page_top
  • 私立
  • 愛知

クリップする

名城大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

法学部

歴史

設置 1950
改組 1967

学科・定員

法学400

学部内容

 法学科は将来の大学院進学者、法理論等研究者、企業法務担当者、国際渉外担当者、ジャーナリストなどの養成を核とし、学問志向が強い。

 専門課程での科目は、基礎法、公法、刑事法、民事・手続法、企業・社会法、政治学、および国際法といった各分野で構成されている。

新入生の男女比率(2019年) 男68%・女32%

法学部の入学者データ

経営学部

歴史

設置 1949
改組 2000

学科・定員

計310 経営215 , 国際経営95

学部内容

 経営学科は、企業現場での実践的な内容を学ぶマネジメントコース、会計と金融について学ぶ会計・ファイナンスコース、マーケティング分野を多角的に学ぶマーケティングコースがある。世界市場をめぐる企業経営と、経営システムの構築について考える。

 国際経営学科では、情報通信技術と規制緩和がますます進む社会において、国際的な経済経営活動に欠かせない高度な専門知識と語学力、情報処理能力を身につける。少人数教育で、語学力や情報処理能力を高める。さらに、世界のさまざまな地域を実際に訪れ、激動する国際社会を肌で感じるために「国際フィールドワーク」などを実施。

新入生の男女比率(2019年) 男57%・女43%

経営学部の入学者データ

経済学部

歴史

設置 1949
改組 2000

学科・定員

計310 経済210 , 産業社会100

学部内容

 経済学科では、経済現象を理論的に解明する能力を高める。自分の関心や、将来の進路によって自由にカリキュラムを組むことができ、他学部の科目を履修することも可能。政策、金融、歴史、国際などに加え、環境、産業経済などにも展開して学ぶことができる。

 産業社会学科では、産業や政治のシステムを経済学的視点から分析することを目的とする。情報、環境、地域、社会、福祉などのキーワードを取り上げ、時事問題などを絡めて、産業経済システムの解明や、社会学的視点からのシステムの構築などを行う。

新入生の男女比率(2019年) 男76%・女24%

経済学部の入学者データ

外国語学部

歴史

設置 2016

学科・定員

国際英語130

学部内容

 英語があふれる学習環境や、留学をはじめとするHands-On Learning(体験重視型学習)を通じて、実社会で必要とされる英語力や、世界や日本の多様な価値観を知る国際理解、社会や世界で活躍するための実践力などを養成する。自らの言葉で世界と対話・協働し、新たな価値を作り出せる人材を育成する。

新入生の男女比率(2019年) 男28%・女72%

外国語学部の入学者データ

人間学部

歴史

設置 2003

学科・定員

人間220

学部内容

 「幅広い教養の修得」「人間性の探求」「グローバルマインドの養成」を教育理念に、心理系、社会・教育系、国際・コミュニケーション系の3つの専門教育分野を横断的に学ぶ。ネイティブ教員による語学教育やフィールドワーク、ボランティア、インターンシップ、海外研修などの体験科目もある。またゼミナールを充実させることで、どのような場面でも活躍できる豊かな人間性を持った実践的教養人を育成。

 2019年度より、心理学の分野における国家資格「公認心理師」の資格取得カリキュラムへの対応を開始。

新入生の男女比率(2019年) 男28%・女72%

人間学部の入学者データ

都市情報学部

歴史

設置 1995

学科・定員

都市情報220

学部内容

 「都市」と「情報」をテーマとした学部。「サービスサイエンス」をキーワードに、新しい都市創造を担う分析力と計画力を持つ人材を育成する。「経済・経営」「財政・行政」「地域計画」「開発・環境」「情報・数理」の5科目群があり、興味に応じて学習できる。次の2コースがある。

◆アナリストコース(理系志向)では、開発・環境・情報・数理などの理系科目を選択必修とし、都市社会におけるまちづくりや企業経営などに関する現状分析、および新たな政策や事業などに関する評価分析など、分析能力を修得する。

◆プランナーコース(文系志向)では、経済・経営・財政・行政などの文系科目を選択必修とし、都市社会におけるまちづくりや企業経営などの政策立案、事業計画など、計画能力を修得する。

新入生の男女比率(2019年) 男78%・女22%

都市情報学部の入学者データ

理工学部

歴史

設置 1950
改組 2013

学科・定員

計1,185 数学90 , 情報工150 , 電気電子工150 , 材料機能工80 , 応用化学70 , 機械工125 , 交通機械工125 , メカトロニクス工80 , 社会基盤デザイン工90 , 環境創造工80 , 建築145

学部内容

 1年次から専門分野の学びを配置し、その学問領域を学ぶための重要な基礎を身につける。4年間にわたり、興味がある学びについて、深く掘り下げることができる。

 数学科では、論理的思考能力を持ち、単なる情報処理技術力にとどまらない数理的思考能力を身につけた人材を育成する。代数学、解析学、幾何学、数理情報、計算機科学の5科目を主要科目とする。

