入試においては、一般入試A日程では15名、センター利用方式・前期では10名を特待生として選出しました。(保健衛生学部放射線技術科学科受験者の実績)
2020年度入試の特待生制度の詳細は、大学ホームページにてご確認ください。

先生・先輩の声
先生・先輩の声

保健衛生学部 放射線技術科学科 4年
髙田 梨佳那さん

同じ目標をもつ友人たちと励まし合いながら学んでいます。

私が小学生の時、祖母が放射線治療を受けており、その時に見た技師の方たちの働く姿に憧れたことが診療放射線技師をめざすきっかけでした。
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部放射線技術科学科は28年の歴史があり、カリキュラムや設備が十分に整っている点に魅力を感じ入学を決めました。大学では実習が一番楽しく、女性として将来携わる可能性の高いマンモグラフィや実際に自分たちの頭部を撮影しあったMRIの実習が特に印象的でした。同じ目標をもつ友人たちと励まし合いながら実習を積み、技術を磨いています。また、現在は地元である大阪の病院で実習真っ最中です(7月現在)。全国に就職実績があるのも本学科の魅力だと思います。

クリップする

鈴鹿医療科学大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する