page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

東京理科大学

入試情報は、旺文社の調査時点の最新情報です。
掲載時から大学の発表が変更になる場合がありますので、最新情報については必ず大学HP等の公式情報を確認してください。

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

*以下、定員は2021年予定

理学部第一部

歴史

設置 1949

学科・定員

計720 数学120 , 物理120 , 化学120 , 応用数学120 , 応用物理120 , 応用化学120

学部内容

 数学科では、現代数学の基礎を身につけ、さらに深く学ぶことで、実社会で数学の力を生かせる教員、研究者などを育成する。特に教員育成に力を注ぎ、伝統的に数多くの教員を社会に送り出している。最近では、急成長を遂げるコンピュータ関連産業や情報産業のニーズに応じ、実業界で臨機応変に活躍できるカリキュラムを設置。

 物理学科では、宇宙、地球(大気)、物性(物質)、原子核、および物理教育と、さまざまな物理学の領域を専門とする教員がそろっており、理論、実験の両面から活発な研究を行っている。

 化学科では、多様な視点から物質世界の本質を追究する。1年次から専門科目を学びはじめ、学年を追うごとに高度な専門知識・技術を身につける。さらに、最終学年では理論と実際とを結びつける思考法と技術を学ぶ「卒業研究」、または第一線の研究者の授業を受けて最新技術に触れられる「化学総論」のいずれかを選ぶことが可能。

 応用数学科では、情報社会の変化に伴い、現在の情報技術(IT)のいかなる進歩に対しても状況を的確に把握・分析し、自らの数理的・論理的思考力によって柔軟に対応できる力を養う。研究者、技術者、教員、公務員(国家公務員総合職)等を数多く輩出している。

 応用物理学科では、学問としての物理学体系をしっかり理解し、最先端の技術に発展させられる人材の育成を目指す。教育・研究が「応用」を志向しているため産業界とのかかわりも深く、企業との共同研究や技術指導も積極的に行う。

 応用化学科では、社会のニーズにこたえる物質を作り出す最先端の研究と開発を行い、化学に関連する幅広い分野で、グローバルに活躍できる人材を育成する。また、卒業研究を教員の個人指導のもと大学院生と共同で行い、独立して研究を行う能力も養う。

新入生の男女比率(2020年) 男76%・女24%

理学部第一部の入学者データ

工学部

歴史

設置 1962

学科・定員

計550 建築110 , 工業化学110 , 電気工110 , 情報工110 , 機械工110

学部内容

 建築学科は、建築学を計画、環境、構造の3部門に分類し、計画部門ではデザインや平面計画、構法計画、歴史、建築思想等を、環境部門では室内環境、地域環境、都市環境等の解析や計画を、構造部門では構造解析、鋼構造、コンクリート構造や建築材料、防火、耐震等をそれぞれ対象として学ぶ。

 2020年に夜間主社会人コースを開設。

 工業化学科は、有機化学、無機化学、物理化学、化学工学の4本を柱に、基礎から応用までの教育を幅広く行う。化学技術者・研究者としての基礎技術を修得するために、多彩な実験を中心に実践的なカリキュラムを組んでいる。

 電気工学科は、個人の希望や将来の見通しに沿った科目選択ができるように、通信、情報、制御、電力・エネルギー、材料・デバイスなどの各分野に、基礎から先端までの科目を用意。また実験、コンピュータによる演習などの実習を重視した教育を行う。4年次には、卒業研究に取り組むとともに、学外の専門家による講義(特別講義)がある。

 情報工学科は、豊かな社会の実現とその発展に必要となるネットワーク技術、ソフトウェア技術をはじめとする情報工学の基礎を身につけ、安全・安心な社会にするための技術開発と社会づくりを行う能力を育成する。

 機械工学科では、ものづくりに必要な機械工学(4力学と設計製図)を学ぶ。コンピュータ教育ではプログラミング教育に加え、コンピュータを用いた設計(CAD)、工学解析(CAE)の設計も導入。専門科目のほとんどは選択科目で、学生による自主的な学習選択を尊重している。また、チューター制度による細やかな指導体制を確立。

