page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

東洋大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

グローバル系大学特集

東洋大学

地球規模の視野を持ち、新たな価値を創造し、
グローバル社会をたくましく生き抜く力を

自ら考え、判断し、行動する力を持った「グローバル人財」を育成

創立以来130年以上の歴史と伝統のある東洋大学。明治時代に3度にわたって世界を視察し、日本各地で哲学を説いた創立者・井上円了の精神を受け継ぎ、地球規模の視野で社会の課題に立ち向かい、新たな価値を創造する人財を育てている

多くのチャンスを、数多くの支援で

東洋大学では、より多くの学生が海外経験を積む機会を得られるよう支援する「東洋大学海外留学促進奨学金制度」を設けている。奨学金は、学生の海外体験の目的や語学力に合わせた対象プログラムごとに、4つのタイプを用意。世界ランキング上位のトップ大学で高い専門性を修得する学生を対象としたトップ大学型(300万円)から、高い語学力を有し、現地学生と同等の教育プログラムを受講して専門教育を学修する学生を対象としたグローバルリーダー型(120万円〜150万円)、1セメスター以上の語学留学などを対象としたアクティブ型(25万円〜50万円)、語学研修やボランティア活動、インターンシップ活動などの参加者を対象としたチャレンジ型(7万円〜30万円)まで、いずれも返還不要の給付型だ。2018年度では海外留学促進奨学金として660人、交換・認定・協定校語学留学奨学金として300人、総額2億651万1,698円が給付されている。

世界35カ国以上との国際協定を締結

文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」採択校として、東洋大学では、世界各国の大学、研究所、国際機関等との交流を促進、学生の海外留学への機会が年々拡大し、海外からの留学生も増加するなど、大学の国際化が加速している。2019年3月現在の海外協定校は、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカなど世界35カ国以上との国際協定を締結。また、ISEP(世界各国の加盟校間で学生の交換留学を推進する大学連合組織)による300にも及ぶ世界各国の大学や、UMAP(アジア太平洋地域における高等教育機関間の学生・教職員の交流促進を目的として設立された団体)に加盟する約570大学への交換留学も可能だ。

グローバル人財育成のためのToyo Global Leaderプログラム

「Toyo Global Leader(TGL)プログラム」とは、グローバル人財に求められる「異文化環境における英語運用表現能力」、「文化的な価値創造能力」、「異文化環境における課題解決能力」の3つの要素の強化を目的とした全学横断型のプログラム。
英語能力や外国語による授業科目の修得、海外体験への参加など7つの認定要件を定め、「Gold」「Silver」「Bronze」のランクごとに達成要件を満たした学生に、Toyo Global Leader 認定書を付与。全学部から多くの学生が参加しており、各自の目的に沿った意欲的な活動を行っている。

LEAPや国際交流スペースなどで語学力を育成

LEAP(Learning English for Academic Purposes)は、全学部の学生を対象に、海外留学先の大学で正課授業を履修するために必要なスキル育成を目的として開講したプログラム。また、英会話スクールの協力による「Toyo Achieve English英語講座」は授業と両立できるよう、大学の時間割の中で開講され、キャンパスにいながら本格的な外国人講師による少人数レッスンが受けられる。留学の準備ができる「初級」「初中級」と、留学で習得した語学力を持続・向上させる「中級」「上級」「マンツーマンレッスン」の5コースを用意している。さらに、英語でのコミュニケーション能力と異文化理解力の向上を目的としたスペースを各キャンパスに設置。留学生や英語を身につけたい学生が多く集まって語学力向上を目指している。

クリップする

東洋大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

東洋大学の注目記事