 情報工学科では、最先端の情報処理技術と情報通信技術を中心に、「ものづくり」を支える情報工学の教育・研究を推進する。専門科目では、ロボット、バーチャルリアリティ、移動通信技術、音声・言語処理、ITSなど、幅広い研究に取り組む。

 電気電子工学科では、エネルギー・材料・エレクトロニクス・情報通信に関する幅広い基礎学力を持ち、ハードとソフトの双方を理解し、自在に使いこなすことができる人材を育成する。

 材料機能工学科では、加速的に進化する材料開発分野に対応できる実力を身につける。物性基礎、結晶成長、半導体、機能性材料、材料設計、構造解析など、材料とその基礎を原子レベルからマクロ物性まで、統一的に学ぶ。

 応用化学科では、化学的視野から環境と調和した、豊かな社会を実現する技術者の育成を目指す。

 合成化学、物質・材料化学、環境・エネルギー材料の基幹3領域を学びの軸とする。合成化学領域のキーワードは「設計・合成」。材料の示す特性を分子レベルで理解した上で、新物質を設計したり、合成する能力を身につける。物質・材料化学領域のキーワードは「評価」。新しい機能を持つ物質や材料に対し精密な評価を行い、新物質を創り出すことに挑む。環境・エネルギー材料領域のキーワードは「応用」。自然と調和する化学について追究し、社会や産業を支える材料を開発する。

 機械工学科では、地球環境と共生する機械システムを実現する創造力と、最先端技術を操る実力を養成する。固体システム、流体システム、熱システム、設計システム、生産システム、制御・情報システムの6つの研究領域を基本としている。

 交通機械工学科は、交通機械分野に求められる時代の要請に応えるため、開発研究と環境研究を主眼とした科目を設置。情報認識・処理・伝達の仕組みなどを学ぶ。

 メカトロニクス工学科では、電磁気学、電気回路基礎、電子回路と部品、アナログ電子回路などの「電気電子工学分野」、機械力学、流体力学、機械要素設計などの「機械工学分野」、コンピュータプログラミング、ソフトウェア工学、コンピュータグラフィックス、信号処理工学などの「情報・コンピュータ技術分野」、バイオメカニクス、生体信号処理、医療機械工学といった「バイオ・医療機器分野」などの分野をバランスよく学習する。そして、これらの知識を融合して実践的なものづくりに取り組み、メカトロニクス技術者に必要な「システム設計思考力」を養う。

 社会基盤デザイン工学科では、幅広い教養と深い専門知識をベースに、建設分野にかかわる問題を研究する。専門教育部門には、構造システム系、水工システム系、地盤システム系、建設計画システム系、建設材料システム系、防災システム系がある。

 2020年開設予定の環境創造工学科は、理想的な環境を創造する技術者、および研究者を育成。

 エネルギー・資源循環、環境共生、人間活動環境の3つの専門分野で構成されている。

 建築学科は、建築思考、建築デザイン、建築工学デザイン、建築工学基礎、建築社会システム、建築総合を主要科目としている。

新入生の男女比率(2019年) 男84%・女16%

理工学部の入学者データ

農学部

歴史

設置 1950

学科・定員

計330 生物資源110 , 応用生物化学110 , 生物環境科学110

学部内容

 人間、自然、環境をテーマに、多彩な教育・研究を行う。

 生物資源学科では、生物学についての理解を基礎に、生物資源の有効利用と安定的な生物生産のための実力を養う。人間の生命を支える食料関連分野で活躍できる人材を養成する。作物学、遺伝育種学、園芸学、植物病理学、昆虫学、植物分子遺伝学、生物資源経済学の7研究室を配置している。

 応用生物化学科には、生物化学、応用微生物学、天然物有機化学、生物物理化学、農薬化学、食品機能学、栄養・食品学の7研究室を配置している。

 生物環境科学科は、生物と自然の調和のとれた環境の創出について探究する。植物保全学、ランドスケープ・デザイン学、環境動物学、環境土壌学、環境分析化学、植物機能科学、環境微生物学の7研究室がある。

新入生の男女比率(2019年) 男51%・女49%

農学部の入学者データ

薬学部

歴史

設置 1954

学科・定員

薬学〈6年制〉265

学部内容

 医薬分業の進展に対応し、臨床実習を重視した高度な6年間の教育プログラムを導入している。チーム医療の一員として活躍する臨床薬剤師の養成を目指す。

 一般教養科目履修のあと、4年次までに物理系薬学、化学系薬学、生物系薬学、健康と環境、薬と疾病、医薬品創成、薬学と社会などの学習とともに、医療の担い手としての心構えを学ぶ。4年次修了時点で共用試験を受け、5・6年では病院・薬局といった現場での実務・実習を行う。

 海外の大学との交流も活発に行われており、国際化に対応した薬学研究もさかんである。また、卒業研究も行っている。

新入生の男女比率(2019年) 男37%・女63%

2019年薬剤師国家試験合格率(新卒) 97.76%

薬学部薬学科の入学者データ

クリップする

名城大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    名城大学の注目記事

    特別企画

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中