新入生の男女比率(2020年) 男80%・女20%

工学部の入学者データ

薬学部

歴史

設置 1960

学科・定員

計200 薬学〈6年制〉100 , 生命創薬科学〈4年制〉100

学部内容

 薬学科では、「医薬分子を通して人間の健康を守る」という理念に基づき、高度化する医療に対して貢献できるヒューマニティと研究心にあふれた高度な薬剤師(医療人)の育成を目指す。

 生命創薬科学科では、総合的な生命科学としての薬学を広く・深く学び、先端医療を支える高度な知識と技能を備え、人類の健康と福祉に貢献する国際的な視野を持つ創薬研究者の育成を目指す。

新入生の男女比率(2020年) 男43%・女57%

2020年薬剤師国家試験合格率(新卒) 96.70%

薬学部薬学科の入学者データ
薬学部生命創薬科学科の入学者データ

理工学部

歴史

設置 1967

学科・定員

計1,240 数学120 , 物理120 , 情報科学120 , 応用生物科学120 , 建築120 , 先端化学120 , 電気電子情報工160 , 経営工120 , 機械工120 , 土木工120

学部内容

 数学科では、純粋数学から応用数学までの幅広い研究分野を扱う。自然科学、社会科学両面にわたって応用できる数学概念の明確な把握と理論の正確な運用を目指す。3・4年次で少人数のセミナーを開講しており、深い理解と柔軟な思考力を培うことができる。

 物理学科では、純粋物理学から応用物理学にわたる幅広い分野を扱う。特に実験に力を注いで基礎とその応用力が身につく教育効果を狙っている。また、他学科との関連も密にしており、筑波研究学園都市にある国の研究機関との共同研究も活発である。

 情報科学科は、数学を基盤とし、自然、社会、人間の各現象にかかわる「情報」をどのように数理的に扱うかを対象とする「基礎数理情報」と、実用上の問題へ情報数理の応用を対象とする「応用数理情報」、そして情報を処理するシステムを対象とする「計算機科学」の3分野が互いに重なり合って構成され、これらの知識がバランスよく身につくカリキュラムとなっている。

 応用生物科学科は、学びやすい体系化されたカリキュラムと最新の設備の下、学生の個性と自主性を尊重し、創造性に富む科学者としての基礎を育てる。1年次の基礎課程から専門科目を織り込み、専門の研究者と学生のふれあいを大切にした講義を行う。

 建築学科では、設計、造形、構造、環境、材料防災、都市計画、建築史など、建築や住環境に関わるあらゆる分野を幅広く研究できる学習環境を整えている。またコンピュータを駆使する能力を養い、将来の各専門分野での技術の高度化にも対応できるようにしている。

 先端化学科では、環境調和・エネルギー変換・新機能に着目した「先端ものづくり」を実施。大型実験装置を含む充実した実験設備を利用し、特に実験と演習に力を注いでいる。3年次までに、マンツーマン教育を重視した小クラス編成の演習を行い、また先端の研究者・技術者による特別講義や学生実験により基礎学力と実験技術を習得し、卒業研究につなげる。

 電気電子情報工学科は、情報通信工学(通信・情報)、電気工学(エネルギー・環境)、電子工学(エレクトロニクスデバイス)の3分野にまたがる多彩な専門を学べることが特色。ハイテク時代を支える学問であり、電子・情報化社会を推進する原動力として重要な役割を担う。

 経営工学科では、企業経営の諸活動合理化のための研究を、科学的・工学的方法論を駆使して行う。数学、情報工学、経営学をはじめとして多くの専門分野の知識を必要とする「理系」と「文系」が融合した「学際的分野」で、コンピュータを用いて迅速・柔軟で合理的な経営を実現するための科学技術を修得する。

 機械工学科では、機械力学、材料力学、流体力学、熱力学の4力学およびメカトロニクスを核とした機械工学の基礎教育を、豊富な実習・演習とともに重点的に行う。それらを踏まえて最先端の機械工学の知識を幅広く伝授し、また自分の成果を他人に正確かつ効果的に理解してもらう説明・伝達能力の涵養を図る。

