page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

専修大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

*以下、定員は2019年予定。

経済学部

歴史

設置 1949
改称 1963

学科・定員

〈一部〉
計695 経済490 , 国際経済205

〈二部〉
経済76

学部内容

 経済学科の専門科目は、経済理論分野、国内外の歴史的変遷を研究する経済史分野、経済や産業、企業の現状を踏まえた政策分野の理論・歴史・政策の3大分野を基本に編成されている。

 2年次からは「歴史と発展コース」「福祉と環境コース」「企業と情報コース」「市場と政府コース」の4コースからいずれかを選択し、より専門的な学習を進める。また、導入教育の充実にも力を入れており、1年次に「専修大学入門ゼミナール」を必修にするとともに、現実の経済の動きと関連させた理論の学習を目指している。そのほか、学外特別研修(インターンシップ)や学外講師による社会教養特別講座などのユニークな科目もある。

◆歴史と発展コースでは、各国の経済の多様性、地域的特性などを踏まえながら、大きな転換点を迎えている現代の経済社会を理解する。

◆福祉と環境コースでは、充実した福祉と環境問題の解決が急務とされるなかで、真に豊かな暮らしを実現する方法を考える。

◆企業と情報コースでは、情報技術(IT)にも注目し、さまざまな角度から現代社会になくてはならない企業活動を研究する。

◆市場と政府コースでは、各種の経済データに基づき、市場経済の仕組みと役割を実証的に学ぶほか、経済の安定的な発展をはかる政策について体系的に学ぶ。

 国際経済学科では、経済学の基礎的理解の上に、歴史や文化をも取り込み、学際的に国際経済の諸問題を学ぶことができる。具体的には、世界各国・地域の経済社会を解明する「地域研究」、これらの地域と日本との関係・比較を通して、異なる経済社会の理解を深める「比較研究」、環境、資源、外国人労働者、国際協力といったトピカルな問題領域を研究対象とする「問題群研究」などのユニークな科目群からなる。

 1年次から4年次まで取り組む「地域言語」では、「国際コミュニケーション」や「経済時事英語」に加えて、英語以外の外国語による「国際事情」が設けられている。さらに「海外特別研修」や「NGO論」は、夏期休暇を利用して海外調査・研修を実施するために設けられた科目であり、現地体験が強調される。

新入生の男女比率(2018年) 男73%・女27%

経済学部(一部)の入学者データ
経済学部(二部)の入学者データ

クリップする

専修大学

経済学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中