page_top
  • 私立
  • 東京

クリップする

工学院大学

大学トップ

新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。

改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

先進工学部

歴史

設置 2015

学科・定員

計365 生命化学70 , 応用化学95 , 環境化学70 , 応用物理65 , 機械理工65

学部内容

 生命化学科では、複雑な生命現象を「化学」というシンプルな言葉で理解し、表現する力を習得。さまざまな生命現象を分子のレベルで考察して、私たちにとって有用な化学物質の創生を目指す。創薬・医療・生物資源開発に応用できる知識を習得し、新しい医薬品や医療技術の開発、生物資源の有効利用などにも貢献できる研究者・技術者を育成する。

 応用化学科では、化学の基礎となる「無機化学」「分析化学」「物理化学」「生物化学」「有機化学」の5科目から、高分子・触媒・ナノテク材料などの高機能な物質の合成や製造法に至るまで、専門的な知識と技能を身につける。同時にエンジニアとしての基礎を学ぶことによって、ものづくりの素養を身につけ、幅広い視野と実践力を兼ね備えた化学技術者として、工学分野でも活躍できる力を磨く。

 環境化学科では、化学系の基礎科目を学び、実験・実習を通して、環境(大気、水、土壌)の実態をとらえ、改善する方法を学ぶ。最先端の化学技術を駆使して、環境を保全する技術および環境負荷の少ない材料やエネルギー技術を創生する。豊かな自然と快適な暮らしを支える「環境」「エネルギー・材料」「環境評価・設計」に関する知識と技能を身につけ、持続可能な社会に貢献できる技術者・研究者を目指す。

 応用物理学科では、応用物理学専攻と宇宙理工学専攻を新設。物理学と工学を融合した学びのなかで、専門領域を超える柔軟な発想力と実践的な研究開発能力を持ったエンジニアを育成。宇宙理工学の専門講義を充実させ、宇宙に関するテーマを幅広く学ぶ。

 機械理工学科では、機械理工学専攻と航空理工学専攻を新設。機械理工学専攻では、数学や物理などの基礎学力と工学の基礎知識を応用して、グローバルな規模で社会的、工学的課題を解決する能力を身につける。異なる知識・文化・習慣を持つ人々と円滑なコミュニケーションが取れ、国際的な視野で活躍できる技術者を育成する。航空理工学専攻では、高度な工学知識とパイロットの技術を兼ね備えた「エンジニア・パイロット」を養成する。

新入生の男女比率(2019年) 男76%・女24%

先進工学部の入学者データ

工学部

歴史

設置 1949

学科・定員

計379 機械工154 , 機械システム工105 , 電気電子工120

学部内容

 機械工学科では、機械力学、流体力学、熱力学、材料力学を学び、あらゆる人工物の製造に不可欠な機械の設計技術を身につける。3年次に、2コースに分かれる。

◆エコエネルギーコースでは、流体力学、内燃機関、発電プラントなどエネルギーにかかわる機械について学ぶ。

◆メカノデザインコースでは、機械設計、材料力学の応用、バイオメカニズムなど、ものづくりを中心に学ぶ。

 機械システム工学科では、機械工学を基本として、機械(ハードウェア)と情報処理・制御(ソフトウェア)を含めた機械システムを学ぶ。ロボット学、システム工学、生産管理などを学び、生産システムや交通システムなど社会を支えるさまざまなシステムの開発・設計・管理技術について学習する。

 電気電子工学科では、生活に欠かせない電気や電子、システムからエレクトロニクスの分野まで幅広い領域について学ぶ。エコロジーが重視される未来社会の実現に貢献する、電気とエレクトロニクスを応用する能力を身につける。

新入生の男女比率(2019年) 男95%・女5%

工学部の入学者データ

建築学部

歴史

設置 2011

学科・定員

計345 まちづくり85 , 建築145 , 建築デザイン115

学部内容

 まちづくり学科では、地球規模の大きな社会状況の変化のもとで、私たちがより快適に住み続けられるためのまちの新しいあり方を考える。

 建築学科では、安全で快適な生活の場の構築を目的とした教育・研究を行う。これからの新しい建築のあり方を規定するための要素技術を学ぶ。

 建築デザイン学科では、機能的にも優れ、快適で使いやすい人間のための建築デザインとは何かを考え、環境への配慮や人間の生活の質をも考慮した建築のあり方を学ぶ。

新入生の男女比率(2019年) 男57%・女43%

建築学部の入学者データ

情報学部

歴史

設置 2006

学科・定員

計310 情報通信工90 , コンピュータ科学90 , 情報デザイン70 , システム数理60

学部内容

 情報通信工学科では、プログラミングなどのソフトからデバイスなどのハードまで幅広く学び、情報化社会の基盤である情報と通信とデバイスを総合して多様な知識を身につけたIT技術者を育成。さらには、情報社会の高度化に貢献できる人材を育成する。

 コンピュータ科学科ではコンピュータの仕組み・基本技術を系統的に学び、先端的な専門知識を修得する。効率的なプログラミングや、問題解決に応用できる人工知能の開発、社会問題となっているネットワークセキュリティの構築などの課題に取り組む。

 システムの視点に立った現代のコンピュータ関連技術として、「ソフトウェア」「データ科学」「情報セキュリティ」をカリキュラムの3つの柱として、ソフトウェア開発とセキュリティ管理のエキスパートの養成を目指す。

 情報デザイン学科では、「人にやさしい情報社会」を実現するために人間の感性的側面に焦点を当て、デジタルコンテンツの制作や人間とコンピュータのやさしい関係の創造、人間の心の願いを実現する感性情報処理などについて、実践的に学ぶ。

 システム数理学科では、企業情報システム、社会情報システムを理解し、企画・構築できる人材を育成する。さらに、ビッグデータを扱う実践的なデータ活用方法を修得。経営戦略やマーケティング、企業情報戦略で組織をリードできる技術者を養成する。

新入生の男女比率(2019年) 男88%・女12%

情報学部の入学者データ

クリップする

工学院大学

気になる大学をクリップする

クリップした大学を比較する

このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

おすすめの専門学校をPICK UP

    工学院大学の注目記事

    特別企画

    今月の入試対策

    supported by螢雪時代

    大学を比べる・決める

    My クリップリスト

    0大学 0学部 クリップ中