 土木工学科では、土木構造物の計画・設計・施工・維持管理や、地震・津波等の自然災害の防止対策、人工衛星からのデータを利用した災害リスク評価や環境変化の観測、大気汚染や水質汚濁等の環境問題の解決などを学ぶ。学習しやすいように科目数を多くするなど、少人数グループ分け授業を行う。

新入生の男女比率(2020年) 男78%・女22%

理工学部の入学者データ

先進工学部

歴史

設置 1987
改称 2021予定

学科・定員

計360 電子システム工120 , マテリアル創成工120 , 生命システム工120

学部内容

 2021年に基礎工学部から名称変更予定の学部。

 電子システム工学科(2021年電子応用工学科から名称変更予定)は、エレクトロニクスのベースとなる情報工学、計測・制御工学、デバイス工学、機械工学などの工学全般にわたる基礎学力と応用力を醸成しながら、ICTシステム、電子デバイス、知能制御システムなどの先進工学分野の研究を行う。研究を通じて、広く人類に貢献できる創造力と国際性を備えた人材育成を行う。

 マテリアル創成工学科(2021年材料工学科から名称変更予定)は、物理、化学、力学をベースとして理学と工学の成果を結集し、材料工学に関する研究・教育を横断的に展開する。物理系、化学系、機械系、電子系からなる学際的なフィールドの上に「新素材デザイン」「新機能デザイン」「環境・エネルギー」「航空・宇宙」の4方向の研究を展開、イノベーション創出に繋がるマテリアルの研究開発を目指す。

 生命システム工学科(2021年生物工学科から名称変更予定)は、イノベーションを起こす方法論として注目されるデザイン思考で基礎科学から先進工学をつなぎ、生物工学を学修する。「分子生物工学」「環境生物工学」「メディカル生物工学」の3系統を研究フィールドとし、生化学、遺伝学、生理学、分子生物学などの手法から幅広く研究する。

新入生の男女比率(2020年) 男76%・女24%

経営学部

歴史

設置 1993

学科・定員

計480 経営180 , ビジネスエコノミクス180 , 国際デザイン経営120

学部内容

 経営学科では、経営に必要な会計学、ファイナンス、経営戦略、マーケティングを学ぶ。1年から専門基礎があり、演習による徹底学習を実施。2年からの専門コース別の選択必修では、ケーススタディ、モデル構築、シミュレーションなど実学的アプローチで体験的に学ぶ。さらに、一般科目で幅広い知識を習得することにより卒業論文に向けた研究テーマを探究し、経営に主体的に対処する力を育成する。

 ビジネスエコノミクス学科では、膨大なデータからビジネスの動向を予測し、アイデアを発見するデータの科学や、経済学の手法で市場構造やリスクを数理的に解析し、経営判断に合理的裏付けを与える意思決定の科学を学ぶ。これらの科学的手法を駆使して活躍する高度な専門性を持つ人材を育成。

 2021年に新設予定の国際デザイン経営学科では、デジタル技術の知識と経営学をつなぎ、現代社会に求められるグローバルなデザイン経営を体系的に学ぶ。デザイン、デジタル技術、異文化への対応力を養い、経営学をベースに知識とスキルを高度に融合し、社会の課題解決を先導できる人材を育成。

新入生の男女比率(2020年) 男65%・女35%

経営学部の入学者データ

理学部第二部

歴史

設置 1949

学科・定員

計360 数学120 , 物理120 , 化学120

学部内容

 数学科では、さまざまな分野で直接または間接的に数学的素養が必要とされる現代において、その要求に応えることができる人材を育成する。

 物理学科では、「理学の普及」という建学の精神の下に、夜間の勉学を希望する若者や社会人に広く門戸を開いている。必修科目の数を極力少なくし、選択科目の幅を可能な限り広げようというカリキュラム構成になっている。

 化学科では、化学の本質を理解する上で必要な無機化学、有機化学、物理化学を重点的に学び、その上で膨張し、かつますます細分化されつつある化学に対処できる人間を育成する。学生が幅広い基礎知識を吸収し、興味を伸ばせるように多様な教科を用意する。

新入生の男女比率(2020年) 男80%・女20%

理学部第二部の入学者データ

クリップする

東京理科大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

東京理科大学の注目記事

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中