page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

上智大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

*以下、定員は2020年。

文学部

歴史

設置 1948

学科・定員

計510 哲学60 , 史学70 , 国文60 , 英文100 , ドイツ文50 , フランス文50 , 新聞120

学部内容

 哲学科では、1年次には哲学演習、哲学入門などの初年次教育科目を履修し、2年次では哲学思想、倫理、芸術文化のいずれかの系列を選択する。演習や文献講読なども通じ4年間で「自力で考え、表現し、他の人々と共に考える」能力を養う。

 史学科では、専門は大きく「アジア・日本史系」と「ヨーロッパ・アメリカ史系」の2分野に分かれ、さらに古代・中世・近世・近現代に細分化される。1年次には基本的な歴史研究方法を学び、2年次から徐々に分野・時代別の専門を学ぶ。

 国文学科では、4年次の卒業論文に至るまで、「国文学」「国語学」「漢文学」の3分野を有機的に連関させながら、自ら研究テーマを見つけ、検討・分析・追究を行い、新たな発想に立つ問題解決能力を培う。

 英文学科では、コース別(English Studies、American Studies、Languages Studies)による体系的なカリキュラムを導入している。異文化交渉での諸問題を深い知性を用いて対処するため、専門的知識の学びとスキルの積み上げに重点を置いている。

 ドイツ文学科では、1・2年次にドイツ語能力を身につけ、ドイツ文化の基礎的な知識・考え方を学ぶ。3・4年次はドイツ語圏の文学、芸術、言語を体系的・多面的に学び、柔軟かつ鋭敏な洞察力、高度な言語表現・文化発信力を身につける。

 フランス文学科では、フランス的精神の根本にある複眼的思考、異質なものへの寛容さ、批判を尊ぶ精神に触れることを目指す。1・2年次はフランス語と文学研究の基礎を養い、3・4年次で履修する専門分野は「フランス文学研究」「フランス語学研究」「フランス文化研究」の3系列から学ぶ。

 新聞学科では、1年次からコミュニケーション論、演習(新聞/放送)などの基本科目を履修する。2年次以降は、メディア・コミュニケーション、ジャーナリズム、情報社会についてより専門的に学ぶ。

新入生の男女比率(2019年) 男28%・女72%

文学部の入学者データ

クリップする

上智大学

文学部

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    上智大学の注目記事

    特別企画

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中