page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

  • 私立
  • 新潟

クリップする

新潟食料農業大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

新潟の大学・専門学校特集

新潟食料農業大学

kv_img

学びの領域

私たちの“食”を支えているのは、農作物の生産、食品への加工、全国への流通・販売などで“食”を食卓までつなげる人々です。本学では「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び、食のつながりを実践的に修得します。

「1学科3コース制」による横断的な教育体制

本学は2年次選択の3コース制により、3つの専門知識を修得します。「食料産業学科」として食料産業全体(フードチェーン全体)を一体的に学ぶことで、 3分野の専門家だけでは解決できない問題を解決できる人材“食のジェネラリスト”を育成します。他コースの授業を自由に履修できたり、他コースの学生と共に学ぶ授業が4年次まであるなど、横断的で総合的な学習・研究が可能です。

充実した機器・設備

ICTを活用した最先端のガラス温室や遠心分離機、DNA解析装置など最新の実験機器・設備が揃っており、高度な実習・研究を行うことができます。これらの機器・設備を使用し、細菌やウイルス、品種改良や異物混入の研究、微生物の増殖の観察など、「食」「農」分野の課題解決や新しい価値の創出に応用します。

実社会での即戦力を養う社会連携型・実践力重視の授業

従来の農学系・理学系大学は、大学で得た知識や技術を自ら実社会で活かすのではなく、研究者として研究を続ける人材を育成する傾向にあり、「現場を変えるチカラを持った人材が不足している」という状況が、長年の課題としてありました。本学ではこのような状況を踏まえ、4年間で身につけた専門知識・技術を実社会で活かせるよう、在学中から地域・企業と連携し、実践力重視の授業を展開しています。

在学生からのメッセージ

img_02

菅野 透稔

消費者へおいしさと安心を届けたい!

1年次に食に関わる様々な分野の授業を受け、2年次からは選択したコースの授業でさらに専門的なことも学ぶようになりました。今はこれまで学んできたことを、課外活動や普段の生活のなかでも意識することで、関連性を見つけて主体的に考えられる様になりました。入学してから様々な分野の授業を受ける中で、食品に含まれている成分や食品が持つ機能性だけでなく、食品を安全につくる方法や衛生面でのリスクについて興味を持つようになりました。今後は農場で生産されたものや人の手を加えてつくられた食品を、安心して消費者に提供できる方法を考えていきたいです。

地域の方々と活動するプロジェクトがある!

胎内市の鼓岡地区で作られている“マコモタケ”というイネ科の植物に新しい価値を生み出し、全国にその魅力を伝えられるよう、マコモタケの生産から今後の商品化に向けて地域の方々と一緒に活動しています。マコモタケは日本各地で販売もされているけど、認知がまだまだ低いです。私たちの手でインパクトを与えて多くの人に知ってもらえたらいいなと思っています。また、マコモタケの生産には、田んぼを使います。「日本一の米どころ新潟」の田んぼでマコモタケを作ることで新しい価値を見い出せると思います。この活動を通してマコモタケ、そして鼓岡地区の魅力を日本全国の人に知ってもらいたいです。

ACCESS

- アクセス -

【胎内キャンパス】
新潟県胎内市平根台2416 JR中条駅より無料スクールバス 約15分
お車の場合
日本海東北自動車道「中条I.C」を降りて右折後直進、「中倉」交差点を右折約5km進行方向左手

【新潟キャンパス】
新潟県新潟市北区島見町940 JR豊栄駅より無料スクールバス 約20分
お車の場合
新新バイパス「競馬場IC」を降りて
新潟競馬場方面へ進み、国道398号線との交差点を右折約1.5km進行方向左手

img_04

クリップする

新潟食料農業大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する